みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

何で電力がないとされている東電が他社に融通できるの

東北電で停電の危機、東電が融通拡大 午後1時から実施
2011.8.6 13:11
 東北電力は6日、電力不足に陥る可能性が高まったため東京電力からの融通を30万キロワットから80万キロワットに拡大すると発表した。午後1時から実施する。当初、見込んでいたより気温が高めに推移し、冷房需要が増えると見込まれるため。

 ただ、融通を受けても需要に対する供給余力を示す予備率は3・2%と、安定供給に必要とされる8~10%を大きく下回り依然厳しい状況だ。

 東北電力は、先の新潟・福島豪雨の影響ですべての水力発電所が停止し、供給力が100万キロワット低下。東北電の供給力は、すでに受けている東電からの融通30万キロワットを加えても1158万キロワットで、この日想定される最大需要1170万キロワットをまかなえない見通しとなった。このため、融通の50万キロワット上積みを要請し1208万キロワットを確保した。

 この日の東電の供給力は東北電力への融通分を差し引いても4960万キロワットで、想定する最大需要は4190万キロワットに対する予備率は18・4%となる。

 東電は、自社管内で余裕があるときは最大140万キロワットの融通を約束しており、東北電は「需給が逼迫(ひっぱく)する状況にはない」としている。

 予備率が3%を割り込むと、東北電は政府に連絡。政府は東北電管内の地域に電力需給逼迫警報を発令し、節電を求める。それでも需要が落ちないときは、計画停電に踏み切る。東北電は震災後、計画停電は実施していない。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110806/biz11080613120010-n1.htm

何で電力がないとされている東電が他社に140万KWも融通できるのですか?
東電は電力不足って云う割には、l何か裏があると思いませんか?

投稿日時 - 2011-08-07 00:35:47

QNo.6926301

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

電力不足という話そのものが、経済産業省教の信者の作りあげた作り話だということです。

電力が足りないといって脅して電力不足に見せかけているだけなのです。

東北電力は現在原発への依存度が零なので、その実績が明るみにでると原発がなくても大丈夫なことがばれてしまうので都合が悪いのでしょう。

そもそも例えば新潟県は原発依存度零の県なので全く関係ないです。柏崎原発の電気は全部関東で使ってますからね。それでも足りなくて信濃川の水力の電気も東京に送ってるくらいですからね。原発はなくても全く困らないことには変わりないです。

山形県にも秋田県にも原発はないですが、太平洋側に電気を送っているんですよ。本当は原発なんかなくても全く困らないんですよ。

投稿日時 - 2011-08-07 22:45:24

お礼

そうだよね
そういうことを知らない若干2名の方がここの回答で
「幼稚園児」「うざい。」「脳みそはないのか」そして「馬鹿呼ばわり」している。

東電などの手口に巧く嵌められている国民がなんと多いことか。。。。。

投稿日時 - 2011-08-09 00:13:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.11

No7です。

 日々の発電量は、雨量や揚水式発電所の貯水池の水の量、故障やメンテナンスなどで日々変動します。供給見通しは日々変わるものと理解してください。

 今回は水害で東北電力の水力発電所が壊れています。東京電力の鹿島では急いで復旧して調子が悪い炉があって一部止めたりしています。横須賀では解体予定の炉を復活していますが、一部は解体が始まっていて、慌てて復旧しようとしましたが間に合わないものもありました。
 100万kw単位で供給力が減っているのは、原子力発電所がメンテナンスに入ったあと再起動が出来なくなったことによるものです。原発憎しの結果でしょう。

 金に糸目を付けずに電気を作っても工場がコスト高になって海外に移転、日本から仕事がなくなってしまいます。電気は家庭だけで使っているわけではありません。

 環境問題(水がしみこんでがけ崩れがおきる)でフル運転できない揚水式発電所をフル稼働すれば、夜に水を汲み上げて昼の発電量を増やすことは可能ですが、効率が悪く、更に高い電気代になってしまいます。本当に足らなくなれは環境問題を無視して汲み上げる可能性はあります。

