みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

生命保険の見直しを勧められたのですが・・・

30歳過ぎで加入、月々23000円の支払い、60歳満期で2500万円の生涯死亡保障がつく保険に入っています。先日、その保険会社のセールスマンに見直しをしませんかと、言われました。
払込満期の60歳までは入院特約がついていますが、満期と同時にそれもなくなるという説明でした。
新たな見直しとして、月々18000円70歳までの払い込みか、月々13000円で65歳まで払い込む生涯保障型入院保険をつけましょうというのです。
かなり高いなと思いましたが、「今すぐに2万3千円の支払いをストップしても2300万円の死亡保障は残るので、保険金の差額を見直し分に充当してはどうですか」ということでした。
あと5年で満期なので、それを考えると、見直しで今後300万近く払うのは、厳しいと言いましたが、
「入院保障が切れると不安ですよ、生涯特約ですよ」と強く勧められました。

しかし、設計書をよく読むと、80歳まで入院特約は継続しますと、うたってあるんです。
そのことを指摘しましたが、セールスマンは「いや、満期と同時になくなります」の一点張り。その紙を置いて行けと言いましたが、必要なのでと渡してくれませんでした。
なんだか納得いかないので、少し考えるということで、見直しには乗りませんでした。

さて、ここからが問題です。
納得行かなかった私は、その保険会社のコールセンターに電話しました。問い合わせたところ、私の保険はやはり80歳までの入院特約があると言うじゃないですか!
確かに満期の時点で特約はいったん切れますが、継続の手続きをすれば、なんと年間3万円の支払いで80歳まで、入院保障がつくというのです。
うちに来たセールスマンは一切このことを言わず、見直しの一点張りでした。
これは、説明義務を怠ったことにはならないでしょうか?
もっと言えば詐欺です。
なにも調べずに言われたまま見直して、あとで気付いた場合はどうなるのでしょうか?
私の保険は大変内容がいいもので、5.6%ほどの利回りがついています。保険会社としては、見直しと言って、是が非でも書き換えさせたいのでしょうが、大手の保険会社であっても、このような納得のいかない勧誘があるので、注意が必要だと思います。

投稿日時 - 2011-06-28 06:17:56

QNo.6840145

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

昔生保の外交してました。
確かにライフスタイルやライフプラン(結婚→出産→子供保険等)の変化、或いは保険商品の進歩によって見直しは必要な場合もあります。
保険外交員は「契約を取ってからが本当のお付き合いが始まる」と教育されますが、その真意は他の回答者さんがおっしゃっているように見直し・追加加入による歩合の継続にあります。

私事ですが…
大卒で入社し研修で営業したのですが、あるご家庭の見直しを勧め、契約したことがあり、その際に数年前そのご家庭の新規契約したおばちゃんからクレームが入りました。「私の客から横取りは許さん」でしたね。こちらは本社社員、向こうは営業所採用の歩合命のおばちゃん。結局、上司がクレームに負け、歩合は半々でシャンシャン(笑)。「あの客はいずれまた金にするつもりだった」がひしひしと伝わる一件でした。

>>これは、説明義務を怠ったことにはならないでしょうか?
もっと言えば詐欺です。
→故意の虚偽説明です。消費者庁やコールセンターに経緯説明すれば、この外交員は資格を失うかも知れません。保険の外交するには一応試験に合格しなければなりませんので。

>>なにも調べずに言われたまま見直して、あとで気付いた場合はどうなるのでしょうか?
→言った言わないの空虚な論争になるだけです。

また、保険外交員はあまり説明しませんが…
死亡保険金受取人を「法定相続人」にすると面倒で受け取りに時間がかかりますから気をつけてください。
「法定相続人」だと保険会社は隠し子の存在まで調査してから支払います。
法定相続人に支払った後、隠し子が保険会社に支払いを請求すると、すでに受け取った相続人が分配拒否した場合、保険会社に支払い義務が生じるので慎重になります。過去に保険会社は痛い目にあってます。

投稿日時 - 2011-06-28 07:22:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

 こんにちは。

 保険のセールスの人の言うなりに入るのは一番良くない加入方法です。

 まず、死亡保障が高すぎるような気がします。亡くなった時に結婚しているのでしたら相手のためや子供たちに残すというのでも、1000万円にすれば毎月の掛け金をかなり減らせます。

 私は死亡保障を更に減らして1000万円以下の750万円にして毎月の掛け金を17000円位にしました。私は質問者さんよりも年齢は上ですが、保険会社の言うなりの設計書は高かったので掛け金を減らす契約にしました。

 その代わりに、病気や怪我をしたときの入院給付は最大の1日10000円にしています。これで毎月17000円位です。

 私が加入している保険は最大手の生命保険会社です。

 あと、アドバイスで言われたのには、掛け捨ての生命保険に入っておくと更に良いとも言われました。共済保険にあるように、毎月1000~2000円位で、補償が入院時5000円とか、死亡保障もあるものを足して入れば、より安い掛け金で更に補償も増えるので万が一の時にも安心だというのです。

 これも非常に良い方法なので検討してみると宜しいでしょう。

 一度加入しても、減額などの契約変更は可能です。

 2年以内だったか、契約変更で減額すると担当のセールスレディへの歩合、保険会社からの収入が減るので契約変更は2年後の方が有利だといい、高いほど自分への収入が増えるので死亡保障を増やして設計書を書いて持って来るという仕組みです。


 くれぐれも保険会社の言うなりの設計書などのままには加入しないことですがいかがでしょうか。

投稿日時 - 2011-06-28 10:24:23

お礼

皆さまの早急なお返事、どれもこれも役に立ちました。
営業員のことを会社に知らせようかと考えましたが、こちらのことを全て知られているので、
ちょっと勇気が必要ですね。今回は、やめておきます。
もう少し保険に対して慎重に考えるべきですね。
皆さま、本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2011-06-28 11:34:21

ANo.2

セールスマンは商品の説明に対して、不実の告知、説明の義務を怠った場合、契約した後であれば、契約は解除でき、損害賠償も請求できます。
契約前であれば、契約はしない方が良いと思います。
セールスマンの人間性に問題がありますし、そのセールスマンが勤めている苦情窓口に問い合わせたらいいかと思います。

投稿日時 - 2011-06-28 07:05:09

ANo.1

日本の昔から有る生命保険会社の営業(保険のおばちゃん)は、
歩合制セールスです。
契約切り替えでしか、収入(手数料)が有りません。

保険会社は、個人の問題として処理しますが、外交員との
契約制度が、今回の様な事態をまねきます。

投稿日時 - 2011-06-28 06:23:52

あなたにオススメの質問