みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

電力融通について

電力は各電力会社によって周波数が異なるため、電力会社同士で助け合うことができない。

これは311の直後、“関西電力で働く人の友人”が、
「東日本に電力を融通するから西日本でも節電しよう」

というチェンメが出回った時に、

周波数が違うから不可能だ。チェンメには気を付けよう。

というやりとりがありました。

しかし、実質私が暮らすこの地域の四国電力もずっと電力融通をしていたそうですね。
関西電力からも送電していたとか。

そこで質問です、
電力融通ができないという当時の話はウソだったのでしょうか?

それとも電力各社が送電(融通)できるように設備を整えたのでしょうか?

もうひとつ。なぜ異なる周波数に設定していたのでしょう?

投稿日時 - 2011-07-03 15:06:19

QNo.6851411

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

融通はできるできないで言えばできるです、周波数の違いの問題もちゃんと変える設備があります。
しかし、その設備(3つありますが)の融通できる上限が少ないので、大規模に送ることはできません。
さらに関電などは送れる上限までの電力を、節電で減らした分を送るじゃなく、予備の発電所を稼動させるなどして総量を増やして余剰分を送る作戦を取りました。
ですから節電をしようなんて関電は言った事実はありません、少なくとも当時は(最近は手の平返してしろとおどしていますが)。

周波数の違いは電気が普及しだした明治時代に外国から発電装置を購入する際に、電力会社で統一が図られず、考えなしに違う周波数を使っている国からバラバラに購入しちゃったからです。

のちの東京電力

投稿日時 - 2011-07-03 15:16:08

お礼

なるほどです。有難うございました!!

投稿日時 - 2011-07-03 15:51:34

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

電力融通には、「周波数変換所」を経由しなければなりません。

周波数変換所の最大能力が、全てで1000万kwですので、それを超えることが出来ません。


>なぜ異なる周波数に設定していたのでしょう?

これに付いては、検索してください。
OKwaveでもウィキでも、出てきますから・・・。

投稿日時 - 2011-07-03 15:11:44

お礼

早速の回答ありがとうございました。
そうですね、ウィキらずこっちに頼ってしまいました(笑

投稿日時 - 2011-07-03 15:50:47

あなたにオススメの質問