みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ドアの防音対策

ドアの建てつけが甘く、夜になると隙間から廊下の光が漏れてきます。

玄関すぐにキッチンがあり、ドアがない状態で居間があります。

なので、テレビの音量を小にしても廊下(共同部分)に音がはっきり漏れてしまいます。

簡単な対策として、玄関ドア用の戸あたり波型テープをドア枠に貼ってます。
しかし、貼り終わった後に、実際廊下に出て音漏れを確認したのですが、
あまり効果が無いようでやはり音漏れは相変わらず・・・

そこで、波型シールを二重に重ねてドア枠に貼ったのですが、そうするとドアが閉まらないという・・・涙

新しいものを貼ろうと思って、波型シールをはがそうとしたらドア枠のペンキ部分がボロボロに剥がれてしまう事が解り、剥がしたくても剥がせない状態です。

いま考えているのは、最初に貼った波型シールはそのままにして、その波型シールの上にスポンジ製の防音シールを貼るというのはどうだろうと考えています。

スポンジならドアの重みで閉まらないということはないだろうし、耐久性のあるスポンジならずっと使用できるのではないかと考えています。

ただ、どの製品がいいのか解らないので詳しい方が居れば教えて頂けると助かります。
幅の調整が出来るようはさみで切れるタイプだと助かります。

因みに現在使用しているシールの長さは5m。
厚みは0,5cm位、幅は1~2cm位のものです。

投稿日時 - 2011-08-18 18:28:49

QNo.6951314

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

防音コンサルタントです。
わずかな隙間でも影響してしまう防音用途の場合は、戸当たり面ではなく木口面に貼ります。
具体的には、ドアを引く側に立ってドア周囲に見える隙間を埋めるように貼ります。

ドア側に貼っても枠側に貼っても構いません。
スライドピンチブロックが一番望ましいのですが、100円ショップで売っているような断面がT字やL字の薄いビニール製隙間テープも利用できます。

建付けが悪くて大きな隙間が空いている場合は、あらかじめ他の部材を貼り付けて隙間の幅を狭めておきます。
床は隙間テープが摺ってしまわないよう靴摺りと呼ばれる薄い板を床に貼り付けておきます。
扉が閉まりきる直前に隙間テープに触れる位置関係にすると、開閉にも影響が少なく、かつ音漏れも少なくできます。

戸当たり面に貼るならマグネットテープがお勧めです。
これも隙間が一定になるよう下準備が必要です。床にも戸当たりが必要になります。
マグネットテープはN極とS極がストライプ状に着磁されているので、ずれると反発してしまいます。
なので、細いマグネットテープ同士をあらかじめ張り合わせて(吸着せて)おいて、それからそれぞれの裏の剥離紙を剥がしてドア枠、もしくはドアに貼ります。そのままドアを閉めると、ドアとドア枠の丁度いい位置に貼りつきます。


これで、冷蔵庫のドアのようにぴったりと隙間なく閉まるドアができます。

参考URL:http://www.pinchblock.com/products.htm

投稿日時 - 2011-08-20 00:53:49

ANo.1

質問者さんの考えている物がわかりませんが、「防音」に対してヒントを。

防音とは「吸音と遮音」の二つに大別されます。

隣室の音を聞こえなくしたい場合には、遮音になります。
遮音は音を遮る障害物の密度に関係してきます。密度が大きければ音を遮る効果も高いのです。
ドアを透過してくる音を無視して、ドア周りの隙間から透過してくる音を遮りたいと考えているなら、その部分には密度の高い物を貼り付ける方が効果が得られます。

密度の高いシール材とは、「自動車のドア周りのゴム」の様な物と言えばお分かりになると思います。

投稿日時 - 2011-08-19 10:12:45

あなたにオススメの質問