みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

完成保証制度について

富○ハウスやアーバン○ステートなどの実例があるので、新築を作るにあたり、完成保証の保険を付けようと思ってます。

そこで、内容をちょっと調べたのですが、保証会社によって内容って大きく違うのでしょうか?
施工会社への請負金の支払い方法で一般的なのが、着工時、上棟後、完成時の三回払いだと聞きます。
ただ、JIO(日本住宅保証検査機構)と所は、着工金はまだ何もしていないお金なので、上棟後に払ったお金から保証対象と聞きました。

別の住宅保証機構というところをみましたが、着工金に関しての表記は特に無く、前払い金という事に対して保証と表記があります。

これは、着工してようがしてまいが、施工会社に対して払った金額の補てんがされると言うことなのでしょうか?

それとも一般的にはJIOの様な場合が常識なのでしょうか?
あと、実際にどの部分を重視して保証会社を選定したら良いのでしょうか?
アドバイスご意見お願いします。

投稿日時 - 2011-07-10 10:49:50

QNo.6866282

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

http://www.how.or.jp/kansei/naiyou.html
住宅保証機構は2通りの保証があります。
Aは工事を引き継いだことによる仮設工事の増えた工事費の保証(契約によるが請負金額の20%限度)
BはAにプラスして前払い金の出来高との差額保証(契約によるが請負金額の20%限度)です。

仮設は、足場や重機リースです。倒産した会社の足場は撤退するので仮設工事をもう一度組むことで費用がかさみます。それに対しての保証があるということです。

前払い金とはたとえば着工に300万払ったけど基礎を100万作って倒産。200万分の材料納入も工事もしてもらえなかったときは出来高は100万前払い金は300万です。
差額200万が別の業者にお願いすれば必要になります。工事金額が2000万で完成保証を10%契約してあればそれを払ってもらえます。
>着工してようがしてまいが払った・・そうそれが前払い金です。

JIOはこれを両方まとめて700万または請負工事金額の30%まで保証する一本化のやり方です。
2000万円なら600万までですね。で1棟105,000円ですか。

住宅保証機構はもともと木造住宅協会といい、瑕疵保証の保険ができる前もっと古くから瑕疵保証をしてきた団体です。登録業者も多く長い歴史があるところです。なので、煩雑でも保証を1%~20%など細分化させて多くの人に少しでも保証をという考えなのでしょう。JIOはまだ新しい団体です。不況下にできたので合理化は徹底されているとも言えますね。しかし、地盤とセットで登録業者を増やしています。

どちらも納得するところで決めるしかありません。住宅保証機構のBとJIOの保証が内容は似ていますね。
最大の保証をと思うなら30%なのでJIOさんでしょう。

どちらにしろ倒産すれば少しは資金をロスします。余裕を持って資金計画をしましょう。

投稿日時 - 2011-07-10 17:23:35

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

保証会社の完成保証掛けたから安心 とは 考えません 
保証額に応じての掛け金 万一の場合 予定していた設計&施工の質や格が保証されない
保証会社員が建築に深い理解があるとは思えない 又 建築とは0から100までの継続性が最も重要
万一に如何に対応するか、契約の中で保証される手立てはないかと考え
施工会社に、同等の施工の質格を持った、完成の連帯責任施工会社を用意させる
支払いは、施工の進行状況に添った分割払い制とし、設計者が査定します
其の為には、設計+施工 一括契約はしない事、いざと言う時に専門家の味方が居る事
先ず第一は、危なそうな施工会社は避ける事、例えば安く受注したがる社は危ない
施工会社の社長に会い、会社屋や現場を見、社員の質を見ると、何かしら解る

投稿日時 - 2011-07-10 11:22:51

あなたにオススメの質問