みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本の今後の電力供給はどうするか?

現実的にどのようにして電力を補っていくのが理想でしょうか?

技術発達による将来性や世界情勢などあらゆる面を想定して具体的にお答えください。



一般的な各発電のデメリットは以下のようになると思います。

・火力発電=第一にCO2大量排出という問題。日本においては温暖化はさほど問題にならないが、生態系の変化や水位の上昇により世界的には大問題となる国が多数ある。
第二に燃料枯渇の問題。石油、天然ガスは数十年が限界とみられており、石炭はまだまだあるものの、CO2排出に拍車をかけることになる。
エネルギー効率はすでに限界に近い状態であり、技術的な革新は見込めない。


・水力発電=人のいない川の上流に設置するため維持費・設置費が高いうえに、大型水力発電を設置出来るような場所は日本にはもうほとんど無いと言われている。生態系へのダメージも大きい。
近年ではマイクロ水力発電の技術が発達してきており将来性はあるが、こちらもコスト面の問題が大きいため、どのようにして技術を発展させていくかが課題。使用しなければ技術は発達しない。


・太陽光発電=コスト高は我慢するとしても不安定供給の問題が大きい。雨の日の発電量は晴れの日の10分の1、夜はほぼ発電出来ない。
面積あたりの発電量にはまだ向上の余地があるが、それにも物理的な限界があり、日本のように国土の狭い国では大規模発電所としての設置は難しい。家庭用として普及しやすいが、日本には台風という難敵も存在する。
蓄電池、揚水発電との併用により安定供給を行う技術への将来性はあるが、家庭用としてはあまりにもコストが高くなりすぎるため実用化までの道のりは長い。


・風力発電=日本には安定した風力を得られる地形が少なく、こちらも不安定供給の問題が大きい。
近年では洋上発電により安定的な風力を得る技術も開発されてきているが、コストの問題はもちろん「強風に弱い」という特性により台風からどう守るかという問題もある。
欠点がコストと耐久性という面に限ることを考えれば技術的な将来性は高いとされる。


・地熱発電=火山大国である日本においては有力な発電になり得るが、「温泉」という文化のために設置場所が極めて難しい。
また火山大国である先進国が少なく、ほとんど日本だけで技術確立をしなくてはならないので技術の発達が遅いうえにその技術を海外に販売することも出来ず、結果的にコストは高くつく。


・原子力発電=あまりにも事故時のリスクが大きすぎることが最大の欠点。
特に地震大国である日本においては事故を防ぐことは極めて難しいことが証明された。
事故以外にも、少ないながらも放射性廃棄物による汚染の問題も有り。
ただし、核エネルギーの研究は「核融合発電」というクリーンかつ安全で大量安定供給する最高の技術を確立する可能性を秘めており、技術的な将来性は極めて高い。
また、放出されてしまった放射能についてもバイオ技術により少なからず除去する方法が確立されてきている。

投稿日時 - 2011-06-13 16:00:19

QNo.6806721

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

現状は原子力しか手はないでしょうね
 
 その後、太陽光の変換効率の上昇
 バイオによる石油生産
http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9693819695E3E6E2E6E58DE3E6E3E0E0E2E3E29180EAE2E2E2;bm=96958A88889DE0E2E3E0E6E0E1E2E3E5E3E0E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2

 など新技術に期待するしかないと思います

投稿日時 - 2011-06-13 17:10:05

お礼

太陽光は面積あたりのエネルギーがそこまで強くはないので
変換効率が100%近くになっても厳しいんですよね。

バイオによる石油生産は想定外でした。
考えてみれば科学の力で石油生産が出来るようになってもなんらおかしくはないですね。
温暖化もCO2を減らすためのバイオ植物などでかなり緩和出来そうな気がします。

投稿日時 - 2011-06-13 19:03:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

温泉発電(温泉水温度差発電)
地熱発電の方法の一部です。
地熱発電の中でも一番現実的(コスト等)なものを選んでみました。

廃棄物発電
直接燃やすのもありますが、発生するガスを利用するというのもあります。

もんじゅ
現状がとっても安定してなくて危険です。

投稿日時 - 2011-06-14 08:22:21

ANo.4

安定電力

核融合炉発電
でもやっぱり放射能問題があるよ

宇宙太陽光発電
まぁマイクロ波とするので色々弊害もあるよね

(高出力は、危険がつきもの)

