みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

白山ひめ神社と金剣宮をはしごしてはだめですか?

お世話になります。今度、石川県白山市の金剣宮に参拝する予定ですが、近くの一宮である白山ひめ神社も併せて参拝したいと思っています。
自宅近くの神社には定期的に参拝しているのですが、地方の有名神社をお参りすることが好きで、時々参拝に色々な場所を訪問しています。
白山ひめ神社は、参拝すると何とも気持ちの良い神社であり、好きなのですが、そもそも両方とも有名な神社であり、また白山ひめ神社は厳しい神様と聞いたことがあるため、はしごしてはいけないのかなと考えています。
私の自宅からは遠いため、なかなか行けないことから、できれば両方同じ日に参拝したいと考えているのですが、いかがなものでしょうか?
どなたか専門家の方のアドバイスをお願い致します。

投稿日時 - 2011-05-24 01:05:27

QNo.6759386

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>きちんと殿上参拝をした方がやはり良いのでしょうか
遅くなり申し訳ありません。上記についてお答えします。

各地の神社庁をや多くの神職の姿勢はその通りです。
神社側では「倭言葉による祝詞によってのみ、願いが届く」と言っています。
しかし、私はこの考えは反対です。もし神社側の主張通りなら日頃の参拝は無意味だということになってしまいます。だとすれば、賽銭箱や「参拝しましょう」の掛け声は詐欺みたいなものです。
しかし皇學館大學の教授の著書には「より厳格なもの」としか書かれていません。

たとえば、偉い人の家に挨拶に伺う場合、タマタマ近くに行ったので、挨拶だけでもしましょうということになります。
この場合、正式には訪問着や礼服で座敷に上がってご挨拶しますが、用事で「近くに着たのに顔を出さないんじゃ申し訳ない」と立ち寄って挨拶するのなら、玄関先で済ませる事もあります。
神社でも特別に何か祈願するなら昇殿参拝がいいですが、挨拶と道中の安全祈願くらいなら通常の参拝で充分だと思います。
神社への参拝もこれと同等に考えていいでしょう。実際神社参拝の作法を説明するとき、神社側も訪問するのを例に挙げていますから『違う』とはいえないはずです。

私は氏神様以外ではいつも「ご縁をお許し頂きましてありがとうございます。無事に参拝させて頂く事が出来ました。これからの道中も滞りなく済みますよう、ご加護のほどお願い申し上げます。」と挨拶しています。

つまりはどちらでも気の済むようにすればいいということになります。
ただ昇殿参拝では、時期などによっても事前予約が必要な場合もありますので、そのつもりなら前もって問い合わせるほうがいいでしょう。
そうでなければ、普通に参拝しても充分だと、私は考えています。

投稿日時 - 2011-05-30 12:49:56

お礼

丁寧な助言を頂きまして、誠にありがとうございます。
とても参考になりました。
今回は、白山ひめ神社でご挨拶してから金剣宮にお参り致します。
昇殿参拝する時間があるか少し微妙なため、今回は普通の参拝としたいと思います。
但し、硬貨をちゃりんと入れるのではなく、一応封筒にお賽銭を入れて拝むこととしようと思います。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2011-05-30 23:29:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

別に構いませんよ。俗に複数の参拝は良くないと言いますが、私達神社めぐりを好むものや神道を勉強している仲間にそんなこと言ってるものはいません。私も一日に数社、多くて十社を巡る事もあります。
この場合、私的な祈願ではなく、ご挨拶をするという心構えが大切だと個人的には思っています。
(神社本庁の文献に拠れば、本来神社は感謝する場所であり、祈願も感謝あってこそすべきだと書かれています)

それに神社と言っても多くは明治の合祀令により複数の神様を祀っていますから、一ヶ所に参拝しても複数の神様に参拝するのと同じ事です。明治以前ならイザ知らず、近年になってハシゴがいけないという根拠はないんですよ。

それに白山ヒメ神社のサイトの御祭神のページの一番下をご覧下さい。
重要文化財として「絹本著色白山三社神像」が掲げられており、剣明神(金劍宮)の男神像が描かれています。
このことからも参拝を遠慮する間柄ではない事が伺えます。
できれば、一の宮である白山ヒメ神社を先に参拝し、後に県社であった金劍宮という順にしたら如何でしょう。

投稿日時 - 2011-05-27 01:49:00

補足

追加でもし宜しければ教えてください。
参拝の際は、ご挨拶と日頃のお礼をさせていただくつもりですが、
ちゃりんこ参拝ではなく、きちんと殿上参拝をした方がやはり良いのでしょうか?
また、白山ひめ神社⇒金剣宮の後、帰る前に再び白山ひめ神社に参拝した方が良いのでしょうか?
細かい点お尋ねしまして恐縮ですが、ご教示いただきますと幸いです。

投稿日時 - 2011-05-27 23:05:19

お礼

ご回答頂きまして誠にありがとうございます。
明快なご回答、大変参考になります。

投稿日時 - 2011-05-27 23:05:28

ANo.2

主神が白山比咩神社は菊理媛(というより白山そのもの)、金剣宮は天津彦彦穂瓊々杵尊ですから、問題は無いと思います。

菊理媛は女神で結構荒い神(山なので)ですから、他の女神を祀る神社(天照大神を祀る神宮や木花咲耶姫命を祀る浅間神社)でなければ大丈夫でしょ。まあ、実際には行っても多分大丈夫でしょうが、マナーとしてやめときましょう。

投稿日時 - 2011-05-24 03:03:50

補足

早速ありがとうございました。
金剣宮には金運をお祈りするためお参りに行くのですが、白山ひめ神社は、その地域の一宮のため、金剣宮にお参りに行くことのご挨拶に参るものです。
以前に白山ひめ神社には、このご挨拶のためお参りに参ったのですが、実際にお参りしてみると非常に気持ちの良い神社のため、その後も時々お参りに行っています。
今回、(1)白山ひめ神社にご挨拶⇒(2)金剣宮にお参り⇒(3)白山ひめ神社に無事お参りできたことのお礼という手順を踏もうかと思っていますが、そもそも同じ神社に一日に2回もお参りしても良いものなのかについても、ご教示頂けますと幸いです。
よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2011-05-24 23:30:52

お礼

早速ご回答いただきましてありがとうございます。
補足させていただいた点についても、ご教示頂けますと幸いです。

投稿日時 - 2011-05-24 23:31:47

ANo.1

 こんばんは。

 専門家ではありませんが、複数の神社を同じ日に参拝しても問題はないと考えられます。

 日本には八百万(やおよろず)の神様がいて、神社に行くと主殿以外に脇に社がいくつも並んでいる神社も少なくありません。

 神社の由緒書きを見ると、主神の神様の名前が書かれていて、合祀されている神様の名前も書かれています。

 つまり、一つの神社に参拝するということは、同時に複数の神様を参拝して、願い事があれば祈願するという流れになります。

 俗に言われるはしごをすると神様がけんかするなどといいますが、多くの神社には複数の神様を一つの神社内で祀っていますので、神様がけんかするという話は矛盾していることがすぐにわかります。


 同じ日に気にせずに、いくつもの神社でも、お寺でも納得行くまで参拝すると宜しいかと思いますがいかがでしょうか。

投稿日時 - 2011-05-24 01:29:25

お礼

早速ご回答いただきましてありがとうございました。
私も大丈夫な気がするのですが、色々な意見があるようなので、迷ってしまいます。
いづれにせよ参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2011-05-24 23:33:42

あなたにオススメの質問