 火力を増やせば二酸化酸素排出量の削減は不可能です。自然エネルギーはたとえば風力はドイツでも発電量の6%ほど、火力や原子力の代わりにはなりません。水力も主な川には発電所が建設済みです。

 今年は何とかなりそうですが日本の電力供給は行き詰っています。

細かい情報は参考URLを参照のこと。

参考URL:http://www.shimbun.denki.or.jp/news/press/index.html

投稿日時 - 2011-08-09 14:19:17

ANo.10

当時は電力がなかった。
いまは火力がかなり復旧して、電気が余っている。

もっとも、元々余力はあった。
古い発電機を再稼働するのに時間がかかっていただけ。

投稿日時 - 2011-08-08 19:29:37

お礼

そうだよね
そういうことを知らない若干2名の方がここの回答で
「幼稚園児」「うざい。」「脳みそはないのか」そして「馬鹿呼ばわり」している。

東電などの手口に巧く嵌められている国民がなんと多いことか。。。。。

投稿日時 - 2011-08-09 00:09:16

ANo.8

もちろん電気が余っているからですよ!原発村の住人のやらせですよ。

投稿日時 - 2011-08-07 18:20:33

お礼

そうだよね
そういうことを知らない若干2名の方がここの回答で
「幼稚園児」「うざい。」「脳みそはないのか」そして「馬鹿呼ばわり」している。

東電などの手口に巧く嵌められている国民がなんと多いことか。。。。。

投稿日時 - 2011-08-09 00:14:01

ANo.7

裏はないでしょう。

 震災発生後は供給力が3300万kwまで落ち込みましたが、現在は5200万kwまで回復しています。以下に東京電力の今日の需要予測が載っていますがかなり余裕があります。
http://www.tepco.co.jp/forecast/index-j.html

 東北電力は大雨で水力発電所が壊れて東京電力から融通を受けてもぎりぎりです。
http://setsuden.tohoku-epco.co.jp/graph.html

 地震で被害を受けたのは原子力発電所だけでなく火力発電所も同じでしたが、千葉、東京、神奈川の火力発電所は1月以内で復旧しました。
 茨城、福島、宮城の火力発電所の復旧は難しいとされていましたが東京電力の発電所はほぼ復旧、需要のピークに間に合いました。

7月までに復旧した火力発電所
広野、勿来(なこそ)・・・福島
常陸那珂、鹿島・・・茨城

まだ復旧していない火力発電所
仙台、新仙台・・・宮城
新地、原ノ町・・・福島

特に広野(200万kw)、常陸那珂(100万kw)、鹿島(400万kw)の復旧は大きいです。更に止まっている古い発電所の再稼動(横須賀)や発電機の増設、大規模な自家発電設備を持っている工場などに協力を依頼しました。

http://www.nejinews.co.jp/news/business/archive/eid989.html
この後、水害や原発の停止で供給力は落ちています

 情報は随時公開されていますがマスコミが報道しないだけです。

 それから、今年の夏は特に暑いわけではないので電力消費量が伸びません。
36℃とかになれば電力融通は出来なくなって計画停電になるかも知れません。

 最後に、電気をかき集めたのはいいのですが、石油の値上がり等とあわせて電気料金に跳ね返ってくるでしょう。

投稿日時 - 2011-08-07 11:05:33

お礼

>最後に、電気をかき集めたのはいいのですが、石油の値上がり等とあわせて電気料金に跳ね返ってくるでしょう。

大停電になるよりはマシだと思うのです

>東電の現在の供給能力は約5190万kwとなっています。

日によって、供給能力がコロコロ変わるのは何故だろう?

