みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ロシア今期シニアデビュー、女子シングル選手について

ロシア勢で、脅威の女子シングル・ジュニア世代選手たちのシニアデビューですが、予想通りと言うか先陣のトゥクタミシェワ選手が、まずGPシリーズで優勝しました。来週の中国大会には、いよいよソチ金メダル最有力候補のアデリーナ・ソトニコワ選手が登場します。
ソトニコワ選手の今期初戦?、10月のロシア国内カップの動画を見ましたが、身長が伸びたことと怪我で練習があまり出来なかったためなのか、昨シーズンのジュニア大会をことごとく圧勝していたときの切れはないようですが・・・

さらにその上を行きそうな脅威の次世代ユリア・リプニツカヤ選手含めて、彼女達はジャンプの回転不足判定が厳格化されてからの世代のためか、どの選手もセカンドジャンプを余裕で3回転回りきっています。浅田・キム選手始め、、長洲選手の世代が身体の成長や回転不足判定で苦労しているのに比べ、身体が成長しても回転不足を取られるまでにはいかないようにさえ思えます。
今期15歳のソトニコワ、トゥクタミシェワ選手は、ソチ・平昌オリンピックで、ソチで1才年齢の足りないリプニツカヤ選手は平昌とその次の五輪の主役になりそうです。

それにしてもソトニコワ選手の「愛の夢」は浅田選手と同じばかりか、スケーティングまで2人はそっくりで、ロシア大会での“愛の夢”対決は浅田選手の回転不足が心配です。

◆質問ですが、
【1】 日本勢で浅田・村上選手に次ぐ庄司選手やその下のノービスの世代で、上記ロシア勢に対抗できるくらいの才能のある選手はいるのでしょうか?(もちろん浮き沈みの激しい世界ですし、身体の変化による影響が大きいですが、あくまで現時点の状況で)。ロシア勢に独走されてしまうと少し寂しいです。
【2】 ソトニコワ、トゥクタミシェワ選手はこの1年でどのくらい身長が伸びているのか分かりますか?(大体でも結構です)。
【3】 今期15歳の上記両選手は、今後どのくらい身長が伸びると予想しますか?(ISU登録はソトニコワ160、トゥクタミシェワ156)。数値はあてになりませんので、トゥクタミシェワ選手は鈴木選手(登録160)の横に並ぶと実際は152~3cm程度に見えます。※個人差がありますのであくまで予想です。(レオノワ選手などは15歳以降あまり変わらなかったように思いますが)

参考までに日本人女性の一般15歳では、もうほどんど伸びなくなりますね。ロシアではどうなのでしょう。
http://shincho.roratio.com/2006/06/post_8.html

投稿日時 - 2011-11-01 22:30:53

QNo.7107775

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

レスがつかないので、お望みの回答とは少しずれますが、雑談風に書いてみます。

やはりというか、予想通り、ロシアのジュニア軍団はシニアに上がっても強そうですね。もう、何年も前から騒がれていたのですが、たった一人の天才が出てきたのと違って、何人かいましたから誰かがこけても誰かは来るだろうと。それがやはりタクタミが来た!という感じです。
ソチに関しては、やはりこの子が一番有力だと思います。

対抗する日本としては、どう見ても浅田真央になってしまいますから、さぁ~大変!ですよ。
これが4年先なら、欧米の選手は劣化が早いと思えるのですが、年齢的にすごく有利な時期ですしねぇ。しかも開催国。万事休すの思いです。

ただ、、、怪我が付き物の競技です。体型変化はどうかな?もあります。ジャンプというものは少しのことで狂ってきます。そういう点では他の要素やPCSで手堅いおねぇさん世代の目も十分あります。

振り返ってみれば、真央がシニアに上がった時、誰もが次のバンクーバーは真央に違いないと思ってました。敵はいないと。それほど圧倒的なものを持っていたのです。が、ルールの変更や様々なものが重なって、OPシーズンには、それでもメダルは取れるはずという状態になってました。大きな怪我もせず、体型変化もかなりうまく乗り切った、それでもでした。

また、少し前の脅威はアメリカのジュニア軍団でした。フラット、ワグナー、ナガスなどに怪我があったとはいえ、マイズナーは蹴散らされ、シズニーも苦杯を飲まされました。トリノ後に一気にそうなるとは誰が思っていたのか?(キミーは今まだ22歳です)
しかし、結果としてそれほどの脅威にはならなかった。
昨シーズンは安藤が磐石でした。今、シズニーが復活、未完の大器コストナーもいよいよ集大成か?

