みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

夏目漱石『こころ』の「先生と遺書」 要約

夏目漱石『こころ』の「先生と遺書」の各段落100字程度で要約して下さいませんか。
無理は承知ですが、明朝6:30までにお願い致します。

投稿日時 - 2011-11-06 22:15:25

QNo.7117746

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

各段落ってあなた、「先生と遺書」は五十六段ありますよ!? 56×100字=5600字つまり原稿用紙14枚分の文章を、夜22:15:25に投稿して朝6:30まで8時間で、つまり1時間で1.75枚分を徹夜で書けと?
ご自分でもおっしゃっている通り、「無理」です。そんなことができるスーパーマンはこの世にはおりません。いたとしてもそんなことをする義理はありません。

投稿日時 - 2011-11-07 18:24:00

ANo.1

労多くの無理を承知なら見知らずの方々に頼まない事です。

漱石の文章は口語体ですから難しくなく、熟読玩味すれば理解できます。

青空文庫で「こころ」は公開されています。
漢字にはルビが振ってあります。

自分で読んで「あらまし」を文にしてください。

明朝6時半まで時間があれば充分です。

判らない処は芭蕉翁の「句、未だならざれば舌頭に旋転すべし」を範として下さい。

「解体新書」を著した杉田玄白の労苦に比べれば容易い事でしょう。

投稿日時 - 2011-11-07 17:44:15

あなたにオススメの質問