さっき、東電のオペレーターに聞いたら本当かどうか知らないけど「最大電力供給量は5460万kw」っていってたよ

5200万kwと随分と違う数字じゃない。

投稿日時 - 2011-08-09 12:06:50

ANo.6

>武田邦彦
このおっさん恣意的に数字を曲解するからなぁ

>電気設備    6300万キロワット
>やられた原発   200万キロワット(運転中のもの(203))
>差し引き    6100万キロワット(作る事ができた電気)

>福島第一原発の発電量は全部で470万キロワットだが、事故当時、4号機から6号機までは定期点検中で、もともと動いていなかったから、3月14日に東電が「実質的に事故でやられた原発の発電量」はわずか200万キロワットだったのだ!
>残りは6000万キロワット。それに対して東電管内の国民が使った電気は2800万キロワットだから、ジャブジャブ余っている。
もうこの辺からいい加減。
差引6100万kwとか書いているが、定期点検中の原発が計算から抜けている。
(ご自分で定期点検中と指摘しているくらいなので別の解釈があるとも考えられない)
本来であれば他の定期点検中・廃止予定の発電余力も考慮すべき。

>2) 設備をいつも休ませていた。
需要が無い字に稼働率を落とすのは当たりまえ。
資源が無限にあると思っているのだろうか?
また、止まっている設備がすぐ動くと思っているのも馬鹿。
現実を知っているのか

あとは。。。もう書くの面倒

>「節電」「電気が足りない」と、言っているのは、東電や菅政権よりも、御用学者や経団連、経済同友会等、東電擁護派、原発推進派だと思いますよ。
>電力会社とステークホルダー、切っても切れない関係だとわかります
は?あたりまえじゃん。
いまじゃ太陽光発電利権がうごめいているけど、
そっちは良いの?

>東電の燃料タンクって空なんですか?
>あれから5カ月、燃料補給一切しようと考えすらしないのですか?
燃料って使わないからって何年も置いておけないの。
価格リスクヘッジしながら数年先まで計画してるの。
急に買いたいと言ってスポットで高値の燃料買って電気代に還元するの?
九州電力なんて初夏のころ燃料調達計画が立たなくて大変だったよね。
買えた燃料も200億の予定が出費だし。

>東電、菅政権の言うことを疑いもせずすんなり信用して、情報リテラシーのない人にだけは暴言を言われたくない
トンでも学者をすんなり信じるのも問題じゃない。

投稿日時 - 2011-08-07 10:38:29

お礼

>止まっている設備がすぐ動くと思っているのも馬鹿。

火力なら原発と異なり、再稼働はそんなには時間かかりませんよ

>いまじゃ太陽光発電利権がうごめいているけど、
菅とソフトバンクが仲良くしているよね

>燃料って使わないからって何年も置いておけないの。

もともと不稼働の火力発電所なのだから、普通LNGなり石油を新たに輸入することになるけど

>急に買いたいと言ってスポットで高値の燃料買って電気代に還元するの?
高値だから燃料買わないって論理で、発電しないで電力不足・大停電に至るなんてことは普通しないよね
高値だろうが、電力が不足しているなら、燃料を買って電力を作るよね。
今、燃料費が高騰したら消費者に転嫁する、そういうシステムになってるってこと知らないの?
燃料費が高いから電気を作りませんってことになったら、法に触れる行為だよね

>トンでも学者をすんなり信じるのも問題じゃない

じゃあ、普通のこの記事は?どう思う?
東電、電力使用率を情報操作 恣意的に数値を高く見せる
植田武智
20:25 06/24 2011 

 Yahooや東電のホームページ、駅の電子掲示板などで表示されている「電力使用状況グラフ」の使用率数値が、水増しされていることが分かった。「ピーク時供給力」を、稼働可能な設備のフルの容量ではなく、そのつど東電が恣意的に決めた「供給目安」の数字とすることで分母を減らすのがその手口で、実際より15%も上乗せされている日もあった。この指摘に対して東電は「確かに『本日のピーク時供給力』というのは分かりにくいですね。それとは別に本当の『最大供給能力』というのがあるのは事実です」と認めたが、「今後7~8月と需給がひっ迫してくればおのずと本当の上限値に近づきます」と、恣意的な目安に過ぎない数字をピークだと偽り続けている責任など、知らぬ顔だ。
________________________________________
【Digest】
◇電力使用率100%を超えたら大停電の可能性
◇東電の「ピーク時供給力」は恣意的に操作されている
◇「確かに最大供給能力ではありません」と東電
◇過度な節電は子供、高齢者の熱中症の危険性が
◇東電・政府の電力不足キャンペーンに公正中立な検証を
________________________________________
http://www.mynewsjapan.com/reports/1453

