みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

CDが高い

先日、好きな歌手のCDを買おうとしたら
初回限定盤でDVDが2枚ついて5000円でした。

通常盤は毎回、お店に置いていません。
少なくとも近所の店には。

迷った結果、レンタルに出てくるまで買うのをやめました。

ただでさえアルバム1枚3000円は高いと
思うんですが、5000円という値段は流石におかしいと思います。

DVDつきの抱き合わせ商法みたいですし。

「YouTube」はラジオ代わり、CDは買わない?
という記事を見ても、最近の若者はCDを買っていないのかなと感じます。

CD店はどんどん消えているのにレンタルショップは増えていますし
(近所のCD店が潰れて、自転車で片道45分の駅前のCD店に
行かないといけなくなりました)。

アニメもオタク向けのオマケ付き高額DVD商法ですし
漫画雑誌も数を増やして売り上げを向上させようという商法です。

本も薄利多売式です。

しかし、今年か去年初めて出版点数が減少に転じたと聞きました。
この手法でも無理が来だしたということなんでしょうか。

映画も1800円と高額です。

一方で、ネットDLやYouTube、レンタルなども増加していて
こういう方法で楽しむ人が増えたら生産者は食べていけなくなるんじゃ
ないでしょうか。

これは日本のエンターテイメント業界が経済同様に
落ち目に入ったということなんでしょうか?

特に新人に大物が少なくなったという印象を受けます。

実際、90年代くらいのオリコンと今のオリコンの
ランキングの曲を聴き比べると昔の方が
耳に残るメロディが多いなと感じます
(もちろん今でも良い曲はありますが全体のレベルの低下という意味で)。

若者の数自体が何十年前と比べて半減しているという
データを見たことがありますから
有能な新人が少なくなるのは必然なんでしょうが
YouTubeやレンタルは規制しないと音楽販売の減少を加速させる
だけじゃないでしょうか。

一部のファン狙いの商法では新規顧客が入ってこないので
音楽で食べていける人がどんどん減ってしまう気がします。

そうなると質の高い音楽が聴けなくなって
周り回って消費者が損すると思うんですが・・。

今の業界のやり方は正しいのでしょうか?

投稿日時 - 2011-07-08 18:35:46

QNo.6862978

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

そうですね…、少子化、人口減少は、あらゆる産業に負の影響を与えています。そして現在は、大量にモノが売れない時代になり、デフレ・スパイラルが恒常化しています。
音楽業界においても、曲のダウンロードが主流になりつつあり、ますますCDが売れなくなっています。書籍も同じように、ダウンロードが主流になっていくでしょう…。
時代の流れとしては、あらゆるモノがデータ化され、必要な時に端末でダウンロードするということが普通になると思います。よって、モノを所有しない時代がくるんでしょうね?私のような50代のおじさんにとっては、寂しい時代が到来しそうです。若い頃は、レコードを集め、今はCDを集めたり好きな本や雑誌を集めたりしていますが、それも難しくなると思うと、憂鬱な気分になります。最近の若い人の傾向としては、モノを所有するよりも、お互いにシェアすることに抵抗感がないと言いますので、シンプルで身軽なライフ・スタイルが普通になるんでしょうね?

質の高い音楽については、杞憂かと思います!音楽業界やマスコミの宣伝に惑わされないで、自分で好いと思う音楽を聴けば良いだけの話です!^^;

あまり回答になっていなくて、すいません!m(_ _ )m

投稿日時 - 2011-07-08 19:59:59

お礼

皆さんご回答ありがとうございます。

さびしいけど衰退は不可避って感じですね。

音楽業界がこういう状況だと漫画、アニメなども電子化が進めば
違法DLは止められないでしょうね。

>こういう方法で楽しむ人が増えたら生産者は食べていけなくなるんじゃないでしょうか。

わかってるなら、好きなアーティストくらい、金を払って買ってあげてください。

こういう状態が常態化してるのがおかしいですよね。
あまりにも無策というか。
おひねりみたいになってる。

だからってCDを買うファンにマイナス分を負担させようという
商法では先細りは必死です。

投稿日時 - 2011-11-27 12:51:42

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

初回限定 DVD2枚付き 5000円はバカ高いとは言えないと思います。
通常版をお店においていないとおっしゃいますが、取り寄せることはできないのでしょうか?
またアマゾンやいろいろな通販ならば簡単に購入できると思いますよ。

レンタルでは一般的に、特典DVD付きの初回限定版は扱われません。

3000円の値段が高いかどうか 買う人がいるからこのお値段なのだとは思います。

ちなみに・・・
東南アジア方面 近くなら台湾や香港など 日本アーチストのCDは、日本の半額レベルで現地販売用の正規版が購入できます。(為替レートにもよりますが)
特典DVDが付いているものが多々ありますが、日本円で1500円はしません。
(但し、DVDはリージョンコードが違うので、再生にはリージョンフリータイプのDVDプレーヤーが必要です。)

この内外価格差は、その土地土地の物価水準で決めているそうです。

日本販売禁止 日本頒布禁止 などと注意書きがありますが、個人で買ってきて楽しむ分には問題はないと思います。

私自身は年に数回この方面に行くことがありますので、現地CDショップであれこれ買って来ます。

映画の1800円 これもべらぼうに高いとは思えません。
60歳以上のシニア料金は1000円のところが多いです。(これはその年齢にならないとダメですが)
50歳以上夫婦とかでなくてもペアで2000円とかのキャンペーンがあります。
お友達と一緒に見に行くのもいいですね。

投稿日時 - 2011-07-08 19:28:28

ANo.2

今更言うことじゃないですよ。
2000年以降はずっと下り坂です、

ポップスをみんなで聞く時代は終わりかもしれませんね。
逆にマイナーなジャンルでも世界中に配信できるので
そういう意味ではいい時代。

以上をまとめるとこれまでの音楽産業は小さくなるのが確定、
新しいスタイルのビジネスが無い限りはこのままでしょうね。

投稿日時 - 2011-07-08 19:10:05

ANo.1

高いといって買わない人間、サイトに違法にアップする人間、それを当然のことだと思って視聴する人間。
そういうことが巡り巡って、音楽業界にダメージを与えている。

その状況で、枚数が売れないから単価を上げるしかない。
でもそのままでは上げられないから、DVDなどをつけている。

今の状況は、商法ありきじゃなく、利用者の行いありきという側面もあるということを認識するべきかと。
まあ、音楽業界に非がないかと言ったら、それはわからないけど。



>こういう方法で楽しむ人が増えたら生産者は食べていけなくなるんじゃないでしょうか。

わかってるなら、好きなアーティストくらい、金を払って買ってあげてください。

投稿日時 - 2011-07-08 18:59:41

あなたにオススメの質問