みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本語訳で困っています。

以下の英文の日本語訳で困っています。誰か教えてください。

(1)Of the 12 men who have walked on the moon, Harrison Schmitt, is the only one with scientific training in geology.

(2)Schmitt's work on the Moon in 1972 ranks as one of the most exciting and productive episodes in the history of exploration.

(3)His new book, Return to the Moon, is structured as a legal document, in which Schmitt argues for returning to the moon to mine the isotope helium-3.

(4)He claims that because fossil fuels are limited in supply and because their extraction and use harm the environment, our world requires new sources of energy.

(5)The ultimate solution, he suggests, is the generation of power by nuclear fusion-not of deuterium and tritium, as is usually proposed, but of deuterium and helium-3.

投稿日時 - 2011-10-12 23:43:18

QNo.7068097

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

(1)月面を歩いたことのある十二人の人の中で、ハリソン・シュミットは地質学の科学的教育を受けた、唯一の人である。
(2)1972年の月面でのシュミットの仕事は、探検の歴史において、最も(人々を)を興奮させ、最も有益な出来事の多いものの一つとして並んでいる。
(3)彼の新しい本「月への帰還」は法的な文書として構成されているが、その中でシュミットは、ヘリウム3の同位体を採掘するために月へ帰ることを説いている。
(4)彼がそう主張するのは、化石燃料の供給が限られているからであるからであり、化石燃料を採取し消費することが環境を害するから、我々の世界は新しいエネルギー源が欠かせないからである。
(5)彼の示唆する究極の解決策は、核融合によるエネルギー産出である。それは重水素と三重水素の核融合ではなく、普段提案されているように、三重水素とヘリウム3の核融合によるエネルギーである。

投稿日時 - 2011-10-13 00:41:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

(1)月面を歩いた12人の男のうち、ハリソン・シュミットは、地質学の科学的訓練を受けた事のある唯一の人です。
(2)1972年の月でのシュミットの仕事は、探査の歴史で最も刺激的で生産的なエピソードの1つと位置付けられています。
(3)彼の新しい本(月への帰還)は法律文書として構成されています、その中で、シュミットは同位元素ヘリウム-3を採掘するために月に戻る主張を述べます。
(4)化石燃料が供給において限りがあり、それらの採掘と使用が環境を害するのだから、我々の世界は、新しいエネルギー源を必要としていると、彼は主張します。
(5)究極の解決策は、普通提案される、ジュウテリウムとトリチウムではなく、ジュウテリウムとヘリウム-3の、核融合による発電であると彼は提案します。

<参考>
アポロ17号
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AD17%E5%8F%B7

投稿日時 - 2011-10-13 00:38:49