みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アスペルガー 中学生 不登校原因

中学3年のアスペルガーの男子がいます。

現在、学校に行かれない状態です。
原因を色々考えていました。

本人は授業が無駄。1問を50分も掛けて解説する・・といい、それが原因のように言っています。
が、それだけが理由で中2まで皆勤で通っていた学校を登校拒否するのかと疑問に思っています。

ひとつ考えられるのは中2の冬に学校で事件があり、先生たちに取り囲まれた際、パニックを起こしたことがあります。
詳しく書くと特定されてしまうかもしれませんが、
登校途中に落ちていたマッチを拾い、先生に渡そうと思っていたところ忘れてしまい、友達に「これ拾っちゃった」と見せたところ友達が火を付けてしまいそこに担任が教室に入ってくる。
本人を別室に連れて行きたくさんの先生に囲まれ色々言われ防衛のため喋りまくりパニックになったということがあります。「すぐに先生に渡すのを忘れたのは悪いと思います。でもマッチを持っているだけで犯罪ですか?」など異常なくらい泣きながら喋りまくったと聞きました
これはおかしいと担任から呼び出されました。

そこで、こういうことがトラウマになり、大げさですがPTSDというものになっているということはあるのでしょうか?
そんなことくらいではPTSDにはなりませんか?

アスペルガーはトラウマになりやすいと聞いたことがあります。またPTSDといのは後から症状が出るとも聞いたことがあります。時期的にはぴったりなのですが・・
もし、これが学校に対しての拒否反応の原因だった場合は(診察を受けるつもりです)学校側に伝えるべきでしょうか?
伝えたところで「すいません」くらいで終わってしまうかもしれませんが・・・

アスペルガーだと伝えていたにも関わらず、パニックを起こすまで責め立た責任は学校側には無いのでしょうか?
原因がはっきりわからない不登校なので・・

このくらいでトラウマ、PTSDになる可能性はあるのでしょうか

投稿日時 - 2011-05-20 00:12:02

QNo.6749772

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

vzb04330です。

PTSD(post traumatic stress disorder、心的外傷後ストレス障害)は、広くマスコミや一般の方々の間でも使われることばとなっていますが、かなり誤解されているといいますか、本来の意味からはかなり広いものを含む形で流布してしまっています。

始めにきちんとした説明を述べさせていただきますと、精神医学的、心理学的には、次のように定義されています:

自分自身や他人の死、重篤な傷害に至る恐れのある事件を経験するといった「外傷体験」によって発症し、激しい恐怖感や無力感などを症状に含む不安障害の1つです。具体的には、戦争、地震、津波、火災、交通事故などを経験したり、テロ、強盗殺人、レイプなどの犠牲者になるといったことをきっかけとして発症します。

元々は、ベトナム戦争帰りのアメリカ兵に見られた不安神経症の症状から概念化されたものです。今回の東日本大震災で、地震や津波の被害に遭われた方の中には、PTSDの症状を呈される方も、たくさんいらっしゃると思います。

PTSDの方が示される症状には、
1)悪夢やフラッシュバックによって外傷的出来事を繰り返し再体験する
2)外傷的出来事と関連した刺激を持続的に回避しようとするか反応性の鈍麻を示す、さらには感情が萎縮し、極度のうつ状態をきたしたり未来に対して展望をもつことができなくなる
3)睡眠障害、易怒性、集中困難、過度の警戒心・驚愕反応・生理的反応など、覚醒の持続的な亢進を示す症状が認められる
という3つが中心となります。
これらの症状は非常に耐え難い苦痛を伴いますので、平穏な日常生活は破壊され、対人恐怖、性的困難、離婚、失職、アルコール依存、自殺などのさらなる障害や不都合をきたすことも珍しくありません。
約半数の方は、3カ月以内に回復するといわれますが、予後不良な場合も多くみられます。そういう方に対しては、薬物療法や支持的な精神療法だけでは十分な効果が得られないこともありますが、特異的な症状に焦点を当てた行動療法、認知行動療法などが有効なこともあります。

こうしたストレス障害につきましては、出来事が生じてから1ヶ月以内で収まる急性ストレス障害(ASD、acute stress disordder)と呼び、1ヶ月以上続くPTSDと、区別します。

さて、長々と説明をしてしまいましたが、お子様の場合、ここにお書きいただいたエピソードからは、PTSDの症状は呈していらっしゃらないと考えられます。
むしろ、自分の力だけでは、どう対処したらよいか分からない場面に出遭ってしまい、その意味で、普通に言われる「パニック」を起こしたというご理解でよろしいと思います。

ただし、お子様が示された反応は、アスペルガーなど発達障害の傾向をもつ方には特徴的な反応とは思いますが、それをご存じない方にとっては、「奇妙な反応」であるとか、「大げさな反応」であると捉えられてしまった可能性が高いのでしょう。

