みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

宇宙科学のレポート質問

大学の宇宙科学の授業で以下のような問題が出たのですがさっぱり意味が分かりません。誰か答えを教えてください。。。


無次元化したフリードマン方程式および宇宙論パラメータ(k0、Ω0、λ0)を用いて宇宙のスケール因子の時間変化を記述できる。ただし、簡単のため物質は非相対論とし、また現在(t=t0)のスケール因子は1とする。

1.曲率および宇宙項0の場合の膨張解について、スケール因子の時間変化を求め、図示せよ。また、現在の宇宙年齢t0を求めよ。

2.正の宇宙項優勢の場合の膨張解について、スケール因子の時間変化を求め、図示せよ。また、問題1と比べてその振る舞いの特徴を述べよ。

3.フリードマン方程式にはある特殊な場合に定常解が存在する(アインシュタインの定常解)。この解がフリードマン方程式のポテンシャルの極値にとどまるものであることを用いて、定常解の場合に宇宙論パラメーターが満たすべき条件を求めよ。また、ポテンシャルの概形を図示せよ。

投稿日時 - 2011-05-30 18:24:31

QNo.6774784

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

問題1、問題2はかなり初等的で簡単な微分方程式なので流石に分かりますよね
問題3ですが、本間希樹氏が同じようなレポートを出していたと記憶します
授業のスライドも上がってた気がするので、それを参考にすればいいと思います

投稿日時 - 2011-05-31 11:40:17

お礼

本間さんのレポートです(汗
授業自体は面白いのですが、式はまったく理解できません。。。
とにかくレポートを出したいのですが、スライドを見ても本当に分かりません。
友達に勧められて取ってみたものの、基礎の基礎から分からなくて困っています。
もしよければ解説・解答お願いいたします。

投稿日時 - 2011-06-01 00:27:10

あなたにオススメの質問