少なくとも、ロシア娘に独走されるとは限らない。そう思います。

(1)
かつての、「村主・荒川」「大田・真央・安藤」に続く下の世代がいないというのが、ずっと続いてました。村上が1人出てきましたが、やっと、他の選手もボチボチというところです。しかしワールドでメダルが狙える選手となると、厳しいですよね。
ただ、今のジュニアの選手は5種の3回転ジャンプを(やや怪しいのも入れれば)持っている子が何人もいます。何人かはGPS台乗りはあるでしょう。その中からかつての中野さんのように化ける選手が出るかもしれません。
名前を挙げておくと、宮原、大庭、友滝。個人的には藤沢(今低迷中でヤキモキ)。
その下はまだ海のものとも山のものとも。怪我で伸び悩む子がいますから。
それと、大学生ですが、國分もいいですよ。それまで知らない選手だったのですが、一昨年のインハイで初見。これはいい選手だと思いました。昨季はインハイ優勝、ユニバ3位。順調にスコアを上げて来てます。
(2)
TV画像ではよくわかりません。ただ、体重のほうが影響が大きいですから。ナガスがあんなに肉がついてしまって大丈夫かなと思ってしまいました。
(3)
東欧の女子選手は意外と大柄な選手は余りいなかった印象があります。スラブ系はやはり太るほうが、、、それでも、そういう体でもゲテのように飛べるんだからすごいです。(胸がよく邪魔にならないものだ)
ラテン系、ゲルマン系は長身も目立ちます。コルピあたりもジュニアからシニアに上がってまだ少し伸びていた気がします。
日本女子の統計はそうでも、真央はかなり伸びましたよ。かと思えば、成美ちゃん(ペア)みたいにちっこいままもいますし。DNAはかなり正直です。

雑談が過ぎました。失礼しました。

投稿日時 - 2011-11-09 14:28:44

補足

回答ありがとうございます。
中国杯までを見ていて、女子選手にとって身体が大きくなることのリスクを改めて感じました。横にも縦にも大きくなり過ぎ?た、ジャン、長洲選手の苦戦ぶり。村上選手も3cm伸びたと言っていましたね。靴の調整が出来なかったせいもあってか残念な結果になりました。そういえばアシュリーも伸びたとか・・・
表現力が増してもやっぱりジャンプの得点は大き過ぎます。
肝心のロシアの選手はどうなのでしょうね?ソトニコワ選手は怪我のせい?背も伸びた?からか昨シーズンのすごさがなくなってしまいましたが、トゥクタミシェワ選手はあまり大きくなっていない?せいか良い演技でしたね。もしかしたらサーシャ・コーエン選手のようなタイプになりそうですね。
何か2年後のソチは彼女達にとって、身体が大きくなるかどうかが大きく影響しそうです。2年くらいなら貯金で大丈夫なのかな・・・フィギュアの女子選手は身長の伸びが一般より平均的に後にずれているのでしょうか。
旬の時期は5~6年でしょうか。その間にタイミングよくオリンピックが2回入るか、1回か。浅田選手はタイミングが悪かったですが何とかもう1回がんばってもらいたいです。お礼は後日改めて。

投稿日時 - 2011-11-10 23:46:53

お礼

お礼の方は遅くなりましたが、その分TV映像・インターネットTV・youtube動画で今期ジュニア選手をじっくり拝見させていただきました。そして本文中にソチの年齢制限で誤りがあったことをお詫びいたします。
またこの質問は12/20に締め切らせていただきます。

<まずは訂正から>
ユリア・リプニツカヤ選手はソチOKなんですね^^;

<次は先に、Q【2】【3】について>
アデリーナ・ソトニコワ選手はISUの身長データが3cm更新されましたね(163cm)。ただし実際には真央ちゃん(ISU登録上は同じく163cm)の横に並んだ感じからは2~3cm小さく161cmくらいでしょう。サバを読んでいるようですがそれでも昨期から3~4cm伸びたのでしょうか。今期不調なのは故障もあったようですが身長の伸びが影響していたのかもしれませんね。(ヨナ選手が162cmとまったく当てにならないデータにも困ったものですが・・・)
エリザヴェータ・トゥクタミシェワ選手は同じく156cmですが、鈴木選手と並んでも顔半分小柄なようですから150あるかどうかでしょうね。あまり伸びていないようです。それもあって良い演技ができたのかも。彼女はそれほど大きくならないタイプ?で、なんとなくサーシャ・コーエン選手路線になるように見えますがいかがでしょう。

