みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ペット可物件だと確かめたのに・・・

今年の春、ペット可だという、新築アパートに引越しました。物件探しの時、「今はいないけれど、将来小型犬を飼いたいので、”ペット可”物件を探している」という条件を第1にお願いして、「小型犬なら大丈夫です。」というアパートを紹介してもらいました。
内見の時も、「ペット用の小さなドアもつけてありますよ。壁もペット用に下半分が工夫されているんです。リードをかけるフックも玄関にあります。」と丁寧に説明されたので、これなら大丈夫だと思って、決めました。
重説の時も、「ペット相談」となっていたので、敷金をプラス1ヶ月預けておいたほうがいいか、聞くと「飼うことになってからで、いいです。」と言われました。
契約の時も、「他に犬を飼う予定の人はいますか?」と聞くと、「同じ階のご夫婦がダックスを飼うとかで契約なさいましたよ。」と言われて、安心して契約しました。
そして、ついに小型犬を迎えることになり(パグ)管理会社へ連絡すると、「営業がなんと言ったか、わかりませんが、ペットはだめです。募集にも”ペット可”とは謳ってないはず。最初は可とう方向だったので、ダックスを飼っている部屋もあるんですよ。大家さんにお願いはしてみますが、なんせ、大家さんのご意向が一番ですから。」と言われました(泣)でも、某情報雑誌にも”新築ペット可”で載っていたはずですが、手元にその雑誌はもうありません。もらった募集(下の部屋のものでしたが)には確かに”ペット可”とも”不可”とも書いてありませんでした。契約書には、”ペットの飼育は禁止。但し、小型の犬・猫を飼育する場合は除く”とあります。
それでも、大家さんの最初と気が変わっただけで、泣き寝入りしなくてはならないのでしょうか?
何か対抗手段はないでしょうか?

投稿日時 - 2003-10-31 13:22:10

QNo.693465

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>それでも、大家さんの最初と気が変わっただけで、泣き寝入りしなくてはならないのでしょうか?

まずポイントとしてはここですよね。

契約ですから、一方が契約内容の変更の意思表示をした場合、当然その相手方の同意を得る必要があります。(そうじゃないと契約書の意味が無いですね)

今回、質問者様が契約してから犬を飼おうとするまでの間に、管理者或いは貸主等契約の相手方から契約内容の変更の通知がありましたでしょうか?また、そう言った変更に同意された記憶がありますか?
こういった具体的な手続きが無いのであれば、(ここでお話し頂いた内容以外の特約事項でも無い限り)まずこのポイントの「泣き寝入り」をする必要は全く無いと思います。

まあ、強いて言えば「小型の犬」と言う定義が曖昧ではありますが、私が過去に業者の立場として経験してきた中でもパグを小型犬から除外した記憶はありません。(ただ、一度に多くの小型犬を飼おうとされた方の場合にはお断りした事はあります)

関係各所に相談すれば、上記の契約内容の部分だけでも、十分に質問者様のご意向は通ると思いますが、伺っている限りでは、どうもその契約した業者も随分といい加減な対応をしているとしか思えないので、ここは今後の事(大家さんと喧嘩をすると印象が悪くなる恐れがあるし、今回は説明・対応した業者が悪いのですから)も考えて、契約した時に重要事項の説明をした業者を相手にして交渉しましょう。

もちろん、その業者を直接相手にする必要はありません。

全国には不動産協会とそれに準ずる機関と言うものがありますし、もっと強力な部署では「(表現は場所によって若干違うと思いますが)不動産指導課」が都道府県や市区町村にあり、無料でその手の相談にのってくれますし、立場的に消費者側に立った親身な指導をしてくれますから安心です。
お近くの市役所などに電話をして、相談内容を話せば紹介してくれます。

また、言った言わないの問題になるので今回敢えて話に触れていなかった、「小型犬なら大丈夫です。」「ペット用の小さなドアもつけてありますよ。壁もペット用に下半分が工夫されているんです。リードをかけるフックも玄関にあります。」「飼うことになってからで、いいです。」「同じ階のご夫婦がダックスを飼うとかで契約なさいましたよ。」等の業者の発言も、相談窓口に行った際に、上記の契約内容の説明の後に、補足的にすると効果的だと思います。

おまけに、ダメ押しの意味でも、同じ会社であるにもかかわらず「営業がなんと言ったか、わかりませんが」などという話が社会通念上通用するものかも、相談窓口で聞いてみると良いですね(ッテ、こんな話が通用するわけ無い事は、聞かなくても明白ですけどね)