小規模で今すぐなんとかなる? なら

温泉発電(温泉水温度差発電) これって日本の土地にあってる方法だと思うけど…

マイクロ水力発電は、イニシャルコストもランニングコストも案外実入りが少ないかも

CO2も同じ出すなら廃棄物発電とかも考えてみればいいのかなと思う。

潜熱とか気圧も利用すればエネルギーになると思うけど・・・やはりコストが・・・

でも安全を利益優先の発電所ってなるとどれもこれも危険な気がする

原子力も設備をしっかりすれば・・・

福島もあれですけど福井県の「もんじゅ」も気を付けないといけないと思います。

投稿日時 - 2011-06-14 00:51:00

お礼

>温泉発電(温泉水温度差発電) これって日本の土地にあってる方法だと思うけど…

それって要するに地熱発電では?
地熱による温泉を使うより地熱を直接使ったほうが効率的だと思いますが・・・


>CO2も同じ出すなら廃棄物発電とかも考えてみればいいのかなと思う。

それも普通に各地でやってますよね。
ただ、廃棄物焼却では高温を生み出すのが難しいので発電効率は10%程度と非常に低い。
結果、発電コストはかなり割高になっています。
あとゴミ焼却はCO2だけじゃなくダイオキシンという問題も。

しかしゴミ焼却はどちらにしてもしなければいけない問題ですし、
投資して発電効率を上げたりする価値は大きいと思います。


>福島もあれですけど福井県の「もんじゅ」も気を付けないといけないと思います。

もんじゅは昔から言われてましたね。

より少ない放射性廃棄物でより多くの発電が出来る次世代原発ですが、
より危険な燃料を使ううえに高度な技術を要するので危険性はどうしても考えざるを得ないです。

投稿日時 - 2011-06-14 01:58:17

ANo.3

資源が無い国が、各省庁が協力して地熱発電でしょう
http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/612.html
太陽光は、蓄電池が安く成らなければ、、自宅消費は良いが系統に
参加は意味が無い、太陽光が発電する時火力発電は休むだけで意味が無いのだ
http://jyu-denkou.com/soora/so_ra1.html

その他小規模発電は、蓄電池併用で安定化してスマートグリッ網構築出来るまで意味が無い。

投稿日時 - 2011-06-13 20:42:29

お礼

地熱ですか。
温泉自治体をどう説得するかがカギですね。

太陽光は現状では夏のピーク時を補うぐらいが精一杯ですね。
近年、蓄電池の技術進歩はめざましいので今後の期待感はありますが。

投稿日時 - 2011-06-13 22:25:31

ANo.2

>・火力発電=第一にCO2大量排出という問題。
現在日本の火力発電技術世界1で、殆どCO2を出さないそうです。

>・水力発電
大型の物は、現在あるだけでいいと思います。
大型水力発電は地震で崩れれば、大変な災害をもたらします。
後は、大昔からある水車など、電気に換えなくとも直接動力に使えるものを農家などに導入することもできると思います。

>・太陽光発電
電気自動車や蓄電池を備えれば、夜も使えます。 また、台風ですが、ヨーロッパでも台風並みまたはそれ以上の暴風は年に1度くらい吹きますが、問題はないようです。

>風力発電
こちらの強風に弱いというのも、ヨーロッパの例からは考えにくいです。

>地熱発電
地熱発電技術は日本は世界1です。 ニュージーランドの地熱発電所を造ったのも日本の企業です。
温泉が出るところは、国立公園ばかりではないと思います。 また、今まで、原発が建てられたところも、風光明媚なところでしたね。 

>原子力発電
>核エネルギーの研究は「核融合発電」というクリーンかつ安全で大量安定供給する最高の技術を確立する可能性を秘めており、技術的な将来性は極めて高い。
>また、放出されてしまった放射能についてもバイオ技術により少なからず除去する方法が確立されてきている。

どちらも、信じられません。

チェルノブイリ事故は今だ収束していませんし、JCO事故、福島の現在進行中の事故を見てもわかりますが、人間はまだ未熟すぎて、原子力と言う学問を把握するには、あと数百年掛かるだろうと、いわれています。 これを書いている間にも福島からは、日々放射線量を高めた、汚水や空気が放出されています。 それらは、何処に放出して行くか分かりません。 戦後、冷戦時代に核実験で生み出された死の灰は地球上に今だ体積して、其の上に、チェルノブイリ事故、福島原発事故の放射能が今も体積し続けています。
現在の原子力開発技術は綱渡り状態です。 開発者の思いつきで、「とりあえず試してみよう。」と、言った程度の物です。http://www.youtube.com/watch?v=T2RQlTyeAVc