<冒頭の雑談部分について>
キミーも日本選手同様ルール変更・厳格化につぶされ、未来、ジャン選手は縦・横に大きくなりすぎました(ビックリ。まさかあれほど大きくなるとは!)※コストナー・安藤選手はオリンピックの大舞台には弱そう(ゴメンナサイ)。

<Q【1】について>
真央ちゃん以降出てくる選手は浮き沈みが激しくて、「西野」→「藤澤」→「村上」→「庄司」→「宮原」と、毎年注目選手が変わりますね。村上選手もインタビューで昨期から3cm伸びたと言っていました。靴の合せにも苦労したようですが・・・
友滝選手のジャンプの高さや大庭選手の身体能力の高さにも期待したいところですが、今後世界のトップ争いを続けるレベルまでは難しそうに思えます。ただジャンプの高い選手はシニアに上がっても劣化が少なく“伸びしろ”があるように思えます。
そんな中で「“知子ちゃん”」来ましたね~!
GPシリーズでは出入りが激しく今までの注目選手と同じパターンかと思ったのですが、成長力がすごく注目です。怖いのは今後の身長の変化がどう影響していくのかと怪我だけでしょうか。彼女の何がすごいかといいますと、
 (1)LzとFの跳び分けが出来ること(全ジャンプ跳べる)
 (2)連続ジャンプのセカンドに確実な3Tが跳べる
 (3)左右回れるスピンも魅力
 (4)小柄ですがスピードもありますね。
ジャンプのみの得点ならキム・ヨナ選手に匹敵しますね。GOEで多少低くてもキム選手のように苦手ジャンプもなく、3A除く全トリプルジャンプを跳べるのが魅力です。アメリカのジュニアも侮れませんが、日本勢では2年後のソチでロシアの3強(トゥクタミシェワ、ソトニコワ、リプニツカヤ)にメダル争いで割って入れるのは真央ちゃん以外では知子ちゃんかと予想します。女子選手にとってセカンド3Tは得点にとても重要と考え、高さの出ない3LoよりGOEで有利だと思います。3Loは回転不足になりますし浅田・安藤選手が標的にされましたね。(男子でも跳びませんし)。3Aは同じく浅田・中野選手が回転不足の標的にされましたし、宮原選手はキム選手以上に賢いジャンプを選択できるところがすばらしいと思いました。
佳菜子ちゃんは苦手ジャンプ、癖とe判定、理紗ちゃんも高さ不足とややe判定で世界のトップは難しいかなと。他の選手もGPシリーズ表彰台までと・・・・・もちろん今後に期待はしていますがトップまではどうでしょうか?

◆それにしてもリプニツカヤ、知子ちゃんはソチOK。なんて年齢運のめぐり合わせが良い子でしょう。真央・佳菜子ちゃんが僅かに足らずとは大違いですね。

◆さて世界ジュニアですが日本代表は「宮原・友滝・庄司」選手でしょうか。特に知子ちゃんにはロシアの3強に割って入るか、4位入賞して欲しいですね(実力のあるアメリカ勢にも勝って)。日本の学年でいうと知子ちゃんはユリアの1歳上、リーザ、アデリナの1歳下ですから実際のところ直接のライバルです。真央ちゃんが15歳で無敵のスルツカヤ選手を負かしてしまったように伸び盛りには勢いがあります。負けるにしても肉薄して欲しいです。
ところでソトニコワ選手がたった1日の誕生日の差でシニアに出られないないのも面白いですね。実はリプニツカヤ選手の怖いくらいの才能と驚異的な軟体性で、トゥクタミシェワ、ソトニコワ両選手を負かしてしまうのではないかと思っているのですが、採点競技の常で思惑が働いてPCSで抑えられてしまうかな・・・・・。今期の世界Jrはとても興味の大きい大会です。

◆また全日本では真央ちゃんは13歳で8位、14歳では2位でしたが、13歳半(笑)の知子ちゃんは何位に入るでしょう?。真央ちゃんに重ねれば4~5位でしょうか。浅田・鈴木・村上・今井・宮原・・・・・が順当な順位かと思いますが、少しでも上に食い込んで欲しいです。
余談ですが男子は層は厚くないものの、世界トップレベルで争える選手が続きそうですね。

投稿日時 - 2011-12-18 21:51:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問