投稿日時 - 2003-11-01 12:27:40

お礼

たいへん具体的なアドバイスをありがとうございます。どこへどう、相談したらいいのか、私達の常識は、世間の非常識ではないか?と、不安でしたがここへ聞いてみてよかったです。さっそく具体的な行動をとっていこうと思います。

投稿日時 - 2003-11-03 18:16:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

これは、法律的な問題ですね

私は法律の専門家ではありませんが
大家さんがこれはだめだと言っても
契約書には、小型の犬・猫はOK
と書いてあります。
又下見の時にペット用の様々な
設備がされております。
契約時も同じ階のご夫婦が貴方と同じ
理由で契約をしている
雑誌にもペット可と書いてある
がしかしその雑誌は廃棄
以上の事を考慮すると契約書に書いて
ある内容が一番ですので今回の
場合貴方は契約違反として
大家さん及び管理会社と不動産会社
を相手取って裁判を起こすことが
可能だと思います。
その雑誌をもっていればよかったのですが
契約書以外にお宅の情報がのっていて
ペット可と書いてあるものがありましたら
重要書類となるので取っておいたほうがよいです。


弁護事務所に相談をしてみてはどうでしょうか?

投稿日時 - 2003-10-31 17:51:24

お礼

ありがとうございます!法律的にみても違反していないとのご回答、心強いです。私達は世間知らずだったのか?と不安でしたが、法的に相談可能だとわかっただけでも、うれしいです。雑誌のバックナンバーがないか、調べてみようと思います。

投稿日時 - 2003-10-31 18:35:11

ANo.3

>営業がなんと言ったかわかりませんが・・・
ここが大問題です 少なくとも客と接する営業が
客に対していいかげんな情報を言ったのですから
全面的に管理会社の責任です。

>最初は可とう方向だったので、ダックスを飼っている部屋もあるんですよ。大家さんにお願いはしてみますが、
なんせ、大家さんのご意向が一番ですから。

確かに大家さんの意見は大切です ダックスがよくて
パグがだめな理由を聞いてみましょう。
おそらく 明確な回答は得られないはずです。

一方大家さんの立場で言うと やはりペットは家が
傷みますし 泣き声臭いなど近所トラブルの元に
なりかねません。小型でも鳴く犬はいますからね。

結論で言えば契約書を盾にしてパグを飼う事はできる
でしょう が 退出時に敷金の問題で難癖をつけられ
そうですし 泣き声などでクレームをつけられるかも
しれませんね。

投稿日時 - 2003-10-31 14:47:50

お礼

アドバイス、ありがとうございます!
管理会社の担当者と営業の担当者と、同じ会社なのに言うことが違うとういうことがよくあって、その度に、「営業がなんと言ったかわかりませんが、管理から言わせてもらうと・・・」と、強く言われると、なんとなく、管理にも重ねて連絡しなかった私達が悪いのかと思っていました。担当者に対して、もっと納得いく説明を求めていこうと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-10-31 17:10:36

ANo.2

 契約書には「ペットの飼育は禁止。但し、小型の犬、猫を飼育する場合は除く」とあればパグなら大丈夫でしょう
契約違反にはなりません
 ペットの飼育が出来ない場合は、契約違反ですから相手方に移転費用を請求されたら如何ですか

投稿日時 - 2003-10-31 14:14:54

お礼

ありがとうございます!契約には、後でもめないようにと、いろいろ質問して行っていたのですが、「募集では謳っていないはずです!」と言われ、募集広告にまで、気をつけなければならない点があるとは思ってもいませんでした。契約違反ではないとのアドバイス。心強いです。

投稿日時 - 2003-10-31 17:21:35

ANo.1

本当にペット可の物件を紹介してもらう。
その際、敷金礼金面で優遇してもらうとか、色々交渉してみる。
今の物件のまま希望を押し通すのは、結果、大家さんや不動産屋から目を付けられる??

投稿日時 - 2003-10-31 13:47:21

お礼

ありがとうございます!管理会社の人に「よく確認しなかったあなた方が悪い」という態度をとられて、契約時いろいろ質問した私たちに「○○○不動産(有名)を信じて下さい。」と言われ、ある程度信じてしまった私達の責任かなのか?と反省していました。しかし、交渉の余地ありとわかり、色々お願いしてみようと思います。

投稿日時 - 2003-10-31 17:38:09

あなたにオススメの質問