その後、現在に至るまでの間に、お子様がこの件について繰り返し思い出したり、夢に出てきたりするなど、苦しんでいらっしゃるようなことがなければ、PTSDではないとお考えになってよろしいと思います。
また、これが原因で不登校になったというのも、考えにくいように思われます。むしろ、お子様が言っていらっしゃるように、「授業が無駄。1問を50分も掛けて解説する・・」ということが、お子様には納得できないのだと思います。
これは、先だって拝見した、知能検査の結果からも、お子様は高い知能水準をお持ちでしたが、それをあわせて考えても、このように理解した方が、合理的かと思います。

このことで、診察をお受けになっても構わないと思いますが、不登校との因果関係の有無についての判断は難しいのではないかと思います。
学校側の対応の仕方は、確かに適切ではないと思います。アスペルガー症候群の子どもさんの特徴を踏まえていない対応であると私も思いますが、そこまで理解を求めるのは、現状ではなかなか難しいものがあるように考えられます(学校側を擁護しているわけではありません。あくまでも「現状では」ということで、申し上げています)。
むしろ、学校としては、「非行」と捉えて、過剰な反応を示したのではないでしょうか。

親御さんとしては、納得のいかない、配慮の足らない学校側の対応と思われることは、よく分かります。アスペルガーについて、よりいっそう、よく理解してもらうような申し入れはなさる必要があるとは思いますが、あまりに過剰にはならない方がよろしいかと思います。

それよりも、必要なことは、お子様自身に対して、親としては、お子様のなさることはよく分かっていることをきちんと伝え、お子様を心理社会的にも守ってあげることがきちんと伝わるような言動をなさること、さらには、知能検査のご質問の際にお答えしましたように、お子様の能力を認め、それを活かす道があるということを示して差し上げ、お子様がご自身で、将来に向かって動き始めることができるような方向付けをなさった方が、私としては、はるかによい状況に向かう道が開けるものと考えています。

つまり、お子様の将来に向けた関わりを第一にお考えになった関わりをされた方が、親御さんとしても心理的な負担が少なく、努力の甲斐が見込めると思うのです。

投稿日時 - 2011-05-20 06:24:42

お礼

ありがとうございます。
本当にありがとうございます。
私も色々本を読み、PTSDまではいかないであろうとは思っていましたが、アスペルガーということもあって普通の人が感じてしまう以上にショックをうけ、普通はならないであろうレベルなのにPTSDになる可能性もあるのではと思い質問いたしました。

本人は以前は法律にすごく興味を持っていましたが、「人を相手にするより機械の方がいいかも。機械なら正しく作ればその通りに動くし間違った作り方をすれば動かない。解りやすい。人間はこっちが正しくてもその通りにはならない」と言いだしました。

科学技術系の高校も良いな言っていました。(入れればですが)

学校には登校してほしいですが少し落ち着くまで待とうと思います。受験が心配ですが。
見た目はふつうに元気なので・・・わがままにしか見えません。
良い方向に向いてほしいです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-05-20 13:25:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

うちの息子もアスペルガーです。
中学に入ったときは優秀で生徒会までやって中3の2学期から全くの不登校で
先生には理解不能だったと思います。
欠席の電話も「頭痛で・・」などと言ったりすると
「ただ眠いだけなのに嘘を付いたらおかしい」という感じでした。

結局担任には滑り止めを薦められましたが
経済的に無理なので県立1本にしましたら
すご~~~~~く驚かれました!
「中浪でもいいのか?」ってね。

でも親であるこの私たちにも彼の内面は理解出来ないことが多いです。

小学校6年で児童相談所に行くように薦められて検査も受けましたが
この子の世界は普通の常識と違いますから
これから色々なことが起こってくると思いますけれど
親が謝るしかないでしょうね、と言われました。
あの頃はアスペルガーという言葉はない時代でした。

まあ小学・中学・高校・専門学校をへて
突飛なことは沢山ありましたし
学校をあてにしたことはありません。
却って感謝の気持ちで一杯です!

たまに理解のある先生にあたった時はすごく懐いて活き活きとします。
そうでない先生の場合は「叱責」「社会人としてやっていけないだろう」
・・まあそんなのも無理ないなあと思いました。

なんとか社会人となった今は
毎週のように(遠距離になったので)「どうしてる?」と電話してます。
息子ですが本当によく喋りますし成長してるなあ~と感激します。
あの子に教えられたり頼れる日が来るなんて・・!

