みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

仕事に違和感。

20歳の新入社員です。
薬局の事務を始めて、もうすぐで4カ月になります。

でもまだまだ仕事が理解出来ていなかったり、失敗したり、
先輩に何度も何度も聞いてしまっています(>_<)

自分がこんなにも仕事が出来ないとは思ってませんでした。

さて本題ですが、
薬局で事務をしていると、いろいろな加算がとれます。
その中の1つに「薬手帳加算」というものがあります。

これは患者さんの薬内容が書かれたシールを手帳に貼っているもので、
これを持ってきた人は薬手帳加算という加算がとれることになっています。

ある日、たまたま本屋で買った薬局についての本を読んでいたところ、
「薬手帳加算はシールだけでは加算はとれない」と書いていました。

手帳を忘れた人とかにも加算をとっていたので、先輩に聞いたら、

「本来はシールだけじゃとれない。
だからうちの会社独自で『仮お薬手帳』を作って、加算がとれるようにしている」

みたいなことを言っていました。

ですが、知恵袋とかで質問したら「手帳がないと加算はとれない」とのことで、
会社に対して違和感を持っています。

ちなみに仮お薬手帳というのは、
B5サイズの少し厚い紙を半分に折られたサイズで、
「仮お薬手帳」と記載されているものです。

たまに患者さんの方で、手帳を持ってこなくてシールだけでいいという人もいます。
本来は加算はとれないのに…と思ってしまいます。

患者さんが受付で「手帳を忘れました」と言ったとき、
私は仮お薬手帳を指しながら「わかりました、こちらでお出ししておきます」と言っているのですが、
言いながら常に違和感がつきまとっています。

みなさんは自分が働く会社に違和感をおぼえたらどうしますか?
またどうしていますか?

それから、私はいちいち細かいことにこだわりすぎなんですかね?

教えてください(>_<)

投稿日時 - 2011-08-18 19:02:04

QNo.6951377

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

昔、医療事務に関る仕事をしていました。

質問者様は「制度」に囚われすぎていると思います。

日本の健康保険制度は、緻密で世界的にも成功した制度であり、薬局なども含めた医療現場の信頼も厚い制度であるといえます。
しかし、緻密であるがゆえに「融通が利かない」という不便なところもあります。

たとえば、現在のような病院と調剤薬局のような「医薬分離」の制度も「患者さんが管理できない薬の禁忌などを把握し管理する為に推進する」として、20年近く前から行われています。特に、高齢者が増え薬の量も増えているような状態では、いつ薬の飲み合わせによる事故が起きても不思議ではありませんから、必要な制度であるとはいえます。
しかし、患者から見れば(そのような事情は理解ができない為)単に「今までは病院で薬も一緒にもらえたのに、最近は病院の後に薬局に行く必要があって不便になった」ということになってしまいます。

これは、制度として理想では在るが、実際には不便という一つの例です。

薬手帳も同じ理想を現実化するために制度化されたものであるわけですが、患者からすれば「いちいち、薬手帳を持っていかないと不便」「役に立つか判らないものを忘れても私は困らない」ということになってしまいます。

これでは、せっかくの制度も台無しです。これらを防ぐ為に、様々な医療機関が工夫を凝らしているわけで、質問者様のところでは「仮薬手帳」という工夫をしているのだと思います。

ですから、これをもって直ちに、違反だからおかしい、というのは早計です。患者さんのために一生懸命工夫を凝らしてサービスに力を入れているなら、それはそれでほめるべきところもあるからです。

私が言いたいのは「サービスは客の為にある」ということです。制度は重要でルールは守るべきものですが、それにとらわれすぎると本質を見失います。

せっかく社会人になったのですから、学生時代の時の「ルール」という概念とは違う「社会」を見る目を養って欲しいと思います。

さて、しかし、そうは言っても単に金儲けのためにやっているところもあるのが現実です。そのあたりを見極めるのも社会人としての力量になってきます。

じっくりと確かめてみてください。

投稿日時 - 2011-08-18 23:13:34

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問