みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

無料で使えるサービスがいっぱいあるのに・・・

どうしてもわからないことが・・・。
NTTコミュのCM(国仲出演)をみて、某サイトを見てみました。

CMはちょっとノスタルジーを感じさせていいできなのでどんなサイトか気になりました。

ちょっとは期待したもののそれって無料でできるじゃん、という類の有料サービスばかりでした。

果たしてこのようなサービスの需要はあるのでしょうか?インターネットビジネスに詳しい方、NTTコミュの当サービスに興味ある方、マーケットニーズや申し込んだ心境を教えてください。

私には莫大なお金をCMに使ってどうしてリターンが達成できるのか?なぜいまごろになってNTTがこのサービスを提供し出したのか?がわからないのです。こういったサービスってニーズがあるとは・・・。

投稿日時 - 2003-09-25 00:54:57

QNo.663558

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

サポートなしでは不安な方、ひとつのサービスで何でも要求を満たしたい方、自分であれこれサービスを探すスキルがない、などなど、初心者向けの有料サービスが成立する要素はいくらでもあります。

そもそも、Linuxなら無料なのにWindowsが商品として成立していますでしょう。ITってのはそういう世界なのだろうと思います。

投稿日時 - 2003-09-25 10:40:23

お礼

回答ありがとうございます。私にはなぜあのサービスが成り立つのか?全然わからないんです。

投稿日時 - 2003-09-26 03:54:38

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

> サポートなしでは不安な方、
> ひとつのサービスで何でも要求を満たしたい方、
> 自分であれこれサービスを探すスキルがない、
> などなど、初心者向けの有料サービスが成立する
> 要素はいくらでもあります。

この回答では納得できませんか?

LinuxがWindowsよりとっつきにくいように、自分で個別の無料サービスを探して、ひとつひとつ契約して、ということが「できない/したくない/する気がない/単に知らない」という方が少なくないということです。

しかも無料サービスはいずれも電話によるサポートはもちろん、電話による申し込みにも対応していません。若い人は電話サポートを嫌いますが、中高年の方はメールでのサポートを嫌う方が少なくありません。

さらに、ごちゃごちゃ考えなくとも、ほしいサービスを一括で手に入れられる。だから操作もひとつ覚えればいい(サービスの使い分けは、ITスキルの低い人には非常に面倒くさく思われる)。これらも重要なことです。

だから、NTTコミュニケーションズの有料サービスに需要があるのです。

「何ができるか」だけを見れば、無料サービスをたくさん組み合わせても結構です。しかし、「どのようにやりたいことを実現するか」という点で、無料サービスとNTTコミュニケーションズの有料サービスには格差があります。スキルのある人には、「どちらでも同じことができるのに」としか思われないでしょうが、そこにはLinuxとWindowsの差があるわけなのです。

注:
LinuxにはMS Office互換の無料のビジネスソフトがあり、通常の事務作業や、個人利用ならLinuxで不都合はありません。MS社の有料ソフトなど使わなくとも、Linuxなら何でも無料でできます。解説書だって、それなりにたくさん出ています。

にもかかわらず、WindowsもMS Officeも売れ続けています。それは何故ですか? その答えと、NTTコミュニケーションズの有料サービスに需要があることの答えは本質的には一緒です。

「できる人」から見れば、わざわざ何万円も出してMSのソフトなど使っている連中はバカに見えます。でも、MSのソフトを使う人にとってみれば、それでもMSのソフトを使いたい理由がある。できることが同じだからといって、「無料のLinuxでいいよ」ということにはならないのであります。

投稿日時 - 2003-09-26 08:40:42

あなたにオススメの質問