みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

趣味による上達と飽き性

絵描きです。
自分は絵を描き始めて4年という歳月を費やしてきた中で、アニメなどの版権やオリジナル作品をアナログで描いてはネットに公表し、評価を得ながら自分のモチベーションを維持してきました。「あなたには才能がある」という内容まで頂きとても充実した時間でした。しかしここ最近そのような評価を得ながらでも自分の描く絵に納得がいかないというか気にくわないことを度々生じさせてきて、絵を描かなかったり飽きて自分の才能をなかなかフルに発揮できなくなりました。今の自分は、絵を描いてるけど、楽しいと思ったり、心地よくなったりとそのような快適な時間をあまり持たなさ過ぎています。
するとこのようなサイクルが生じてきました。
絵を描く→飽きる→少し絵を描くのが楽しくなってきた→飽きる→結局絵を描く
このようなことばかり続くなかで自分はこう思いました。「自分が今やってることに嫌気がさしてきているのか?」そう考えてしまうと、ほんとに自分が嫌いになり仕方がないです。
自分には忍耐があるのに、どうしてもうまく長続きしない、他の人から「上手いね」といわれてもそれを上手く自分の絵を楽しく描く糧がどうしても作れない。
正直最近絵を描きたくないと思うようにもなりました。
絵をやめたくない、楽しく描きたい、そのような簡単なこともこなせない自分がほんとに嫌いで鬱になる。
このように自分ではいくら改善しても改善できないこの腹立たしくも不思議な感覚をどうにか解消していきたいです。
何かアドバイスを頂けたらなと思います。
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2011-04-07 22:16:38

QNo.6652190

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

はじめまして
新米ながら漫画を仕事にさせてもらってる者です。

こういうサイクルとても分かります、何度も経験しました。
経験上、飽きる、褒められても納得できない、そういう感覚を持つ時は
自分の技術や作品の粗が見えるようになってきた時なので
成長の過程なんだと思うようにしてます。

あと、スランプなんじゃないかなーって
スランプも人それぞれですから
一度絵から離れてみるもの良いものですよ。
趣味との事ですし、しばらく離れたら自然と描きたくなるもんです^^
元来趣味とは頑張るものとは違いますし
描きたい心さえ忘れなければいつか手は動くと思います。

ただ、上達したい思うのならば
なぜ満足できないのか、そこで自分で見つけて改善、消化しなければ
自分自身の満足感は得られないと思います。
これは趣味の域を超えてクリエイターとしての苦しみになりますが。
どんな凄いクリエイターでも飽きる、萎える瞬間てあると思いますから
あまり深刻に考えずマイペースに過ごされるのが良いのではないでしょうか。

描きたくないときは描かなくて良いと思いますよ?
描きたくない時に頑張って描くと色々と詰まりますからね
それを繰り返すと絵を描く事自体が苦痛になっちゃいますから

投稿日時 - 2011-04-08 18:29:08

お礼

回答ありがとうございます。
回答者さんのおっしゃる飽きる→それでも描く→成長の糧という理論的な事柄はとてもよくわかるのですが、ではなぜそうなるのか?などの答えはやはり自分で見つけていくしかないんだなと思いました。
これからも頑張ります。

投稿日時 - 2011-04-08 23:26:24

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

上級者の悩みでしょうか?

しばらく充電期間と思ってはいかがですか、
ブラブラと色々なところに出かければ刺激を受けるかもしれませんね。

コンテストに挑戦も良いかもしれませんよ。

投稿日時 - 2011-04-08 07:31:43

よく分かります。当方は趣味のプログラマです。似たようなサイクルを15年以上やってます。最長で2ヶ月プログラムしなかった事があります。

レオナルドダビンチもそんな人だったそうです。仕事の期日を守らないので有名だったとか。プロの漫画家でもそういう人はいるみたいですし。

逆に「さいとう・たかを」さんのように完璧にモチベーションを維持しつづけるプロもいますよね。


それにしても強い葛藤でお悩みのようですね。プログラムと違い絵は理路整然と解釈できない分、行き詰まると難解なのかもしれませんね。

アドバイスになるかどうか分かりませんが、まったく違うアプローチに挑戦されてはいかがでしょうか?写真とか旅行とか。
かくいう私もC++言語一筋でしたが、あえて対象外の言語やOS、ハードウェアにも触れてきました。それが意外な発見と視野狭窄からの脱出に繋がり、新しい方向性を見つける事もできました。そして今も大いにプログラミングを愉しんでいる次第です。

「知ってることしか知らない」というプログラマの格言があります。なかなか含蓄があるとは思いませんか?

投稿日時 - 2011-04-07 22:48:44

あなたにオススメの質問