みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

v東日本大震災被害の半分は土木学会による人災では

東日本大震災被害の半分特に原発被災は公共社団法人土木学会と歴代構成員による人災だと思っています。国会なり司法の場で糾弾されるべきだと考えていますが皆さんはどう思われますか。

気象庁のM9への上方修正したことにも疑念を抱いています。M9クラスの地震は千年に一度しか起こらないと推定できるので関係省庁や団体が千年に一度の大津波であり想定外の避けようのない天災であると主張できるように配慮したのではないかと疑っています。うがった見方過ぎるのでしょうか。

土木学会は、防潮堤の設定基礎となる地域単位の津波規模を想定し定める団体です。彼らは、三陸は6mの津波に耐えられたら十分と判断妥当であり、今回の津波は千年に一度の大津波で想定外と主張しているようです。

M9クラスの地震は千年に一度と推定できますが、M8クラスの地震はその10倍の頻度で起こります。しかも、プレートの滑り方によってはM8クラスでも10mを越える津波が起こります。

実際、少なくとも869年、1611年、1896年、1933年の4回M8クラスの地震により10mを越える津波が起こっています。特に1896年の明治三陸地震と1933年の昭和三陸地震は近世でありきちんとした記録が残っています場所によっては標高15mはるかに超える場所にまで津浪が押し寄せています。しかし、土木学会はこれらを無視したようです。そのため、過去に15mの津波が来たから15mを越える防潮堤が必要だとして当時の村長が主張して作った普代村以外の他の防潮堤はほとんどが倒壊し役立たずでした。

地元の要望で高さを決めたという話もありますが、地元負担の額の釣り合いもあり、おのずと土木学会の基準にプラス1~3mがやっとだと思います、

土木学会は、少なくとも出来るだけ早い段階で公の場で三陸における津波の規模の想定をどのようにして定めたか説明し質問に答えるべきだと思いますがどうでしょう。

以前にヤフーの知恵袋で照会内容と回答の一部を添付させていただきます。長々としてしまいますがお許しください。



東北大震災の写真で相馬港だと思いますが防波堤が倒壊しているものが有りました。...


    さん

東北大震災の写真で相馬港だと思いますが防波堤が倒壊しているものが有りました。他の港でも同様に崩壊したところがあるのでしょうか。防波堤とはそれを越える津波が来たら倒壊するものでしょうか。

防波堤は暴風雨や高潮・津波に対する備えであるので、たとえこれを乗り越える大波が続いて襲ってきても簡単には崩れないと思っていました。津波も2波3波と襲ってくるものです。しかし、大幅に倒壊しているので、一定規模を超える津波に対しては簡単にくずれる設計だったのでしょうか。それとも手抜き工事だったのでしょうか。

補足
1896年の明治三陸大津波の記録では多くの地域で10mを越える津波が押し寄せたとの記録がありますが、このような歴史は配慮されなかったのでしょうか。予算の関係で6m~7mの津波しかこないことにして、安上がりに整備したってことでしょうか。

違反報告.

質問日時:2011/7/2 16:18:32.
残り時間:4日間.
補足日時:2011/7/2 23:11:01.
回答数:3


    115511551155さん

補足について

土木学会がその場所、地域ごとの津波予測をしています。
その数値が何故か言われてる通りの津波があったのに決定の段階で切り捨てられたようです。
土木学会のメンバー事態が御用学者、受益の多い人たちですから一例しかない物を特殊な地形からぐらいで簡単に無視したのでしょう。

でも三陸で作られていた大防波堤はそれなりに地元の意向が入り明治三陸地震の津波高さに対応するように成っているのが多かったです。
結局今回の津波は明治三陸地震をも凌んだ、やはり1000年に1度の大きさだったのでしょう。
下は福島第一での津波予想です。ここでは想定の低い土木学会の数値がそのまま使われています。
他の地域の原発の津波想定高さも土木学会の数値がそのままですから、とても心配です。
今、土木学会は信用をなくし、大慌てで応急の見直しを行っており、臨時の数値などを公表しています。
http://getnews.jp/archives/106918
この度の津波で海岸線で8~12mを超える津波で耐えれたのは普代(ふだい)村の高さ15メートルを超える防潮堤だけでした。
後は全滅状態です、世界一の防波堤も哀れな姿に成っています。
残った防波堤は陸側が高くなっていて土のようなので津波の力に耐えれました。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110403-OYT1T00599.htm

