みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

納税証明等の勘定科目。租税公課、支払手数料?

いろいろな証明を取ったときの勘定科目を教えてください。 例えば、納税証明(収入印紙を貼る国税や、現金で払う県税)、 いろいろな申請料(現金の場合や、県証紙を買って貼る場合)、個人の住民票や印鑑証明(現金)、法人の印鑑証明や資格証明(登記印紙)などです。印紙等を買って貼った場合は租税公課、という感覚があるのですが、、。

投稿日時 - 2003-10-07 12:41:11

QNo.673488

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

印鑑証明、住民票、納税証明、申請手数料は現金で納めたりします。
一方、国に納める手数料は収入印紙を貼り、地方自治体に納める手数料は「収入証紙」を貼ります。
これらの費用は「租税公課」(又は「公租公課」)で処理するのが一般的です。

収入印紙を購入した場合と同じです。

投稿日時 - 2003-10-07 13:10:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

430人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問