みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

異様なまでの嫉妬心はどうすれば…

質問お願いいたします。
タイトル通り、私はとても嫉妬心が強いタイプです。
彼氏にヤキモチなんかは当たり前ですし、同性にもヤキモチを妬きます。
どちらかと言えば、同性に対してのほうが執拗な嫉妬心かもしれません。
ブリッコとかナルシスト、イヤミっぽい、媚びを売る女とかを見ると頭に血が昇るほどイライラします。
そしてその原因は、自信のなさだと思います。
その他、負けず嫌いだったり意地っ張り、強がりで頑固だったりするためそれも大きな原因だと思います。
とにかく私は心に余裕がないのかもしれません。
自分より優れている人を見ると、イラつく反面『私なんか…』と悲観して劣等感に溺れてしまいます。
私もヤキモチなんか妬きたくて妬いてるワケじゃないのですが、気づいたらスイッチが入ってしまいます。
でももうそんな自分に疲れました。
そういうのって醜いですし、これを続けるかぎりもっと醜くなりそうでコワいです。
私が嫉妬心に溺れている時は、腹黒いというか憎悪の塊です。
嫉妬してる同性に対して、ものすごくヒドいことを考えてしまいます…。
でも結局は自分が苦しいだけなんです。
そのことばかり考えて、劣等感に陥って、何も手につけられないほどイライラして、気が狂って、恨んだり憎んだり…。
自分でもなんでこんなに恨む気持ちが強いのだろうと思います。
まるで心の奥底に黒いものが押し寄せてくるような感覚です。
このままだと自分が滅びてしまうような、壊れてしまうような…。
そして最終的には卑屈になって、塞ぎ込んで、自分の存在価値がないように思えてきます。
だから自分のために嫉妬心を消したいです。
細かいことなんかいちいち気にせず、もっと自分に自身をもちたいです。
もう他人を気にするのは疲れました。
ちなみに、自分に自身をもてるように努力はしましたが嫉妬心は消せませんでした。
何かいいアドバイスがありましたらよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2011-03-22 05:45:54

QNo.6611212

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

自分に自信をつけるために、何か得意分野を作ったほうがいいのではないかと感じました。仕事でも、趣味でも、資格でも、興味のあるものを深めていって、これだったら誰にも負けないぞ、というのを作ってはいかがかと感じました。

投稿日時 - 2011-03-22 06:48:29

お礼

ご回答ありがとうございます。
そうなんですよね。
何か特技をもつということは強みになりますね。
私もしてみたいことはあります。
ただ、今までできる環境じゃなかったというのもあります。
でもなんだかんだ理由をつけてしなかったというのも事実です。
できないものはしょうがないにしろ、今 自分ができることをしていきたいと改めて思いました。
ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-03-22 14:27:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

嫉妬の対象は同年代の女性で、その人達の生活環境なのですね。

あなたが育った環境があなたには望ましいものではなかったとしても、これから生きて行く環境は、あなたの努力でいか様にも変えることが出来ます。
それなのに何故嫉妬心を持ち続けなければ成らないのでしょうか。嫉妬心を持っていた方が生き易いのでしょうね。
勇気を出して、誰かのことを眼一杯褒め上げて見ませんか。羨むことはもう止めるには、人を褒めてしまうのが一番だと思いますよ。あなたが良いとは思わない生育環境で育ったことが今のあなたを形成しているとしても、あなた自身が書いたように、その環境の所為にしていたほうが楽だったのだと思います。

でも今現在は、その環境と周りの人間の所為にしても、何も楽にならず、苦しさが残っているだけなら、辞めようと思う言動を一切止めてしまうべきだと思います。その為に、羨ましく感じた女性や、嫉妬の心が顔を見せてしまう相手には、意識して、ほめてしまうことを試してみませんか。
人を裁いたりせず、清濁併せ呑む様に、気に入らない人も善しとしてしまう練習が出来たら、嫉妬心は薄れるように感じます。

投稿日時 - 2011-03-23 07:07:17

お礼

再度ご回答ありがとうございます。
うまく書けませんでしたが、私の嫉妬の理由が様々あるように、嫉妬の対象も様々です。
要は自分の気に入らない人に嫉妬してしまうのですよね。

