みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

うつ?パニック障害?さらにリウマチ?

長文、失礼いたします。
専門知識をお持ちの方、ご経験の方がいらっしゃればアドバイスを賜ればと思います。

私の弟の嫁についてです。

結婚前より、弟に殴られた、こんな人とは一緒になれない等と両親に時折電話があったそうです。
当初は、「変わった子だなぁ」と思っていただけでしたが、ふと弟に心の病ではないか?と聞くと、そうであると白状しました。(嫁が周囲に話す事を固辞したため隠していたそうです。)

私が聞き出した症状は、
●私たち兄夫婦などと家族付き合いは「しなくてはならない」と嫁本人は思っているが、いざ会うとなると気分が悪くなり中止になる。
●私たちだけでなく、人と会うこと自体にストレスを感じる様子で、仕事も続かない。
●そういった強度のストレスを受けた嫁は、配偶者である弟に当たり散らす
●朝は体の節々が痛み、起きる事が出来ない。
●何でも自分の責任にして、そこの事がストレスとなりやはり配偶者に当たり散らす。
●もともと薬などを受け付けない性格で(薬は百害あって一利なしと信じている)、ほとんど薬を口にする事がない。

この症状に対して
●弟いわく、「現役は引退したが、妻(患者)の知り合いの医者に電話でカウンセリングを受けている」とのこと。
●その先生曰く「うつ病」と「パニック障害」が出ているとの事。
●体の痛みについては、やはり妻の知り合いの「名医」に血液検査結果を送り、血液ではその兆候は出ていないが、「リウマチに間違いない」と言われ、薬ではなく食事療法をしているとのこと
●弟いわく、「最近子供が生まれて、症状が緩和されている」
と言った状態のようです。


さて、これまであまり関わりを持つ機会のなかった弟夫婦を含めて、このお正月に私の両親、私(長男)家族、そして弟夫婦で海外旅行に行く事になりました。私と彼らがあったのは、結婚式前に顔合わせで食事をしたときと、結婚式(この時はほとんど会話らしい会話もなし)の状態です。

色々調べてみましたが、私たちも情報不足で、どう接するべきかわかりません。
そこで、患者の主治医にアドバイスを欲しいし、そもそもそんな状態で海外などに旅行に行ってもいいものかといっても、その先生とのコミュニケーションは患者本人だけが持っており、配偶者である弟もあった事も連絡先も知らされていないそうです。弟も「すでに行くという話になっている事が、途中で中止されると本人が自分を責めて余計ひどくなる」と言います。


そこで、質問です。
いずれかのみでもわかるものについて教えていただければと思います。

1.調べた限りでは、「うつ」「パニック障害」の症状とは微妙に違うようですがこの診断は信頼できるものなのでしょうか?

2.「現役を引退した医者」による電話だけでのカウンセリングで症状が改善される可能性はどの程度あるのでしょうか?(正直なところ、私はうそをついているのではないかと思っていますが・・・)

3.リウマチについても同様で、本人を見ることなしにリウマチと断定できるものなのでしょうか?

4.そもそもこのような状態でほとんど面識のない親族と海外旅行というのは言ってもよいものなのでしょうか?

5.正直なところ、弟も患者である妻の病に引っ張られて少し正常な判断ができなくなっているような気もしていますが、彼らに対して何かできる事があるのでしょうか?


判明している事実関係が少ないうえに、多岐な質問で誠に恐縮ですが、何かしらヒントとなる情報があればお願いできればと思います。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2011-09-13 15:45:32

QNo.7008360

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

難しいと思いますが周りが気にしない事が一番良いと思われます。

本人は周りに気にされてる、気を使われる事が一番負担になるので。

疲れているように見えても大丈夫?と声をかけられる事が余計に自分を責めてしまう人もいるので。

言葉より態度の方が楽だと思います。

投稿日時 - 2011-09-13 19:20:15

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

(4)病気の状態がハッキリしないのであればやめておいた方が良いかもしれません。

鬱やパニックは人とのコミュニケーションが取りにくいし、何でもない会話や態度がスイッチを押す事になり精神不安定なる事もあります。
鬱やパニックは気圧に変化されます。

ので例えば新幹線のトンネルや飛行機、あと台風や梅雨などの気圧の変化でひどくなるので見送った方が良いかもしれません。

投稿日時 - 2011-09-13 18:29:58

お礼

ご回答ありがとうございます。

せめて国内一泊、いえ、そもそも1~2時間のコミュニケーションの機会を何度かとってからとは思うのですが、弟夫婦はそれを受け入れられないようで困っています。
上手い具合に、段階を経る事が出来るよう考えてみます。

投稿日時 - 2011-09-13 18:57:26

ANo.2

(2)電話でのカウンセリングは効果は薄いかもしれません。

精神的な病気はカウンセラーと対面で話していても合わないカウンセラーだと逆効果です。患者さんが信頼できるカウンセラーでないとカウンセリング事態ができません。信頼をおいている方であれば電話で話を聞く形で気が楽になる事もあるでしょうが。

基本は対面で顔や表情、動作を見ながら会話をしてカウンセリングするものなので。

投稿日時 - 2011-09-13 18:24:16

お礼

ご回答ありがとうございます。

おっしゃる通りだと思います。本人は、信頼しているようなので多少の気休めにはなるのかもしれませんが、少しでもその効果があるのかは気になっているところです。
本当は、私は無理にしても配偶者の弟が日頃の接し方などのアドバイスを先生から直接受けた方がよいとも思っているので、少し気になっています。

投稿日時 - 2011-09-13 18:55:12

ANo.1

わかる部分だけ返答させてもらいます。

(1)鬱とパニック障害は血液検査にて判断可能です。

パニック障害は脳機能障害であり、薬をきちんと飲まなければ治りません。完治まで何年もかかるケースが多く薬をやめるとまたスタート地点に戻ります。

鬱は精神的な病気の為、精神安定の薬はありますが鬱の為の薬はありません。

パニックになれば鬱を併発される方も多いです。

パニックは心臓が悪いのかなと思うような発作があります。発作により過呼吸になる事もあります。

発作がなれけば躁鬱の可能性が高いですね。

投稿日時 - 2011-09-13 18:16:58

お礼

ご回答ありがとうございます。

発作については、特段そのような症状があるようには聞いていないのですが、一度弟に確認したいと思います。

投稿日時 - 2011-09-13 18:52:58

あなたにオススメの質問