みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ウェブサイトを制作するフリーランスの肩書きについて

ウェブサイト制作に直接関わる人、特に自営の方の肩書きに、大きく分けて「ウェブデザイナー」と「ウェブデベロッパー(ウェブ開発者)」がありますが、この2つの職業の定義を教えて下さい。
最近はデザインだけでコーディングやプログラムを他者に丸々まかせるようなグラフィックデザイナーはほとんど見受けられません。質のいい便利なECアプリケーションやCMS、jQueryなどもあり、特定のプログラミングの深い専門知識がなくても、それなりの機能があるウェブサイトが作れてしまいます。
逆にコーディングやプログラミングはできても、デザインが苦手という人はいると思いますが、それでも素材などを利用してちゃんと機能するウェブサイトが出来上がってしまえば、デザイン作業の部分もクリアされていることになります。
制作を依頼する人から見ると「ウェブ開発者」のほうが安心して制作を任せられるような気もしますが、VIなどの仕事の比重も大きいデザイナーには、やはりデザイナーとしての肩書きは外せないような気がします。
実際、この2つの肩書きは似て非なるものなのでしょうか。

投稿日時 - 2011-08-11 08:31:25

QNo.6935481

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

「自称」系の職種の場合、定義なんぞありません。自分がそう思っているから、そうだ・・・なんですが。

ただ、この2つの場合、「ウエブデザイナー」の方が古い言葉です。もともとWebサイトは、クライアントが大体のところ(何をどうやりたいか)を指示して、そういう制作側に仕様を渡していたので、制作側は「サイトをデザインする機能」しかなかったんですね。

でも、最近はクライアント側の要求も高度な割に丸投げ系、というか、細かい仕様までは決めてくれなくなっただけでなく、それを実現する手段も多様化しているんです。こういう場合必要なのは「デザイナーに仕様を出せる能力」なんですが、仕様出しとデザインを別々に依頼するほどクライアントも余裕があるわけじゃないんですね。

ということで、「ウエブデザイナー」のうち、そういう「仕様出しの能力もありますよ」とアピールしたい人たちが、「あいつらとは違うんでェ」という意味で「ウエブデベロッパー」「ウエブクリエイター」と言いだしたんです。

ということで、「仕様出し」の能力に比重を置いてるかどうかの差と「一般的には」言えると思いますが、あくまで「自称」なので、どの程度の差があるかは(?)です。

投稿日時 - 2011-08-11 10:57:54

お礼

回答いただきありがとうございます。なるほど、そういえばウェブサイト制作という仕事が出始めたときは、ウェブ制作が出来る人と既存のデザイナーは被らなかったから、あえて「ウエブデザイナー」になってたんですよね。たぶん。
最近はアンケートや申し込みの際の職業欄に、「ウェブデザイナー」「グラフィックデザイナー」「ウェブデベロッパー」なんて別れていたり、名刺にも肩書きが3行くらいで書いてあったり、う~~~んと思ってしまいます。

投稿日時 - 2011-08-11 12:26:07

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

厳密な定義は無いと思うので、個人的には以下のことを期待します。

ウェブデザイナー
デザインをメインに行う。
素敵なデザインを提案出来ることが最重要。
HTML/CSSコーディングも出来る。
既存のjQuery等を使ってのデザイン装飾は出来れば嬉しい。

ウェブ開発者
要求定義、要件定義、システム開発を行える。
既存CMSを設置してプラグインの導入や多少テンプレートを整えるだけだと開発者とは言えない。
既存CMSを設置する場合、問題が起きた際にソースコード/サーバ設定のレベルで速やかに行える

といったところでしょうか。
ウェブ開発者の肩書きで、プログラムについて専門知識が無かったら正直失望します。


その他
デザインもして、その他の部分も全般的に行う、
専門的な知識が必要な部分は外注を手配出来る

という感じであれば
「ウェブディレクター」
は結構しっくりきます。

投稿日時 - 2011-08-11 12:44:48

お礼

回答いただきありがとうございます。
自分の周りにも、HTMLとCSSが使えるだけでウェブデベロッパーを使っている人もいれば、tanatさんおっしゃるところのウェブデベロッパー/ウェブディレクター業をこなしつつも、肩書きをグラフィックデザイナーやアートディレクターで通している人もいて、あまり当てにならないみたいですね・・・。「ウェブディレクター」は総括的で、クライアントから見ても安心できる表現かもしれません。ちょっと調べてみたら、英語圏だと「Web art Director」という肩書きもあるみたいです。仕事が細分化されている割には、1人で総括的にこなせる形も増えて、なんかややこしいですね・・・。

投稿日時 - 2011-08-11 14:13:26

あなたにオススメの質問