みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

景品法について

景品法についてお尋ね致します。
以下に書きました、雑誌たお菓子、音楽CDの「おまけ」が、
すべて景品法の範囲なのかも、お知らせください。


●雑誌に付ける付録の販売価格に対して、
  付けていい付録の価格は○円以下までとか、制限はありますか??
  (1~2年前に某社が、付録で雑誌の部数を
   伸ばしたと思います。)

●他の商品のおまけの金額の制限について
  (1) お菓子(チョコレート)のおまけ(景品)
  (2) 音楽CDの特典
(アーティストのTシャツ、携帯ストラップ等のグッズ、
     握手券等々)

投稿日時 - 2011-07-25 12:51:47

QNo.6898198

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>数百円の雑誌に、ブランド物のポーチとかを付録で付けていましたが、
>『総付け景品』の金額の範囲内ということでしょうか??

ご参考。
http://www.jbpa.or.jp/nenshi/pdf/p74-79.pdf

上記pdfから一部抜粋。

もうひとつ継続している問題が「付録」の問題である。規約・規則では「付録」は,
印刷物に限定されている。さらに付録ではなく,景品でもない物品を雑誌につける
ことも可能であるが,それは雑誌の「編集に関連し,かつ,雑誌と一体として利用す
る教材その他これに類似する物品」(雑誌業景品制限告示)と規定されている。昨
今雑誌につけるアクセサリーやバッグが果たしてこれに当てはまるのか,これからも
議論が必要である。

抜粋ここまで。

雑誌付録の中には「雑誌と一体として利用する物品」である事を明確にする為に「分売不可」と明記してある物もあります。

投稿日時 - 2011-07-26 10:29:47

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-07-26 10:41:11

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

ご参考。
http://www.conifer.jp/coni_mame168-2.html

商品の種類(役務の内容)によって範囲や額が変わったりはしません。雑誌だろうがチョコだろうがCDだろうが限度は同じです。

投稿日時 - 2011-07-25 13:16:25

お礼

わかりやすい回答、誠にありがとうございます。

今一つ質問してもよろしいでしょうか?
1~2年前(現在もかもしれませんが、、)から、宝島社の女性雑誌で、
数百円の雑誌に、ブランド物のポーチとかを付録で付けていましたが、
『総付け景品』の金額の範囲内ということでしょうか??
(付録のブランド(企業)が、宣伝扱いで安く提供したのでしょうか?)

投稿日時 - 2011-07-25 21:19:08

あなたにオススメの質問