みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

株について

今はパソコンで株の売買ができますが、たとえば東京電力の株を購入して下げたら損をして損を確定した場合の損失分は東京電力がうけとるもらうことになるのですか?それで逆にあがったところでうってもうかったお金は東京電力が支払うのですか?(いずれも手数料はのぞいてのことで

投稿日時 - 2011-05-08 02:10:19

QNo.6721866

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは、東京電力の市場で売買している株式は、以前に東京電力が市場に売り出した株式で、売り出した時点で代金は東京電力に入りますが、それ以降の取引は、その売り出した株式を誰かが持っている物を誰かが買っている状態す。
ですから普通の状態では、株式が上げようが下げようが、それは売買している人同士の損得でしか有りません。
東京電力は、儲かった場合に1株に対して幾らというふうに配当金としてお金を払うだけです。
また株主は、東京電力の経営に対して、株主総会などで賛成・反対をいうことが出来ます。
株価が高ければ、新規に株式を市場に発行して現金を集めるたいと思ったときに、高い株価に応じて有利な金額で株式を増発して多くのお金を集めやすいことになりますし、当然ですが株価が安いとそれだけ不利になり、買い手がいない場合もあります。

投稿日時 - 2011-05-08 12:15:24

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

現物取引を前提として話をすれば、株の売買は市場関係者(投資家やファンドとか)で行われるので東電は直接的には関係ないです。
たとえば、Aさんが一株400円で100株東電の株を購入した株を450円で売りたいと証券会社に依頼して買い手が付けば成立。買い手が付かなければ不成立です。一株450円で売れれば一株あたり50円の利益がAさんにはでますし、逆に株価が一株300円のときにAさんが手放せば一株当たり100円の損失です。
Aさんが得をするときは別のだれがが買ったときで、損したときはAさんに売った前の株主が結果的に得をしたってことです。

投稿日時 - 2011-05-08 02:39:52

あなたにオススメの質問