投稿日時 - 2011-08-08 23:59:43

経済産業省と東電の嘘でしょう。

原子力特措法に反対しなかった理由は、自公政党に責任を被ってもらう為、口出ししませんでした。

つまり、選挙で落選するため。

投稿日時 - 2011-08-07 08:17:45

ANo.4

発電量は発電機容量と燃料
供給量で決まります。空の
タンクでは発電機を沢山並

べても発電量はゼロです。
2番のお礼には燃料量の記載
が何も在りませんよね。

燃料について調べないと電
力供給力の結論は出来ない。

水の状況を考慮せずに水力
発電量を決め付ける事と同
様であり考えが足りません。

投稿日時 - 2011-08-07 06:18:24

お礼

東電の燃料タンクって空なんですか?

あれから5カ月、燃料補給一切しようと考えすらしないのですか?

投稿日時 - 2011-08-07 06:32:37

ANo.3

直接の回答ではありませんが、

「節電」「電気が足りない」と、言っているのは、東電や菅政権よりも、御用学者や経団連、経済同友会等、東電擁護派、原発推進派だと思いますよ。
何しろ、原発は建てれば建てるほど、電力会社のステークホルダー(利害関係者)が儲かるようにできていますから。http://www.youtube.com/watch?v=9m0Qr1gHfpw&feature=related

経団連は先月、軽井沢で原発企業を集めて、原発推進集会を催したそうです。
ただ、内閣にはこういう人も居ますね。http://www.youtube.com/watch?v=qOk3MQVRDoQ
与謝野氏は国民より、地位やお金の方が大事なんですよ。

東電は新社長になってから、TVで、電気は足りている、関西に融通しても良いと発言しましたし。

民主党の川内博史氏は、ネット上でいつも、原発無しでも電気は足りていると主張しています。

JR東は自家発電ですよね。なんで、節電運行する必要があるのでしょうか?

ANo.2のお礼を拝見しました。
関心しました。

投稿日時 - 2011-08-07 04:57:21

お礼

総括原価方式、初めて知りました。

この方式だと、原発をじゃんじゃん作りたくなりますよね。

電力会社とステークホルダー、切っても切れない関係だとわかります

JR東は信濃川だったっけ?違法に水を採取。その水で莫大な電力を作ってますよね。
信濃川が枯れない限り、節電運行する必要はないと思うのです

投稿日時 - 2011-08-07 06:59:18

ANo.2

東電の現在の供給能力は約5190万kwとなっています。ですから、それまで東電が東北電力に融通していた30万kwは0.6%に過ぎません。80万kwに増量しても1.5%に過ぎないのです。現在、首都圏各線は節電ダイヤで運行していますし、大口ユーザには強制的な節電も求められています。それぐらいの余力さえ生まれないようでは話になりません。東電にとっては1.5%であっても発電規模の小さな東北電力にとっては大きな増援部隊となります。なんつうか幼稚園児じゃあるまいし、言葉の上っ面をいちいち本気にしないでもらいたい。本当にうざい。脳みそはないのか?

投稿日時 - 2011-08-07 02:26:06

補足

>東電の現在の供給能力は約5190万kwとなっています。

日によって、供給能力がコロコロ変わるのは何故だろう?

