みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ドバイ・メイダン競馬場

ドバイワールドカップが行われたメイダン競馬場のコースが全天候型だという。
日本の競馬場ダートコースとどう違うのか?

投稿日時 - 2011-04-05 10:19:14

QNo.6645695

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

以下、ドバイWC直前にヤフーで紹介されていた記事です。
http://jra.fc.yahoo.co.jp/6/47/

ドバイワールドカップは、メイダン競馬場のオールウェザーコースで行われる。「全天候型馬場」という名のとおり、水はけがよく、風で飛んだりしにくい、新素材の人工馬場である。

頭文字をとって「AW」と表記されるこのコース。メーカーによって呼称が違い、メイダン競馬場のAWはタペタ社製の「タペタ」。

日本の美浦トレーニングセンターや栗東トレーニングセンターなどで調教用に使用されているAWは「ニューポリトラック」というもの。
タペタは砂にゴム片や人工繊維、ワックスを混ぜたもの。ニーュポリトラックは、砂にゴム片や電線の被覆材などとワックスを混ぜたもの。

日本のダートコースは砂のみ。砂の質や砂厚は競馬場によって異なります。

投稿日時 - 2011-04-05 13:24:41

お礼

なかなかのスグレ物ですねぇ。
日本の競馬場も導入すればいいのに。

投稿日時 - 2011-04-15 09:57:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問