もし、今、クリーンで安全な原子力発電所を造る技術があるのなら、
すでに、鉄腕アトムやドラえもんが現実に存在していて、今の原発事故現場で一生懸命、日本人のために働いているはずです。 また、現在、推進派が、御用学者ばかり擁護し、若い優秀な科学者を育てなかった為に、今後の日本は科学者不足になります。 

また、原発の問題は発電所の安全問題だけではありません。
使用済み核燃料の処理の方がもっと問題なのです。 
http://www.youtube.com/watch?v=agXz5xSpQT8&feature=related

また、今後、新しい原発を日本で計画できなくなると思います。 なぜなら、今回の福島原発事故により、地震大国である日本に原発を建てるリスクが大きいことが世界に知れ渡り、受け入れてくれる、保険会社や銀行がなくなるからです。 
日本の原子力発電に未来はありません。 
もし、原子力発電所の未来をまだ夢見ている人は、原発推進派の「原子力安全神話Part2」に洗脳されているのだと思います。

投稿日時 - 2011-06-13 17:57:50

お礼

>現在日本の火力発電技術世界1で、殆どCO2を出さないそうです。

殆どCO2を出さないというのは?
「比較的CO2を出さない」ならわかりますが、
燃焼してCO2を出さないというのは物理的にあり得ないと思いますが・・・。


>電気自動車や蓄電池を備えれば、夜も使えます。

蓄電池は「蓄電池に溜めるだけの余剰電力を昼間に溜める」という前提が無ければ意味がありません。


>また、台風ですが、ヨーロッパでも台風並みまたはそれ以上の暴風は年に1度くらい吹きますが、問題はないようです。

ヨーロッパでもスペインなど一部の国にはありますが、
スイスなど風力をたくさん使っている国では熱帯低気圧が存在しないので
台風のような極端な暴風が来ることはありません。


>温泉が出るところは、国立公園ばかりではないと思います。 また、今まで、原発が建てられたところも、風光明媚なところでしたね。

設置の問題というのは美観だけのことではありません。

美観も理由の一つではありますが、
原発が建てられるのは「過疎」と「財政難」を天秤にかけるから
「雇用」と「補助金」のために建設に賛成してくれる人がなんとかいるわけです。

ところが温泉街というのは全国自治体の中でも潤っている町であり、
過疎も財政難も起きていないのに発電所誘致に賛成するメリットが少ないのです。

だから賛成が得られず、設置することが極端に難しいということです。


>どちらも、信じられません。

それは将来のことですから当然でしょう。
どんな科学技術だって「将来必ず実現する」というものはありません。

太陽光だって風力だって同じです。
技術開発が思うように進まず、何らかの影響で逆にコストアップする可能性だってあります。

ただ、今現在「核融合エネルギー」という技術が存在しているのは事実です。
それをいつ発電所として実用化できるようになるかという確約や保証はありません。

出来るかもしれないという予測のもとに挑戦するか、
科学の発展を信用せずに今現在の技術を使うか。

どちらを選ぶのも人類の選択肢の一つだと思います。

ただ、今現在持っている人類の技術のほとんどは
過去に必ず「出来るかどうか怪しい」と思われていたものですけどね。


>使用済み核燃料の処理の方がもっと問題なのです。 

それは質問文にも書いた通り、問題の一つです。

しかしながら、CO2のように無責任に世界中にばらまくよりは、
自国で処理するほうが理にかなっていると思います。

日本は世界的にも電力を大量に消費しているのですから、
それを世界中に均等にばらまくことは人道的ではないでしょう。

CO2も放射性廃棄物も「現代科学で処理しきれない」ということにかわりはないのです。



もはや原発の安全神話を信用している人はいないと思いますよ。

しかし人間は常にリスクとメリットを天秤に考えて生きている生き物です。

危険であってもそれ以上のメリットがあると判断すれば推進する人はたくさんいるのです。



私も日本における原発推進には反対ですが、
だからといって理論性なく盲目的に原発を悪だと言う意見には賛同できません。

投稿日時 - 2011-06-13 19:43:41

あなたにオススメの質問