みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

日本語に訳してください(>_<)

Fred thought he was a very clever man,and he was particularly proud of his skill in mathematics,but as often happens with people who have perhaps too high an opinion of themselves,he was impatient,and seldom listened to what others were saying. He was particularly bad at listening to his wife Helen,and she often complained bitterly about this.
Then one day she had an idea. When he came home from work,she said,"Fred,I've got an amusing puzzle for ynu."
"OH,yes,"he answered.
"But I suppose you won't listen to what I'm saying,"Helen said,turning away and beginning to prepare dinner.
"Of course,I'll listen!"Fred answered angrily."I always listen to what you have to say."
"All right,then,"Helen went on. "This is a mathematics puzzle."
Fred smailed and said,"You can't find a mathematics puzzle that I can't solve."
"Well,"Helen began,"imagine that you're the driver of a bus. There are 42 passengers in it,and at the first bus stop five get off,and eight get on. At the next bus stop nobody gets off,but three more get on. Now the question is 'What's the name of the bus driver?'"
Up to this time Fred had been thinking the puzzle was too easy. But now he became angry. "How should I know what the driver's name war?"
"There you are!"Helen answered. "You never lirten to what I say! I told you at the beginning of the puzzle the driver of the bus was you."

particularly「特に」
bitterly「きつく」
turn away「背を向ける」
There you are!「ほらごらん!」
で訳してください!お願いします!

投稿日時 - 2011-11-14 23:39:11

QNo.7133832

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

フレッドは自分のことをとても頭の良い男だと思っていました、そして、彼は、特に数学の才能が自慢でした、しかし、自信過剰の人にしばしば起こることですが、彼は我慢強くなくて、めったに他人の言うことを聞きませんでした。彼は特に奥さんのヘレンの話を聞くのが苦手でした、それで、彼女はこのことについて、しばしば、ひどく不満を述べました。
するとある日、彼女は一つのアイディアを思いつきました。
彼が仕事から帰宅すると、彼女は言いました、「フレッド、あなたに面白い謎々があるのよ。」
「ほう、そう」と彼は答えました。
「でも、あなたは私の言うことを聞こうとしないでしょうね」とヘレンは言いました、そして、背を向けると、夕食の用意をし始めました。
「もちろん、聴くさ!」とフレッドは腹立たしげに答えました。「僕はいつも君の言い分を聞いてるじゃないか」
「だったら、いいわ」とヘレンは続けました。「これは数学の謎々よ」
フレッドは微笑んで言いました「僕に解けない数学の謎々を君には見つけられないよ」
「じゃぁ」とヘレンは始めました「あなたはバスの運転手だと想像して下さい。42人の乗客が乗っています、そして、最初のバス停で5人が降り、8人乗って来ます。次のバス停では、誰も降りません、しかし、もう3人が乗って来ます。さて、質問です、「バスの運転手の名前は何でしょう?」
この時まで、フレッドは謎々が易しすぎると思っていました。しかし、今度は彼は腹を立てました。
「運転手の名前なんかどうして僕に分かるんだよ?」
「ほらね!」とヘレンが答えました。
「あなたは、私の言うことなんか絶対に聞かないのよ」
「謎々の初めでバスの運転手はあなただって私はあなたに言ったわ」

投稿日時 - 2011-11-15 00:47:08