みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

続「もう1台無料キャンペーン!」について

6月1日より
「当社指定プラン(1回線目:「新ウィルコム定額プランS」+「だれとでも定額」、2~3回線目:「新ウィルコム定額プランS」)にて、新規同時ご契約いただいたお客さまは、2~3回線目の「新ウィルコム定額プランS」の月額料金がずっと無料に!さらに、2~3回線目は新規契約事務手数料も無料!!」
となりました。
2月の「もう1台・・・。」のキャンペーンでは、もう1台だったのが、3回線目もということは、既に2月以前に2台持っていた私がもう1台契約して直ぐに「だれ定」を解除して、契約残の2年半待って既に契約している2台目を解約して、新しく契約した3台目を使用するようにすれば「新ウィルコム定額プランS」の1450円はず~っと無料で済むということになるんでしょうか?
今回の新しいキャンペーンは今までと何ら変わらないんでしょうか
ウィルコムの会社の方に抜け道を訊いてる様で変な質問ですが、ご回答お願いします。
※分かりづらければ補足します。

投稿日時 - 2011-06-05 11:55:41

QNo.6787591

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

結論から言えば、『新ウィルコム定額プランSの1450円はず~っと無料』ではなくなります。
キャンペーンサイト(詳しくは下記参照URLをご覧ください)の『ご注意事項』に、
・1回線目の回線解約や、オプション「だれとでも定額」を解除された場合。(以下略)
という項目が有り、2~3回線目の「新ウィルコム定額プランS」の月額料金(1,450円/月)や契約解除手数料が翌料金月以降発生します。
極論すれば、『電話代を合法的に踏み倒せる』というムシの良い話なんて有り得ません。そのような行為を認めてしまえば、電話会社が倒産する(=サービス停止する)からです。

参考URL:http://www.willcom-inc.com/ja/cp/plus_one/index.html

投稿日時 - 2011-06-05 14:38:08

お礼

回答有難うございました。

極論すれば、『電話代を合法的に踏み倒せる』というムシの良い話なんて有り得ません。

この一行に囚われていて中々返事が書けなくてすみません。

もし、nehonogiaさんがウィルコムでお勤めされている方なら
そういう接客をされているのかと、残念におもいました。
そうでなければいいと思うのですが、
これからも人と接していく上で、
決して忘れることの無い様に
ベストアンサーにさせていただきます。
有難うございました。

投稿日時 - 2011-06-12 10:37:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

1台目を解除しなければ、ご質問者さんの考えは正しいです。
また、このキャンペーンが継続できた、ということは、最初のキャンペーンは成功だったという判断なんですね。
このキャンペーンの目的は、契約台数の漸減が続いていた状況を、回復させようという目的です。特に、ケータイでの主力が通話では使いにくいスマートフォンに移行したため、通話専業にシフトしようということです。
ご質問者さんのように、ウィルコムを「安く」長く使っておこう、というのは、ウィルコムとしても望むところなんですね。

投稿日時 - 2011-06-05 21:34:28

お礼

酌みとって頂き有難うございました。
契約者数がソフトバンクの次の2位になりましたね。
通話だけに特化すればウィルコムはもっと
契約数を伸ばすことが出来ますね。

回答してくださった方はウィルコムの方が
多数を占めていると思われますが、
接客に関して心を込めて丁寧に応対すれば
簡単に他の携帯に移行する気にはならないでしょうね。

投稿日時 - 2011-06-12 10:25:50

ANo.2

>今回の新しいキャンペーンは今までと何ら変わらないんでしょうか

 キャンペーン自体の内容に変更は一切ありませんが、キャンペーン以外の部分で変化はあります。

 具体的には「0円端末」が無くなり「実質0円端末」に入れ替わりました。端末代が980円×24回払いで、割引が980円×24回受けられる形態ですね。
 ただし「実質」の例に漏れず「端末代からは割り引かれない」ので、月々の支払いは最低でも980円になります。分かりやすく言えば「だれとでも定額を付けても付けなくても月額980円」です。もちろん、端末代を支払い終わる2年後には0円(だれとでも定額を付けていれば980円のまま)になります。

>既に2月以前に2台持っていた私が

 勘違いされているようなので説明しますが、このキャンペーンは「1台ごとにもう1台無料」なので、質問者さんの場合、5月末以前の時点でもキャンペーンの利用が可能でしたし、6月以降は、やろうと思えばキャンペーンの適用回線を最大4台(今持っている2台それぞれに対して最大2台追加可能なので)増やすことが出来ますよ。

>もう1台契約して直ぐに「だれ定」を解除して、
>契約残の2年半待って既に契約している2台目を解約して、
>新しく契約した3台目を使用するようにすれば

 とりあえずややこしいので「解約する時期」を除いて考えれば、元々持っている回線Aと回線Bに対して「回線Aにキャンペーン対象の回線Cを追加して、回線Bを解約する」ことで、事実上「回線Aの料金だけで回線Aと回線Cを使う」ことは出来ますよ。
 ただし、先に書いた通り今は「実質0円」の端末が最低ラインですので、料金的には最初の2年が1450円+980円+980円=3410円、2年過ぎて回線Cにオプションを付けていなければ1450円+980円=2430円、ということになりますが。

投稿日時 - 2011-06-05 15:05:18

お礼

よく分かりました。
有難うございました。
私の質問とは逆に6月1日以前なら「実質0円」ではなかったので
「だれ定」の解約をして使用しなくても
毎月980円の負担をしなくてもよかったんですね。
ウィルコムのひとに説明してもらうまでは
分かりませんでした。

よく料金に関してのキャンペーンをされるようなので
時々キャンペーンの内容をチェックするようにします。

投稿日時 - 2011-06-12 10:08:34

あなたにオススメの質問