みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

怒りから慈善団体を興すこと

先月のニュースでドイツの女性が慈善団体を興し、一方的に他者に何かを与えるボランティア
ではなく、ギブ&テイクの関係でお互い助け合う運動を続け、結果15年以上お金を使わない
生活が継続できているという記事を読み、大変感銘を受けました。

彼女自身も(お金を使わないという)メリットを受けているとはいえ、発端は御自身がある市に
引っ越した時、そこにいた多くのホームレスの姿を目の当たりにし、心を痛めたことだといいます。
世の中の慈善団体推進者・参加者の多くは、そうした他者への慈善心に満ちたマインドの
持ち主だと思います。

一方怒りから慈善団体を興す場合はどうでしょう?  例えば世の中にグレーゾーンの
悪徳産業がはびこっているとします。(法的に存在することは無問題としても、事実上多くの
人間の犠牲の上に成り立っているような、某かの産業を想定して下さい。)   

一部のジャーナリストや法律家等が、そうした悪徳産業批判のキャンペーンを行ったとしても、
定着した産業構造や世の中のしがらみ等から大勢の人が利用を続け、打倒するには至らない
とします。

そこに上記ギブ&テイクセンターのようなものがあれば、肩肘張った運動を行わずとも
世のため人のため自分のためにもなる団体に自然に人が集まり、結果的に水が高い所から
低い所に流れるように、需要が少なくなる悪徳産業が衰退するのではないかと思いました。

この時、そのギブ&テイクセンターの主催者には、他者に対する情愛の念が薄いとします。 
内に秘めた悪徳産業への怒りが主たる原動力であったと。 そういう慈善団体活動は
存続が難しいと思いますか?  

様々な人が利用する中、(所謂とんでもない人が来たとしても)、マイナスの事態を受け止められる
ような忍耐力、他者への深い共感あってこそ、団体活動は継続しうるのかどうか?  
ビジネスなら多くの場合、客が払うお金が解決してくれます。 ですが、ビジネスという範疇では
活動しない以上、より人間的としての根本部分が要求されると思われるのです。

つまり他者に対する情愛の念を時間をかけてはぐくみ、心が充実してから活動開始する
べきかどうか? 他者に対する思いが十分にないと判断できたら、自分は不適格ということ
なのかどうか?   いや怒りが原動力の慈善団体があったとしても、志さえ維持できれば
活動は可能かどうか、御意見を頂ければ幸いです。

 (上記で書いた悪徳産業とは比喩的に表現したものであり、具体的に何か?という言及は
ここではなしでお願い致します。)

投稿日時 - 2011-08-15 01:37:17

QNo.6943396

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

そもそも“怒り”を発端として慈善事業を興すことなど出来ません。根底に怒りがある活動ならば、何らかの形で怒りの矛先を他者に向けることになるでしょう。
 あまり宗教的な話はしたくないのですが、私たち日本人には欧米人のような“慈善”の素養がないと私は思っています。もし団体を立ち上げたとしても活動継続自体は可能でしょう。しかし新たな被害者を生む可能性は十分にあります。

投稿日時 - 2011-08-15 12:54:03

お礼

端的で的確なお答え有難うございます。

>そもそも“怒り”を発端として慈善事業を興すことなど出来ません。
>根底に怒りがある活動ならば、何らかの形で怒りの矛先を他者に向けることになるでしょう。

その通りだと思いました。 私もまさにそのことを危惧しています。


>あまり宗教的な話はしたくないのですが、私たち日本人には欧米人のような“慈善”の素養が
ないと私は思っています。

例えばゴミの分別の話ですが、欧米人の多くは、その必要性を分かって納得してやっています。 
一方日本人の多くは、他者の目があるから、自分が批判される立場になるのが嫌だからやるように
見受けます。 世界から日本人の礼儀正さや協調性がしばしば賞賛されますが、この内面性の違いは
大きいですね。 ロンドン暴動で見られるようにならず者欧米人もおり下は日本人の悪者より程度が
悪いかもしれませんが、上を見ると、日本人には見られないタイプの善人・賢人の方々がいます。 
キリスト教的下地がそうさせるのでしょうか?

重ねて御回答有難うございました!

投稿日時 - 2011-08-15 20:38:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

悪徳産業というのは経済的な利益がある所に生まれます。それに見合うだけの経済力がなければ排除できません。
ホームレスの問題なら少額の援助があればすみます。本来人が普通に生きるのに高額のお金は必要ありませんから。産業のレベルになると桁が変わってきます。より額面の高い方が勝つというマネーゲームです。
つまり、強大な権力=経済力を持ち、かつ社会正義に燃えているというような漫画的な人間にしか実行できません。
悪には悪を、ということでより強力な組織を作り上げて有無を言わせず叩き潰すのが一番現実的ですね。その際はミイラ取りがミイラにならぬように注意すべきですが。

投稿日時 - 2011-08-15 14:44:07

お礼

>漫画的な人間にしか実行できません。

仮に能力、実行力、資金に恵まれた人物がいて社会的に成功できたとしても、成功する仮定で
社会の垢にまみれる訳ですからそれこそ漫画的な人間にしかできない、つまり実行不可能な話
なのでしょうね。

前に悪徳産業を具体的に明示して批判したら喧々諤々の言い合いになってしまったので、今回は
控えました。  2人に1人は人生の中で関わる話です。 本屋さんに行くとズラーっと悪徳産業を
批判する本が並んでいます。 正しいとする本が2~3だとしたら、告発本は7~8くらいで圧倒的
です。 ですがいざ自分が本当に関わると、皆さん悪徳産業の食い物になってしまうんですよね。 

本文で紹介したドイツ人女性は、システム的に(たまたまか?)悪徳産業の食い物にならずに
すむモデルを呈示していました。 本やメディア等であれだけ口すっぱく識者が訴えても、結局
悪徳産業にやられてしまう現状があったのにです。 

古着の代わりに洗剤、配管工事の代わりに車のメンテナンス作業、という価値の交換
ギブ&テイク関係の中に、さりげなくそのエッセンスを織り込んでしまえば、みな悪徳産業の
犠牲にならずに済むのではないかと思ったのが、この質問の動機でした。
ですが他人に対する慈善心より、悪徳産業憎しの気持ちが強いのでは、これまたNo.1の方が
指摘する事態に陥ってしまいます。 

御回答有難うございました。

投稿日時 - 2011-08-15 21:00:19

あなたにオススメの質問