さっき、東電のオペレーターに聞いたら本当かどうか知らないけど「最大電力供給量は5460万kw」っていってたよ

5190万kwと随分と違う数字じゃない。

投稿日時 - 2011-08-09 12:01:01

お礼

東電、電力使用率を情報操作 恣意的に数値を高く見せる
植田武智
20:25 06/24 2011 

 Yahooや東電のホームページ、駅の電子掲示板などで表示されている「電力使用状況グラフ」の使用率数値が、水増しされていることが分かった。「ピーク時供給力」を、稼働可能な設備のフルの容量ではなく、そのつど東電が恣意的に決めた「供給目安」の数字とすることで分母を減らすのがその手口で、実際より15%も上乗せされている日もあった。この指摘に対して東電は「確かに『本日のピーク時供給力』というのは分かりにくいですね。それとは別に本当の『最大供給能力』というのがあるのは事実です」と認めたが、「今後7~8月と需給がひっ迫してくればおのずと本当の上限値に近づきます」と、恣意的な目安に過ぎない数字をピークだと偽り続けている責任など、知らぬ顔だ。
________________________________________
【Digest】
◇電力使用率100%を超えたら大停電の可能性
◇東電の「ピーク時供給力」は恣意的に操作されている
◇「確かに最大供給能力ではありません」と東電
◇過度な節電は子供、高齢者の熱中症の危険性が
◇東電・政府の電力不足キャンペーンに公正中立な検証を
________________________________________
http://www.mynewsjapan.com/reports/1453

「節電」は本当に必要なの?(2) 本当は津波ではなかった!



先回、電気代がなぜ高いかを設備稼働率ということで整理をしてみた。



原発事故が起こった後の3月14日、東電の設備は6300万キロワットもあるのに、東電管内の国民が使った電気は、わずか2800万キロワットだった。



それでも東電は「計画停電」をすると言い張っていた。



その理由は「原発が事故を起こしたから」ということで、多くの国民は「仕方が無い」と思った。



・・・



3月14日の状態



電気設備    6300万キロワット



やられた原発   200万キロワット(運転中のもの(203))



差し引き    6100万キロワット(作る事ができた電気)



消費量     2800万キロワット



・・・



えっ!と驚く数字だ。



福島第一原発の発電量は全部で470万キロワットだが、事故当時、4号機から6号機までは定期点検中で、もともと動いていなかったから、3月14日に東電が「実質的に事故でやられた原発の発電量」はわずか200万キロワットだったのだ!



残りは6000万キロワット。それに対して東電管内の国民が使った電気は2800万キロワットだから、ジャブジャブ余っている。



これほど余っているのに「計画停電」をした。国民は大変な迷惑を被ったが、政府(経産省)も、マスコミもこのトリックはほとんど言わなかった。



・・・



どこにトリックがあったのだろうか? 実は「福島原発が想定外の津波で壊れたから停電」ではなく、

1) 東電は原発だけではなく、火力発電の耐震性もサボっていた、



2) 設備をいつも休ませていた。



の2つが主な原因だった.



繰り返して言いたいのだが、3月の計画停電は、



「地震で福島第一が事故を起こしたから電気が足りなくなった」



のではなく、



「地震や危機に対する東電のあまい体質がもたらしたもの」



だった。



実際に東電はどんな状態に陥ったのだろうか?(単位は万キロワット)



総発電能力               6266



福島第一で動いていてダメになった量    203



福島第一で休んでいた量           78



津波でやられなかった福島第一       188



津波でやられなかった福島第二       440



地震でやられた火力発電所の量       680



(止まった総量)            1588



(津波に関係なく泊まった量)      1308



地震後の総発電量            4678
3月14日の消費量           2800



・・・



これでもまだとんでもなく余っていた(約2倍)。



「計画停電」を大々的に発表したが、現実には実施しなかった。それは、詳しく調べると現実には電気はあったということになるからだ。



でも、こうして内容を見ると、ずいぶん印象と違う.



東電は「津波でやられた。想定外だった」と言っているが、実は津波で破壊したのは、6266キロワットのわずか3%、203キロワットに過ぎない.
            
武田邦彦
http://takedanet.com/2011/06/post_98ab.html

「東電の現在の供給能力は約5190万kw」ではなくて6000万kwは軽く超えてるんじゃない?

東電、菅政権の言うことを疑いもせずすんなり信用して、情報リテラシーのない人にだけは暴言を言われたくない

投稿日時 - 2011-08-07 02:59:37

ANo.1

東電も嘘の固まり、我々国民にホントの事は言いません。
てか、東電に言わせると「お前らに言う必要はない」かな?

投稿日時 - 2011-08-07 00:53:23

お礼

東電や菅政権は国民をバカにしてるよね

投稿日時 - 2011-08-07 02:02:21

あなたにオススメの質問