みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

間違えて思い込んでいたこと

「雰囲気」を「ふいんき」と言っていた。など、文化の分野ではなく、飛行機雲は、飛行機がわざわざ出している。など、科学や自然の分野で、誤った思い込みをしていた事柄ってありますか?

私は、子供の頃上記の通り、飛行機雲は、飛行機がわざわざワザと出していると思い込んでいました

妻は、最近まで、物は重い方が速く落ちると思っていた見たいです(苦笑)

皆さんは、何かありますか?

投稿日時 - 2011-09-11 00:23:02

QNo.7002883

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

例えば車とかで移動してるとき空の月がどこまでもどこまでも自分について来るように見えますよね。幼い頃、本当に月が自分を追っかけて来てるんだと思い怖かったのを思い出しました。
我ながらメルヘンチックというか そんな無垢な時代も自分にはあったんだなあ‥と。

投稿日時 - 2011-09-11 13:57:59

お礼

ドライブデートでは、そんなメルヘンを語った時期もありました(笑)

投稿日時 - 2011-09-11 14:47:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(18)

ANo.18

科学関係ですと、CTを読むとき寝た人間の足の方から体を輪切りにして見ますから、画像で右側は実際の人間では左になりますよね。
足の方から見るということは理解していたのですが、この左右に関してはずいぶん長い間間違えていて、今でも話をするときは自分が勘違いしたのだから先方が間違えないか考えながら「画像上では左にある白い部分は、実際には体の右ですが・・」という言い方をしてしまいます。


最近の事だけど、原発が爆発すると巨大なキノコ雲が上がり、日本列島などあっという間に灼熱地獄で溶けてしまうと思っていました。
また「放射能」という物が放射線を出す物体ということなど、この問題に関しては知っているようで知らなかったことが多々ありました。
あの防御服にも驚いたんですが、事故の前は宇宙服のような物々しい物だと思っていたら、コンビニで売っているカッパみたいなものでこれで大丈夫なのと仰け反りました。

投稿日時 - 2011-09-14 09:40:59

ANo.17

WORDで 「 置換 」ってありますよね。これ普通は「 ちかん 」って読みますよね。

ところが初心者の私はつい最近まで 「 おきかえ 」とずっと思っていました。
PC初心者の私はこんなアホなことをずっと、「 おきかえ 」が正しいと思い込んでいました(笑)
情け無いのですが、事実です。

投稿日時 - 2011-09-11 15:19:13

お礼

自然や科学の分野での思い違いがありましたら、よろしくお願いします

投稿日時 - 2011-09-11 15:31:54

ANo.16

民主党が日本をよくしてくれると思い込んでいた...。

投稿日時 - 2011-09-11 14:41:36

お礼

自然や科学の分野での思い違いがありましたら、よろしくお願いします

投稿日時 - 2011-09-11 14:44:07

ANo.15

小さい頃、雨の日、隣りの地域が晴れだと、その県境に立てば、右半身「雨」・左半身「晴れ」みたいになると信じてました。それをやってみたくてたまらなかったです^^;

投稿日時 - 2011-09-11 14:19:35

お礼

夕立とかだと、偶然に雨の境目が県境と一致することはあるかもしれませんね

投稿日時 - 2011-09-11 14:43:23

ANo.14

月は夜しか出てこない、と思っていた。

小学校の体育の時間にふと空を見上げたら、でっかくて、白くて、丸くて、不気味なものがそこにあった。
何だ!あれは!どうしてみんな平然としてるんだ!
でも、騒ぎ立てるようなことではないのだろうと、空気を読んで黙っていたが、しばし呆然自失。

投稿日時 - 2011-09-11 14:09:13

お礼

私は、赤い月を始めて見た時は、天変地異かと思いました

投稿日時 - 2011-09-11 14:45:35

ANo.12

ミミズに小便をかけると、ミミズの成分がその流水を伝わって元栓に入って腫れる・・みたいなことを散々言われていたので信じていました。

投稿日時 - 2011-09-11 13:48:40

お礼

何かのマンガで、漏電している所で立ちションしたら、オシッコが電気を伝えて感電。というのがありましたが、実際に起こり得るのでしょうか?

投稿日時 - 2011-09-11 14:49:05

ANo.11

音速を越えると機内は音が聞こえなくなり無音になると思ってました。

んな訳ないよね。機体の音は自分の体に到達しちゃいますもんね。

投稿日時 - 2011-09-11 13:30:35

お礼

ホントにそうなら、機内で会話もできなくなるから不便ですよね

投稿日時 - 2011-09-11 14:51:02

ANo.10

No8の回答者様の回答を見て思い出しました。

男ならではの・・・かなりアホな勘違いですが(汗

テレビでアイドルがミニスカートを履いているシーンになるとテレビ画面を下から覗き込み「パンツが見えるんじゃないか?」と思い込んでいた小4の夏

投稿日時 - 2011-09-11 12:46:18

お礼



昨今の3Dだと、その思い込みは増えてるかもしれませんね

投稿日時 - 2011-09-11 12:52:17

板東英二の読み方の発音は「バンドウイルカ」と同じ抑揚と思っていた。
嫁さんに違うと言われていたが、嫁さんは地方を転々として育ったので、単なる訛が悪いだけと思っていたが、本人が「バンドウエイジです」とテレビで発音したのを見て仰天した、昔からファンだったのに。

投稿日時 - 2011-09-11 10:14:49

お礼

自然や科学の分野での思い違いがありましたら、よろしくお願いします

投稿日時 - 2011-09-11 10:19:31

ANo.8

テレビ画面の大きさによって映る範囲も大きくなると思ったことあったな・・・。
童謡ちょうちょうで意味がおかしいと思いつつも、菜の葉が「飽いたら」を⇒「空いたら」だと思ってたなあ。