そうですね、人を受け入れるよりも嫉妬をしていたほうが私には生きやすいのかもしれません。
ただ、回答をしてくださっているのにすみません。
褒めるのは、嫉妬心を直すことには繋がらないと思います。
私は嫉妬心をもっている人に対して褒めることはできません。
それは嫌いな人を認めなさいと言っているようなものではないでしょうか。
それに、褒めるということは本心から出る言動だと思います。
思ってもないことを言うなんて私にはできないです。
あと、やめようと思う言動を一切やめるべきと言っておられますが…それはわかっています。
でもそれがなかなかできないから悩んでいるのです。
あなたが回答してくださった内容をすべてでるなら、それはそれは完璧な人間だと思いますよ。
でも実際にそんな人はいますかね。
仮にいたとしても、稀ではないでしょうか。
それに、嫉妬心で悩んでいる私にはあまりにもハードルの高い内容だと思います。
例えるなら、人間からお釈迦様になれというようなものです。
さらに言うなら、底辺から空高くまでは見渡せませんよね。
だったら空飛ぶホウキを作れと言うのでしょうか。
そんなのできるワケがないですよね。
見渡すとしたら身近な飛行機に乗るなりなんなりするハズです。
私はそれを聞いています。
…回答してくださっているのにあまり否定的なことは言いたくありませんが、私には高すぎて何をどうすればいいかわかりません。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-03-23 08:54:45

ANo.4

心の働きはその時その時で異なります。
あなたが自信が無いために嫉妬することがあるのと、あなたの嫌いな性質を見せる人にイライラしてしまうのでは少し違う様に思いますが、どうでしょう。
自信を持てるようになっても、まだ直せない嫉妬心は、自信の有無が問題では無いと言うことですね。

人はあらゆる性質を持っているのが普通です。あなたが嫉妬してしまう人の性質はどの様なものなのですか。その性質では無く、技能とかスポーツとかの能力なのですか。
性質に嫉妬するのでしたら、それはあなたが自分で持とうとせず、他の人に任せてしまったからです。
昔何かの出来事があり、それ以来あなた自身で持とうとしなかった性質ではないかと思いますよ。

何に嫉妬するのかを説明して貰えたら、嫉妬心を持たずにすむ方法も見つかるでしょう。

投稿日時 - 2011-03-22 09:33:07

補足

すみません。
お礼がとても読みにくい文章になってしまいました。
なんとなくでもご理解いただけたらありがたいです。

投稿日時 - 2011-03-22 16:03:17

お礼

ご回答ありがとうございます。
確かに自信のなさとは関係のない嫉妬もあります。
色々なご回答をいただいて改めて感じたのは、私はもともと同性が嫌いで拒絶感をもってしまうということです。
昔のトラウマもあり、同性には陰湿というイメージしかありません。
女性恐怖症というワケではないですが、とくに同年代などの特定の人には嫌悪感があります。
あと、私は人を先入観で判断することが多々あります。
人の好き嫌いも激しいです。
負けず嫌いなゆえに、嫉妬心自体は昔からありました。
でも周りでの色々なことから嫉妬心が大きくなっていったと思います。
ただ、全部とは言えませんが嫉妬心は自信のなさに繋がっていると思います。
そうですね、自分でもとうとしなかった性質や、塞ぎ込んでばかりで前を向かない部分がありました。
ただ、私の環境は複雑でした。
その環境に悲観してばかりで、自分を自分で埋もれさせた部分があることは事実です。
現実は辛い…苦しい…だから私の環境のせいにすれば、現実から逃げる言い訳をすることができます。
結局は甘ちゃんなんですね。
でも環境に縛られていたことも事実です。
私の環境は変わっていました。
『なんでこんな環境に生まれてきたのだろう』と何度も思いました。
もちろん、皆それぞれ苦しいことを抱えて生きているのはわかります。
ただ、私は環境から歪んだ部分が出てきてしまったのかもしれません。
大変なこともあるだろうけど他の子は平凡に過ごしている…私には自由がない。普通の暮らしができない。
要は羨ましかったんですね。
今でも輝いてる人を見ると潰したい衝動に駆られます。
存在自体が邪魔になります。
私の目の前から消えてほしい。
でも、私は臆病だから潰すことなんてできません。
当然のことですが、それをしたらおしまいだと思っています。
これは書いていて思ったことですが、私は人の自由を壊したいのかもしれません。
その自由に嫉妬しているのだと思います。
でも先ほども記載したように、私がこの環境を言い訳にしていたことも事実です。
一度そうすると卑屈になってしまい、ただ墜ちてゆくだけで登ることを忘れた人間になってしまうのかもしれません。
…とまぁ、原因は色々ありました。
長くなってしまい申し訳ありません。
ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-03-22 15:58:51

