みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自己破産制度

よろしくお願いします。
零細企業の会社社長が、多額の債務を抱え、支払い不能の状態にあります。
弁護士に委任し裁判所に自己破産の申し立てを行いました。
今は弁護士が委任を受け、準備中らしいです。
私も債権者のひとりですが、時間ばかりが過ぎていき、破産管財人がいつ擁立されるかも
わかりません。

1、自己破産が出来なければ、不渡りを出した会社は、まだ事実上の倒産とは言えないのですか?
2、裁判所が自己破産の却下(取り消し)をくだすことってありますか?
3、債権者は、早く債権を回収したいので、第三者に約束手形を安売しようと考えますが、
  法律上、問題ありますか?

投稿日時 - 2011-07-14 00:14:32

QNo.6874403

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

1 不渡りを2回出せば,事実上の倒産です。どの金融機関も相手にしません。
2 詐欺的な,計画的なものでない限り,自己破産が認められないことはないでしょう。
  ただし,自己資産があって,この処分に時間を要することは多々あります。
3 問題はありませんが,そんな約束手形を買う業者なんて押して知るべし。
  額面の10%も回収できればしめたものです。

投稿日時 - 2011-07-14 01:09:25

お礼

お礼がおそくなりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-08-18 07:36:32

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問