台風等の暴風雨や高潮、大波は海の表面だけが風で押されて発生してますので押す圧力はそんなに大きくなく防波堤を越えても超えた分だけの海水でけです。
津波が海底から表面まで全体の厚みが一体として押し寄せるものですから全く普通の波と性格の違うものです。
普通の波とか想定内(6m程度)の津波でしたら充分に機能したのでしょうが、今回の津波は想定外(設計基準の)でしたのでその力(圧力、押す力)も100t/m2以上と設計設定の2~5倍あったようです。
ですからおつしゃてるてるように簡単にくずれるました。
津波が防波堤を越えても強度が充分あれば壊れることも無かったでしょう。

防波堤は自重式の物が多いので津波の押す力より防波堤の自重(厚みが必要)が足らなかったのです(もう少し複雑ですが簡単に整理するとこういう事です)。
破壊された所ができ、津波の力が分散して残った所も引き波で倒れました。
防波堤は普通、基礎部分に当たる所にベースとよがれる押される力に耐える為の幅広のコンクリートが陸側に有ります、引き波は海が引潮に成るため高低差が生じ強い流れとなって残った陸側から押される力に弱い防波堤を押し倒しました。

日本の土木技術は世界最高クラスです。
施工精度、品質管理も建築以上で大型土木工事では手抜き工事は決してありません、手抜き工事は大昔の話です。

違反報告
編集日時:2011/7/3 10:03:23
回答日時:2011/7/2 18:48:29

投稿日時 - 2011-07-06 02:21:48

QNo.6857247

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

理想論で行けば、おっしゃる通りです。
でも、100%海に囲まれた日本国を千年に一度の津浪に耐えられる防波堤で囲むとなると、財政破綻です・・・・・・
破壊された堤防は、大津波のエネルギーを破壊される時に減衰させていたと思います。直撃ではなく、
一段階パワーを減衰させたものの、なおあれだけの被害を起こすパワーでした。
天災という自然界の測りえぬパワーが相手でありました。

貴方様がそこまでお怒りなる前に、チェリノブイリ事故、スリーマイル事故、中越沖地震における柏崎刈羽原子力発電所事故等々、現実に起きた事故例が有るのにもかかわれず、改善・改良せずに起こされた人災であり、深刻事故です。
絶対安全・安心の神話の基に電力会社・国が都合のいい話で固めて推進してきた原子力発電、そもそも地震国に向かない、Mark1という原子炉を地震国の我国に導入、しかも非常用電源を堅牢な原子炉建屋ではなく、タービン建屋に設置、しかも屋上にではなく地下に設置するという津浪に対して致命的な欠陥
発電所が福島原発です。
しかも、中越沖地震であきらかになった変圧器火災などの電源喪失、メルトダウン、という危機の可能性を知りながら、以後の原発の改善・改良をせず、今回の福島原発事故、深刻な人災を起こした。
JRは中越地震で新幹線が1本脱線した事故を反省材料に、緊急停止システムを改善し、停止時間を1秒間短縮させ、今回の震災では、脱線なしである。
事故を起こさないように対処するJRのような組織と、全電源喪失はあり得ない、したがってメルトダウンのような深刻事故もあり得ないとし、非常時の訓練すら行われない組織。
同じわが日本の代表的大企業です。東電の怠慢で起きた人災であり、それを見て見ぬふりを、と云うより危険性をひた隠しにして推進してきた国の起こるべくして起きた深刻事故です。どうお思いですか?!