話がずれましたが学校側に責任とは難しいかな?と思います。

専門家でもないし、息子さんをカウンセリングに通わせて
アスペなら社会に適応できるトレーニングが大事かと思います。

まだまだ学生のうちはそんなことも言ってられますが
実際の社会では通用しません。kubiにもなります。

少しづつでいいですから親が「あなたの味方だから」とフォローするのがBESTかなと思います。
信頼できる人がいればアスペの子はどんどん良い方向へ伸びていくと思います。

要は本人が自立して生活できることが目標で
その間のもろもろはある程度覚悟したほうが良いかと思いました。

最後にPTSDってアスペの子はあんまりないように思います。
うちの子はいじめられてたそうですけど(先生から聞いた)
本人は自覚ありませんから?「へーそうだったっけ?」
これも個人差はありますが親は神経質にならない方がいいかも知れません。

偉そうに失礼いたしました。

投稿日時 - 2011-05-20 02:17:08

お礼

ありがとうございます。

学校の責任・・という言葉がちょっと大げさになってしまったようです。
訴えるとかそういうものではなく、アスペルガーと知っていながら「6~7人で取り囲み責め立て、パニックを起こさせた」ことについて先生の勉強不足とか対応不十分に対して少しは責任を感じているのかなというところです。

実際に、中2まで無遅刻無欠席、無早退でしたのでどうしても考えられるのがこれしか浮かばなかったもので・・・

いじめなどは多少なりともあったようですが、おっしゃる通り中1くらいまでは「みんながみんな俺のこと好きなわけないからね」と言っていました。

「生徒手帳を取って違う町に捨てたりする奴がいるところには行きたくない。勝手に人のカバンを開けて勝手に消しゴムを使い、壊す。そんな奴がいる」と言い出しました。
これは、今回行きたくないと言い出したため「学校で困っている事があれば書き上げてみてとメモを渡した時に書いてありました。

しかしこれに関しては行きたくない一番の理由ではないようです。本人が言うには授業がむだということです。定かではありません。

そのマッチ事件の時に迎えに行ったときに見た顔がひどかったので、相当ショックだったのかなと思ってPTSDとかになるのかなと思い質問させていただきました。
(PTSDまでは行かなくとも、トラウマとして残ってしまい(自覚なし)それが登校拒否な感じになっているのかなと思いました。)

投稿日時 - 2011-05-20 12:49:56

学校に障害のことを伝えていても、担任の先生がその障害と本人の性格や行動に理解をしてくれていなければ、ただの予備知識程度の話で終わってしまうことでしょう。

意外と名前だけは聞いたことがあるという人は多いと思うのですが、その原因やら特徴や生活の困難さなど、深く知らない人が普通ですよ。

私の娘はアスペではありませんが、自閉なので特徴としては似ています。

やはり、責められること、自分の気持ちを上手く伝えられずにパニックになると、予想できない周囲の反応にトラウマになるだろうと予測します。

そして、一度経験したことを忘れにくいという性質もあるため、辛い経験をなかなか過去の事に忘れることは出来ないとも思います。

私は自分の娘ですから、このように質問の中の状況に立たされたら、子供はこう考えるだろうと、大体の見当がつきますが、家族でもなく、障害に対して深い理解と知識の無い人では、想像も出来ないのではないでしょうか。

「このくらい」という事は健常者の判断ですから、本人にとってはきっと全く違う感覚をもって、マッチの話は受け止めていることだと思います。

投稿日時 - 2011-05-20 00:22:49

お礼

ありがとうございます。

本人は「マッチを拾っただけで火はつけていません。先生に渡そうと思った。あいつ(友達)が火を付けた。付けなければ問題にならなかった」と先生に言ったそうです。「この事件の原因を作ったのはマッチを持って行った僕です。分かっています。先生にすぐ渡さな買ったのは本当に悪いと思います」と言ったそうです。何時間責められたのかは知りませんが、先生が入れ換わり立ち替わりだったみたいです。
でも、誰一人、先生は「そうか」とは言ってくれなかったそうです。

日ごろの行いが悪いんだろうということがあれば疑われても仕方がないと思いますが、どっから見てもオタク、ガリベン、くそまじめです。嘘はつけません、あるいみバカ正直ものです。

「このくらい」というところですが、健常者の考えるこのくらいではなく、「アスぺのこのくらい」という意味でした。分かりづらくて申し訳ありませんでした。
やはり、人それぞれ、アスぺもそれぞれですので「このくらい」という範囲もそのこそのこそれぞれなのですね。

なんだか、だんだん、学校に怒りが産まれてきます。何度も学校に行ってあれだけ伝えたのに。
でも仕方がないんですね・・・先生にしてみれば何百人の中の一人ですから・・そんなに責任は持ってくれませんね。

本人は相当辛かったんだろうなと思います。
子どもにとって何が一番いいか良く考えたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-05-20 00:45:53

あなたにオススメの質問