みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

高校受験

中3女子です。
今私は学校に行ってなくて俗にいう不登校なんですが、不登校な人でも高校入れますか?全日制は無理だと思うので定時制を考えています。定時制のこと詳しくないので、受験資格とか分からないのですが、受験の筆記テストでは中学1年~3年の問題が出るのでしょうか?

ゴチャゴチャになってしまい申し訳ありません。回答お待ちしております。

投稿日時 - 2011-07-09 17:11:53

QNo.6864823

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

 中学の時ずっと不登校で、現在は通信制の高校に通っている者です。
 高校、といっても全日制・定時制・通信制など色々ありますので、絶対にここに入りたい! というものがないのであれば、入る・続ける気持ちさえあれば「高校に入ること自体は」可能だと思います。ただ、下の方も書かれているように義務教育は中学までなので、続かなければ退学、留年などもあります。
 全日制の場合、内申が全くないのであれば、試験で勝負するしかありません。もしも内申がある人と同じくらいの点数を取った場合、内申のある人が優先されるのは仕方のないことだと思って下さい。定時制であれば、倍率の高い高校でない限り、ある程度の学力や常識があれば入れると思います(直接学校に問い合わせてみて下さい)。通信制は基本的に無試験、書類提出だけで入れると思います(私の所はそうです)。
 ちなみに通信制は、学校に行く回数が少ない分(一週間に一回くらい)、家でレポートというものをやらなければなりません。こつこつ自習ができる人であれば3~4年で卒業できますが、そうでない人は何年かかっても卒業できません(単位が取れないので)。

 私は中学の不登校の時に自己分析をするようになり、自分自身でも知らなかった自分の気持ちや性質など、結構分かってきました。中3になるまでは全日制も視野に入れていましたが、中3で引きこもり状態にまで悪化してしまい、その時に私は全日制に行ったらまた不登校を繰り返してしまうのではないか、と思うようになりました。
 不安も抱えながら、通信制の高校に入学となりましたが、今はすごく気持ちが楽になりました。友達を作ったりグループに属したり、そのようなことが嫌い(苦手)な私にとって、スクーリングのある日のみ通い、淡々と単独行動ができる通信は、私にはとても合っていたと感じています。
 一番大切なのは、質問者様が生き生きと通える高校を選ぶことだと思います。せっかく全日制に受かっても、また不登校になってしまったりすると、ショックと挫折感を味わうことになってしまいます。今は様々な道がありますから、ご自分に合った高校を探されるといいと思います。

 行きたい定時制の高校があるのでしたら、一度説明を聞きに行くことをお勧めします。説明会の時に行ってもいいですし、電話でアポを取って行っても、丁寧に説明して下さりパンフレットなども貰えます(親御さんも一緒に行って下さればベストですが)。高校の雰囲気や方針を知るためにも、一度は行ってみた方がいいと思います。
 私も中3の時は、高校のことでも本当に不安がたくさんありました。不登校・引きこもり……そんな自分が高校に行っても続くのだろうか、と心配でした。が、実際に高校生になってみて吹っ切れたというか、自分からバイトの面接を受けに行ってみたり、少しずつ勇気が出てきましたよ(*^^*)。
 今は色々と不安だと思います。でも、中学の時に躓く経験をしている人は、自分が思っている以上に精神的にも強くなっていると思います。私も何だかんだ言いながらも、何とか学校続けています。質問者様もきっと大丈夫ですよ! 応援しています。

投稿日時 - 2011-07-24 13:54:39

ANo.2

ほとんどのケースで、高校には入れると思いますよ。
ただ、ひとつだけ覚えておいてください。義務教育は高校までだということ。

中学までは留年はありません。長期入院等で、1コ下の学年に行くという子もいますが、出席不足や学業不振で留年、ということはありません。
高校では、出席不足や学業不振で、普通に留年があります。留年者がいない高校もありますが、そのケースでは、留年した場合に退学、という決まりがあるわけです。

なので、公立高校からリタイヤした場合、あとは、世の中の商売の理屈に飲み込まれることになります。簡単にいうと、親御さんのお金がどんどんと使われるということ。

おそらくですが、公立高校に受験できる機会は与えられ、無理な高校を志望しない限り、受かるはずです。
ただ、そこからの人生が、ご自身の責任でご自身が切り開く必要があります。ご自身にかかる学費は、中学を出るとすべて親御さんにかかってきます。この費用負担がご自身の進路をどんどんと制約していきます。
世間にアドバイスを求めて、「他の人の真似」ができるのは、中学までです。ここからは家庭の事情というのがあるのを知っておいてください。

あなたと同じ学年の子のうち、高校に進学できるのは98%です。
あなたと同じ学年の子のうち、大学に進学できるのは50%です。
大学進学が出来なかった子に、その理由を聞いてのトップは、金銭的な事情。2番目が学力の都合です。
ご質問者さんの今の事情を知りませんが、単純に学校・教育環境面だけを見ると、今、お金がかからずに、学力を手に入れる方法を確保するというのは、ご自身に未来にとって、最善の状況のはずです。その状況を捨てるということは、「進学」に関してだけみたときは、状況は悪くなることしかないということです。

長くなりましたが、以下がアドバイスです。
高校で不登校になった場合、学費の安い大学に進学することは、ほぼ不可能になるので、家庭環境によっては、ほぼ大学進学はあきらめることになります。
なので、大学進学をしないと決めていない状態で、高校を選ぶときは、通いきれる高校に進学することがベストだと思います。

投稿日時 - 2011-07-09 21:54:44

ANo.1

中学の卒業は認められるんですよね?それならば大丈夫だと思いますよ。娘の同級生で不登校だった子が都立の全日制高校に合格していました。不登校だったからと言う理由で全日制をあきらめなくていいと思います。頑張ってください。試験とかその地区、学校によっても違うでしょうから受験用の雑誌、その学校のホームページなどで調べた方がいいと思います。聞きやすいのなら、本当は中学の先生に聞くのが一番だと思いますが。

投稿日時 - 2011-07-09 17:51:50

あなたにオススメの質問