みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

美術館で撮ったものの著作権

こんにちは。
今まで私は趣味で西洋の服飾史を研究してきたのですが、そのまとめサイトを作ろうかと思っています。
商業目的ではなく、ごちゃごちゃしてる資料を整理したいのと、誰かの役に立てるかなーと思ったからです。

その際の著作権についてお聞きしたいのですが
海外の美術館で撮った100年以上前の絵画の写真を資料としてサイトに載せるのはセーフなのだと理解したのですが(間違っていたらご指摘お願いします)
製作者不詳の衣装そのものや無名の方がうつっている写真の場合、著作権というのはどうなるのでしょうか?
その美術館が入場無料・有料で問題は変わってきますか?

場合によってはサイト製作を考え直すのでどなたか詳しい方、教えてください・・
よろしくおねがいいたします。

投稿日時 - 2011-03-22 15:54:58

QNo.6612175

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

通常はほとんどの美術館で著作権の規定を持っています.まず,それを参照することをお勧めします.
一般には著作権法30条や35条による権利の制限の範囲で使用が認められています.具体的には,教育機関や私的使用の範囲(家庭内使用)です.
業として使用することは美術館の権利(例えば,画集の販売・配布)などを侵害することになるでしょう.
また,著作権には様々な権利が含まれています.許諾なくサイトにアップロードすると公衆送信権の侵害になります.
写真の場合でも,写っている人が著名人でも一般人でも肖像権の侵害の可能性があります.
美術館が入場料無料かどうかは直接関係ありません.

投稿日時 - 2011-03-22 18:42:27

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-03-22 22:44:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

美術館に衣装が展示されているのですか?
衣装に著作権があるのかといえば、原則的にはありません。著作権は文化的な創作物を保護する権利であって、原則は服のような工業的デザインは意匠権での保護対象です。まぁ、著作権と意匠権の保護領域が重なる部分もあり、衣装でも実用性を無視しての十分鑑賞性に足りるならば応用美術として著作権法でも保護される可能性はありますが。着るために作られた衣装ではなく鑑賞するための衣装なら著作権の範囲でしょう。
通常美術館が著作権も持つわけではありません。ただ撮影に関して美術館が禁止することは管理権からできるので、撮影に関して許可を得て至り撮影自由な美術館なら、美術館との間に問題はありません。適法に複製されたものなら所有権はもう及びません。

投稿日時 - 2011-03-22 17:31:27

お礼

詳しく教えてくださりありがとうございます。

投稿日時 - 2011-03-22 22:44:34

ANo.2

とりあえず、写真を取る時点で美術館の許可が必要。
んで、それ以降は美術館側に話を聞かないとなんとも言えない。

基本的にアウトで、ちゃんと勉強しなおす必要があると思います。

投稿日時 - 2011-03-22 16:25:58

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-03-22 22:44:52

ANo.1

微妙な話です。
普通は全て所蔵してる美術館に帰属するのと
通常は写真などの掲載は全て許可が必要です。

よって気持ちは解りますが、解決する努力に見合うサイトになるかが疑問です。

投稿日時 - 2011-03-22 16:15:17

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-03-22 22:45:09

あなたにオススメの質問