投稿日時 - 2011-11-07 18:17:14

ANo.4

土木学会とその構成員にとって、自然災害の規模は大きく想定するほどメリットが大きくなります。とにかく考え得る限り高め高めにリスクを見積もっておけば建設会社は仕事が増えるし、大学や研究機関も研究予算が取りやすくなります。
実際には、社会インフラを支えるという使命の下、多くの構成員は学会の場では本業の利害から少し距離を置いて工学的妥当性を追求しています。自然現象はほぼ全て確率事象ですから、どんな規模の災害もわずかな可能性では起こりえます。限られたリソースで最大の効果を挙げるためには、リスクとコストのバランスを考える必要があります。わずかな可能性のために多大なリソースをつぎ込んで(つまり他のことを犠牲にして)対策するというのは工学的に正しい態度ではありません。

投稿日時 - 2011-07-06 21:04:29

補足

震災前までは、土木協会の委員たちの多くが、電力会社等の社員や官僚たちが多くを占めていました。
堤防は、地味で景観を損ない立派なものを作っても褒められず生産性もありません。防波堤を作るのに多額の費用をかけるぐらいなら、他の施設にその費用を回した方が立派に見えて評価されます。
港湾や発電所を整備する担当者は、必要最低限にしようとすると思います。彼らにとっては、土木学会の指針が低いほど都合が良いのです。
1896年の明治三陸地震の津波を基準に指針か策定されていれば、多くの港湾や地域が津波から守られ、多くの人命やインフラは助かったと思います。

http://getnews.jp/archives/106918

投稿日時 - 2011-07-10 23:30:59

お礼

長文で駄文の質問を読んでいただきありがとうございます。

投稿日時 - 2011-07-10 23:34:54

それは間違いです。大津波の被害を想定した建設案などはありましたが、予算面、生活環境面、景観面などから防潮堤はそこそこのものでしか作れなかったのが現実の話しです。

投稿日時 - 2011-07-06 09:16:22

ANo.2

鬱憤晴らしの攻撃はお止めなさることです

投稿日時 - 2011-07-06 08:40:06

ANo.1

>日本の土木技術は世界最高クラスです。
>施工精度、品質管理も建築以上で大型土木工事では手抜き工事は決してありません、手抜き工事は大昔の話です。
これはあなたの考え・意見でいいんですよね?
たしかに施工そのものについては手抜きではないですよね。最高にいい仕事をしています。現場の人達は。
手抜きなのは設計段階であったり基準を作る段階での話です。

防災基準とか建築基準を作っているのはお役人さん。一応専門職もいるでしょうが、中央のお役人でそう言うのに携わる部署の責任者は出世のことしか考えていません。
だから、部下とか外部の人がM9にも耐えられる設計基準を挙げてきても上の方で「そんな規模の災害は起きない。もっと想定を下げて安く上がるようにしろ」とダメだしするんです。
だから、今回の災害で被害が広がったのは人災であるという意見には賛同します。が、原因の根本で意見が異なります。
で、安く上げた分天下り先に補助金という名目で金を回し自分の出世のための餌にしてしまうんです。
お役所は人事院を含めてそういう「持ちつ持たれつ」で自分たちのことしか考えていないんです。国民のためとかナントカというのは体裁だけを考えてのこと。発想の根本は自分たちの出世や保身から来てるんです。そういうのを微塵も感じさせずに国会議員を説得するためのつくり話は霞が関の高級官僚たちが最も得意とするところ。それでも屈しない国会議員に対しては党幹部から圧力をかけてもらうように働きかけてしまうんです。

日本を支配しているのは国会議員とか与党ではなく、霞が関の高級官僚たち。
権限はないかもしれないが、権限を持っている人たちを意のままに操ることができるんだから「闇の支配者」「裏の支配者」「影の政府」と呼んでもいいくらいですよね。




質問文が長すぎてどこまでが参照で、どこからがあなたの意見・質問なのかが非常に分かりにくい、呼んでいて苦痛な文章です(苦笑)

投稿日時 - 2011-07-06 07:21:39

あなたにオススメの質問