みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

護摩焚き供養について

友人に誘われて、真言宗のお寺で護摩焚きの供養に参加しました。
初めての体験で、雰囲気に圧倒されました。
普段の生活の中では、お仏壇に手を合せる、お彼岸などにお墓参りをするぐらいしか、していません。実家は真言宗のお寺さんに、お世話になってはいますが、檀家として熱心ではありません。
ですが、今回の護摩焚き供養の体験は、強い印象を感じました。
御住職から、これからも参加しては、と勧められ、そうしたいなと思いました。
そのことを家族や友人に話したところ、意外に否定的な意見が多いのです。
「独特の雰囲気に乗せられただけ」「実際に護摩焚きの力がある僧侶は、数人しかいない。形だけの供養では、ご利益は無い」「結局はお寺の収入のため」
自分は特別、宗教について深く考えたことも無いし、真言宗についても、護摩焚き供養についても、ほとんど知りません。
ただ、日常生活の中に、時に、あのびしっとした時間を経験したいという気持ちです。
そこで質問ですが、護摩焚き供養について、ご意見をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
どんな観点からでもけっこうです。
教えてください。

投稿日時 - 2011-03-27 17:24:35

QNo.6624831

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

護摩行には外護摩と内護摩があるといわれています。
外護摩とは実際に火を用いて行う修法です。
内護摩とは、悟りの智火で煩悩を焼尽する行とされます。
内護摩を修する事のできる行者にして、外護摩の持つ方便力を発揮できるように思われます。
そういった行者は数が少なく、素人には区別がつきかねるかもしれません。
拝火ショー的な面だけに捉われやすい点にご注意なさってください。

投稿日時 - 2011-03-27 19:10:22

お礼

御回答ありがとうございます。
自分はすぐに影響されやすいところがあるので、初めて体験した護摩焚きに圧倒されました。
「拝火ショー的な面だけに捉われやすい」というのは、よく解ります。
そしてその際に、御住職がお話されたことに、感銘も受けました。
今まで関心のなかった世界に、少し興味を持ち始めたという感じです。
こういった話題を人と話し合うというのも、新しい知識を得られるよい機会だと思います。
          

投稿日時 - 2011-03-28 12:21:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

私の行っている、厄除けのお寺が真言宗です。
その地ではけっこう有名なお寺なので、
初めて行ったとき、「これが護摩焚きか~。」と
テレビなどで見るイメージと違って安心しました。

勝手に護摩焚きを、祈祷・まじないなどのちょっとオカルト的なものと思っていました。
実際はそうではなくとも、
自分の親しい人がむやみに行きたがると、心配してしまいます。
ですから、年1回くらいにしておいて、家内安全とか、交通安全とかを含めて、
行ってはいかがでしょうか?

それにしても、ご実家が真言宗なのに、今まで護摩焚き見たこと無かったんですか?
法事とかあったでしょうに。。

投稿日時 - 2011-03-27 19:33:49

お礼

御回答ありがとうございます。
オカルト的なものという感じ、自分もそう思っていました。
でも、違いました。
真剣で荘厳な、身がひきしまるような感動がありました。
もし、悩み事なんかで困ったら、行こうと思いそうです。
実家が真言宗なのに、護摩焚きを知らなかったのは、お恥ずかしいかぎりです。
お寺関係の仏事は、親まかせ、お年寄りまかせで、逃げ回っていました。めんどくさそうで。
これからは心を入れ替えます。

投稿日時 - 2011-03-28 12:36:12

あなたにオススメの質問