投稿日時 - 2011-09-11 05:10:49

お礼

窓は大きいと広い範囲が見えますが、TV画面も窓のイメージがあったのかもしれませんね

投稿日時 - 2011-09-11 10:11:26

ANo.7

母親(東京が出生地)の話
東京は浅草橋(あさくさばし)にある「浅草寺」(せんそうじ)をほんの数年前まで「あさくさでら」だと思っていたこと

自分の話としては子供の頃「ヤスデ」を「ゲジゲジ」と勘違いしていたこと
(注・両者共脚がたくさんあるムカデの親戚)

投稿日時 - 2011-09-11 05:03:06

お礼

ヤスデをムカデと勘違いしている人も、けっこういますよね

投稿日時 - 2011-09-11 10:12:58

ANo.6

夜になるとジージーと鳴いている虫は「ミミズ」だと教わり大人になるまで信じていました。

一寸考えれば嘘と言うか有り得ない事だと判る筈なんですけどね(苦笑


話はズレますが・・・

私幼い頃外見が目が凄く大きくて髪の毛はクルクル、フワフワで手足が細長く一寸黒人の血が入っている様だと噂されてました。
近所に黒人とのハーフの姉妹がいて肌の色を除けば感じが似ていると。

当然、祖父母、両親、兄妹とも全く似ず、或る時「お前は、橋の下から拾って来たんだよ」と言われ真剣に悩んだ事が・・・。

長ずるに連れ幼い頃の面影はみじんもなく母そっくりになりました。

投稿日時 - 2011-09-11 03:51:46

お礼

ジージーは、ミミズの友だちのオケラですよんね
でもミミズは友だちを食べちゃいますね(笑)

幼少の頃、大人にからかわれて言われた冗談を信じて、嘘だったんだと気付くのは大人になってからというのは、ありますよね

投稿日時 - 2011-09-11 10:15:49

ANo.5

高度があがる程、温度が下がる事です。
実際は対流圏での話しで成層圏まで行くと温度があがる所があるらしいです。

対流圏

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BE%E6%B5%81%E5%9C%8F

成層圏

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%90%E5%B1%A4%E5%9C%8F

投稿日時 - 2011-09-11 01:46:34

お礼

私は、山に登った方が太陽に近付くのに寒くなるのはなぜ?と、気象庁の夏休み子供電話相談に聞いたことを思い出してしまいました

投稿日時 - 2011-09-11 10:18:28

ANo.4

思いこむというか信じ込んでいたらしい事です(笑)
私自身覚えてないのですが、親から聞いて…
自分の事ながらに小さい子供って純粋なんだな~と(^^;)

お好み焼きにかつおぶしを掛けると踊りだす
「凄い!踊ってる~~♪」と超喜んでたらしいです。(実際は水蒸気)


日本の土を掘っていくと他の国に着く&空の上には違う国が…
ただただそう思ってた。(実際は…省略)

投稿日時 - 2011-09-11 01:03:47

お礼

理屈を知ってしまった今でも、私は「生きてる~」と喜びます(笑)

投稿日時 - 2011-09-11 01:14:40

ANo.3

恥なのであまり答えたくなかったのですが・・・

実は20歳くらいまでカミナリの「ドーン・・・ゴロゴロゴロ・・・」という音を

・「ドーンでカミナリが地面に落ちて大爆発」

・「その爆発で地面が裂け、地鳴りがゴロゴロゴロ・・・」

というセットだと思い込んで「カミナリのあの音を聞く度に近くの人が住んでいない山の中では大変なことが起きている」と信じていました。

なんであんな馬鹿な思い込みをしたのやら・・・^^;

本当に恥ずかしいので他の人にはくれぐれも内密ということでお願いします。m(__)m

投稿日時 - 2011-09-11 01:02:10

お礼

これは私もそう思い込んでいたことがありました

子供の頃に観ていた「大草原ドッシャーンの小さな家」での雷の効果音が、「ドッシャーン」だけで、その後に「ゴロゴロ」が無いのを思議に思っていましたが、ちょうど運良く?学研の六年の科学に、平原と山間部との雷鳴の違いが解説されて知った次第です

投稿日時 - 2011-09-11 01:12:35

ANo.2

幼い頃コップに氷をたくさん入れ、そこに飲み物を注いで待っていると、もちろん氷は溶けるじゃないですか。
でも氷は溶けたら水分となるのでコップから溢れるんだと思い、数十分コップと睨みあいっこをしていました。

物質量は変わらないというのに…
小さい頃って勘違い多いですよね~

投稿日時 - 2011-09-11 00:54:21

お礼

コップとにらみ合い。つまりは、実験を行い、しっかりと観察して、その結果から思い込みは誤りであったことを知る

耳学問で情報を得るのではなく、実に科学的手法ですね

素晴らしいですね

投稿日時 - 2011-09-11 01:05:21

幼少の頃の話ですが・・・・

家族を見ていて、爺ちゃんは爺ちゃんという種類の人間として生まれ、婆ちゃんは婆ちゃんという種類の人間として生まれ・・・
お父さんはお父さんとして、お母さんはお母さんとして、姉は姉、私は子供という種類の人間として生まれてきたのかと思っていました。
それぞれがそのままの状態で生きているのかと思いました。
ほどなくして・・・老いるという事を知りました(汗

投稿日時 - 2011-09-11 00:41:54

お礼

なんとなくわかる気がします

案外私も覚えていないだけで、そう思い込んでいた時期があったのかもしれません

投稿日時 - 2011-09-11 00:45:00

あなたにオススメの質問