ANo.3

きっと真面目で純粋な方なんですよ。

自分の弱さを受け入れるのは、鎧をはずすようなものでとても不安ですよね。
傷ついたり、失敗したり、怖いです。
ずるく、うまくやっているように見える人に不安感をぶつけて身を守りたくなります。
そんな、自分のことわかっているから、辛いのかなと思いました。

自覚の有り無しや大小あっても誰でもそうなんじゃないですか?

優劣なんてはかないものですよ
自分が本当に望むことに邁進して、途中経過や周りの言葉に一喜一憂しない本物の強さを手に入れたいといつも思います。

投稿日時 - 2011-03-22 07:47:22

お礼

ご回答ありがとうございます。
そんなふうに言っていただいて、嬉しいです。
自分の弱さを受け入れるのは~身を守りたくなりますの部分、ほんとうにそのとおりです。
そうですね。
誰にもあることかもしれません。
"本物の強さ"というものは深いですね。
私の場合は単なる強がりなので…ほんとうは弱い人間なんですよね。
ただ、今までその強がりだけが私の支えでした。
強がる気持ちがなくなった時は、私が潰された時です。
でも偽物の強さなんて脆いものです。
私も本物の強さを手に入れたいと改めて思いました。
ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-03-22 14:41:26

ANo.1

まるで私を見ている様でした。
嘘ではなく本当に!
質問者様と全く同じです。
自分に自信がないのも自覚しています。
が、それ以上どうする事も出来ず今に至ります。

私が言っても説得力の欠片もないのですが、嫉妬心って人間みんなあると思います。
私自身、嫉妬心はこれから先どうも消せそうにない;ので、これからも嫉妬心と共に生きていくつもりです(^^;)
自信が付く自信もありません;

質問の確かな回答になっていませんが、私は相手がどうにも憎い時には『気にしてる場合か。他にやる事あるだろ』と自身に言い聞かせて落ち着いています(^^;)(偏屈女ですね;;(実際やる事なくてもこう言い聞かせてます;
あと、自信を失ってしまった原因を考えるのも良いと思います(^^)
私の場合は中学校時代のいじめ(笑;
そりゃあもう汚いだの〇〇菌だの散々でした(^^;)

ロクな回答出来ずにすみません;
お互いに頑張りましょう!(^^)

投稿日時 - 2011-03-22 06:17:35

お礼

ご回答ありがとうございます。
私と同じような方がいて、嬉しく思います。
確かに嫉妬心を直すのは難しいですよね。
知らず知らずの間に嫉妬しているのですから…。
ただ、自分の憎悪に埋もれてゆくのも苦しいですよね。
でも嫉妬をする自分を受け入れるというのも、ひとつの手ですね。
自信を失った原因は色々ありますが、Ark2010さんと同じで小中学生時代のイジメもひとつの原因になっていると思います。
もともと消極的で引っ込み思案だったせいか、女子グループの的にされました。
言われた言葉こそそっくりで、汚いだの気持ち悪いだの…。
今 思えば、その時から恨む気持ちが強かったです。
『絶対許さない』って毎日のように思ってました。
今でも引きずっていますし、トラウマになっています。
もともと同性というものが好きでなかったため、その件でさらに嫌いになりました。(陰湿でネチネチしたイメージしかないです。とくに同年代や特定の人には先入観だけで拒絶してしまいます)
…なんだか長くなってしまい、申し訳ありませんでした。
でも同じような悩みを抱えている方がいて、とても共感しました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-03-22 14:21:15

あなたにオススメの質問