みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ヘリコプター

本物のヘリコプターのホバリングは、
どれくらい難しいのですか?
そしてどのようなやり方なのですか?

投稿日時 - 2011-07-12 21:49:58

QNo.6871827

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

No.2です。ラジコン・模型カテでもラジコンヘリのご質問を立てられているようなので、補足を
入れさせて頂きます。

>普通のラジコンヘリとは、違うような操作なのですね。
多分、トイラジコンが先に来てのお考えなのでそう思われてるかもしれませんが、屋外で
飛ばすサイズの一般RCヘリは原理的には実機ヘリと全く同じ方法で操縦します。

操作の違いとしては両手両足を使うのではなく、両手親指で2本のスティックの4方向で行う
ことくらいで、3軸方向回りプラス上下動、の4種類を操作していることに変わりありません。
シングルローターであれば、前後左右もサイクリックピッチによってですし、テールローター
ピッチで機首回頭を行うのも同じです。

最も違うのは「操縦者から見た機体の前後左右が入れ替わる」ということです。実機では
機体の右は操縦者にとって必ず右ですが、ラジコンは機体の外から見て、機体が回って
180°反転してしまえば前後左右すべて逆になります。さらに背面では天地さえ逆です。
このため、ラジコンヘリの正面ホバリング(機体テールを後ろから見る、通称ケツホバ)の
次の難関は「側面」「対面」ホバリングとなっています。ここを超えないと、自由に飛ばせる
段階とは言い難いのです。これはRCヘリ独特の難しさです。

実機ヘリの話に戻ると、旅客機パイロットとして2万5千時間の飛行時間を持つ方が
書かれた本(「こっくぴっと」航空新聞社刊)にヘリコプター操縦の話も出てきます。
既に旅客機パイロットとして実績もあり、日本陸軍から委託で飛行教官も務めた方
でも、ヘリコプターは最初のホバリングは、「ほれ何処へいくの、酔っ払ってるの?」
とヘリ教官に言われるくらい安定させられなかったそうです。また、「飛行機の倍くらい
疲れる」・「ひとときも操縦装置から手が離せないので苦しい」とも書かれています。
ただ、付け加えておくと今のRCヘリはテールローター制御はジャイロがほぼ完璧に
行ってくれます。また実機にはSAS(stability augumentation system)と呼ばれる
安定装置が実装されたものもあって、操縦者負担を軽減してはいます。

投稿日時 - 2011-07-14 06:17:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

先に、「>どのようなやり方なのですか?」についてですが、操縦方法について説明します。

・上昇下降に関しては「コレクティブ ピッチ(collective pitch )レバー」というものがあり、
メインローターの全体のピッチを変更して行います。これは操縦者の左手にあり、左腕で
上下させます。実機ではエンジン回転は飛行中はガバナーで一定に保たれ、上下動は
このピッチ変更で行われます。
・前後左右の移動に関しては、操縦桿によって「サイクリック ピッチ(cyclic pitch)」を操作
します。これはメインローターのピッチを「周期的に」半周ずつ片方を増やしもう片方を減ら
す事でローター面を傾斜させて行います。操作だけでしたら知らなくてもいいのですが、
この時「ジャイロの摂動(プリセッション、precession)」という現象があり、実際にはピッチ
を増減するのは回転方向に対し90°早い部分です。左右横への操作を「ラテラル(lateral
コントロール」と言い、前後操作を「フォア&アフト(fore&aft)コントロール」と言います。
いずれも、希望移動方向へ操縦桿を倒して行います。
・左右回転ではシングルローターヘリではテールローターのピッチを変更します。これは
両足前にあるペダル/バーを交互に前後させて行います。飛行機のラダーペダル同様、
踏んで前に出した側に機首が回ります。

ホバリングではこれらを同時操作することになります。シングルローターヘリでは左右
対称ではないので、テールローターを僅かに反トルク方向に踏み、その推力で横に流れる
(ドリフトという現象)のを止めるため僅かにラテラル操作をし、高度と前後はコレクティブ
とフォア&アフト操作で制御します。「>どれくらい難しいのですか?」は説明が難しいの
ですが、実機飛行機の操縦が出来る人でもヘリコプターとなると、初めは前後左右に揺れ
たり、勝手に移動したり、機首が回るのを止めることが出来ない、ということが多々ある様
です。ラジコンヘリでもそうなのですが、ヘリの運動周期というか「当て舵」をするタイミング
をつかむのが難しさの一因になっていると思います。

投稿日時 - 2011-07-13 01:11:17

お礼

普通のラジコンヘリとは、違うような操作なのですね。
いつか、ヘリコプター操縦してみたいです

投稿日時 - 2011-07-13 15:31:11

ANo.1

私はパイロットでは有りませんが、聞いた話やシュミレーションゲームの経験しか有りませんが、強烈に難しいです。

ヘリの操縦には飛行機の操縦桿みたいな、前後左右の動きの為にプロペラの調整するサイクリック、高度と速度の調整の為にプロペラの角度を調整するコレクティブ(シートの横に車のサイドブレーキの様に付いている)、それと機体の方向を調整するペダルが2個(テイルローターの操作)

まず素人には離陸すら出来ません。
どうなるか?
コレクティブをゆっくり引き上げて上昇しますが、この状態で機首が上がり始めると同時にプロペラの反動で機体が右に倒れようとします。素人はそのまま成す術もなく横倒しの状態で墜落ですわ。

まあ、離陸できたとしましょう。前に進んでみます。サイクリックを前に倒します。前進を始めると同時に高度が上がります(機首も上がる)。コレをコレクティブを下げて高度を押さえます。
さらに、機体の癖で左右に頭を振るのでペダルで調整します。
もあ、これも素人では機首が上がった状態を回復しようとしている内に横倒しで墜落です。

では、着陸。
目的地の上空でホバリングしているとします。
サイクリックを調整して降下を始めますが、プロペラのピッチが変わるので機体の位置がブレ始めます。
これをコレクティブとペダルで調整します。
全然違う場所に下りるか、降下が速すぎて地面に激突、バランス崩して墜落。といったところ。

ホバリング
ここまで書くとどれだけ難しいか判ると思います。両手・両足を駆使して機体を静止させる必要が有ります。
救助活動で殆どその場を動かさないのは素人が考える100倍は難しいと思ってください。

固定翼機のように操縦桿を前に倒せば降下。とか簡単仕組みではなく、(サイクリックを)前に倒せば前進するだけでなく上昇もするのです。これをコレクティブを使って調整するのですが、同時に速度も変わると言う奇怪な乗りもです。

間違っても、観よう見まねで飛ばせる物では有りません。固定翼機なら有る程度は可能でしょうが。

http://www.munage.com/manual.htm

投稿日時 - 2011-07-13 00:41:02

お礼

なるほど、いろいろわかりました。
すごい難しいのですね

投稿日時 - 2011-07-13 15:30:27

あなたにオススメの質問