みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

放射能単位

原発問題でよく耳にする放射能の単位、シーベルトについてですが、マイクロシーベルトと、ミリシーベルトって、どういうことですか? CTスキャンであびる放射線が6.9シーベルト、原発周囲は通常の400倍の4ミリシーベルトとか、きくたびに単位が違うような気がするのですが。だれか、わかりやすく教えてください。

投稿日時 - 2011-03-18 13:41:25

QNo.6601597

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

これが分かりやすいです。
http://gigazine.net/news/20110315_sievert/

投稿日時 - 2011-03-18 13:55:52

お礼

大変わかりやすかったです、ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-03-19 21:43:01

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

19人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

まず放射能というのが放射線を出す性質の事で
シーベルトはその「放射線」が人体に与える影響を表す単位だそうです。

東電の会見でよく使われている単位はシーベルト/hourです。(1時間あたりに浴びる放射線量)
「シーベルトパーアワー」と発音していたかと思います。
既にミリとマイクロの違いは回答にあるとおり
1シーベルト=1,000ミリシーベルト=1,000,000マイクロシーベルトとなります。
例えば自衛隊員は5年間で100ミリシーベルトまで浴びてよいことになっていますが
もし作業する場所が1ミリシーベルト/hourだとすると、100時間が作業時間の限界ということになります。
ちなみに短時間に400ミリシーベルトの放射線を浴びると白血球の減少等が起きるようです。

>福島第一原発の事故現場付近では、400ミリ・シーベルトの放射線
400ミリ・シーベルト/hourだと思います。
つまりこの場所に1時間いると白血球現象等、健康に影響が出る可能性があります。

>CTスキャンであびる放射線が6.9シーベルト
6.9ミリシーベルトかと思います。

>原発周囲は通常の400倍の4ミリシーベルト
4ミリシーベルト/hourだとすると自然に受ける放射線量の14,600倍になります。
※4*24*365/2.4(年間自然に受ける放射線量)=14600

放射線が人体に与える影響は不明な部分が多いようですが
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%AB%E6%9B%9D
にある「人体に対する放射線の影響」
が参考になるかもしれません。

投稿日時 - 2011-03-18 15:51:33

お礼

ミリシーベルトとマイクロシーベルトの違い、ありがとうございます。大変、わかりやすかったです。
自衛隊の被爆量がそうであれば、通常の人体が浴びていい放射線量は、どの程度なのでしょうか?

投稿日時 - 2011-03-19 21:35:43

ANo.1

ミリ、マイクロってのは普通に使う単位ですね
1ミリメートルとかのミリと同じです 1シーベルトの1/1000が1ミリシーベルト
マイクロは百万分の一の単位ですつまり
1mSv=1000μSvってことです

投稿日時 - 2011-03-18 13:46:24

お礼

ミリとマイクロ、わかりやすかったです。ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-03-19 21:36:36

あなたにオススメの質問