みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

生命保険の掛け替えについて

生命保険の掛け替えと強制解約について


10年程前から掛けていた生命保険を保険の見直しをして
2009年2月に生命保険の会社を変更して契約をし直しました。
その際卵巣の「多嚢胞性卵巣」と言う病気で病院に通院して投薬していたのですが
「生理不順によるものだから生理を正しい周期で治す為に投薬しましょう」
と主治医から説明を受けプラノバールを投薬されていました。
その後毎月通院していましたが完全予約診療の割に1時間近く待たされ
診療はたったの5分(しかも問診のみ)
2009年11月頃から体調が悪くなり主治医に内診(エコー等)するよう
何度もお願いしていたのですが一切検査して貰えず
2010年2月に年1回の癌検診があるのでその時まで待ちなさいと言われ
仕方なく2月まで待っていました。
そして2010年2月の検査で子宮頸癌(正式病名は「異形成」なので前癌病変です)
が見つかりそこの病院に不安を感じてすぐに転院をしました。
転院した病院で「多嚢胞性卵巣の所見が見受けられない」と主治医にも
言われ子宮頸癌(異形成)の病気の手術日程が決まり2010年9月に手術を受け
診断書には「寛解」と言う診断をいただいております。
その後生命保険会社に保険の請求をした所保険を掛けてから年数が浅かった為
保険調査会社から調査が入り「多嚢胞性卵巣」の病状が
「告知義務違反」に引っかかり(病歴の経緯はきちんと契約時営業に伝えてある)
強制解約の通知が先日届きました。

お伺いしたいのは
まず営業にきちんと事実は伝えてあった事
(そしてそれなのに強制解約になった事に納得がいかない)
また前主治医の診断に疑問を感じる事。
(転院先の主治医は「多嚢胞性卵巣の所見が認められない」と言ってる事)
※しかも前主治医は「喫煙者(こちら処方出来ない本数を吸う喫煙者です)
にはプラノバールは処方しない」(血栓症のリスクがある為)
と言っていたにも関わらず薬剤処方(薬剤料等)で加算しています。
(薬は調剤薬局で受け取ったり受け取らなかったりしてますが服用はしていません)
もしこの強制解約を受けなければいけないとなると、
次に保険はかけられるのか・・・(特に女性疾病が不安なので)
等詳しい情報を教えて下さい。
保険会社から届いている書類には2/12まで通院していたと記載していますが
実際は2/25日にも通院記録あり(←領収書保管してます)
これは第三者調査会社からの報告を基に記載されています。
突然強制解約通知が届いて驚いていると共に、
生活が不安で・・・また疾病の(今後再発→癌化)病状悪化する事等
生命保険が無いと入院等も出来ない(自腹で高額医療を受けるのは無理なので)
と言う不安があり(生命保険は3月11日で強制解約の通知が3月16日に届いており
既に解約扱いになってると思うのですが・・・)
どうしたら良いのか不安で眠れません・・・。
どうか助けて下さい。
なお女性疾病で強制解約になったのですが女性疾病と癌保険部分だけ残っており
医療保障(一般部分?)だけ強制解約になっています。
告知義務違反だというならば「女性疾病」の解約、そして異形成は癌に進行する
可能性が高いからそこが強制解約なら、まだ少しは納得できるのですが・・・?

ちなみに今まで掛けていた保険は(14000円位の掛け捨てではない保険です)
宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2011-03-18 10:11:38

QNo.6601218

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

生命保険専門のFPです。

(Q)女性疾病で強制解約になったのですが女性疾病と癌保険部分だけ
残っており医療保障(一般部分?)だけ強制解約になっています。
(A)この保険は、死亡保険が主契約となっており、
医療特約を主契約に付加しているというタイプの保険だと思います。

今回は、この医療特約を解除されたものだと思います。
一般的に、女性疾病特約は、この医療特約とペアになっているので、
医療特約が解除さられると女性疾病特約も自動的に解除になります。

がん保険部分というのは、主契約に付加されているのか、
医療特約に付加されているのか、ご質問の文面からではわかりません。
医療特約に付加されるものならば、医療特約を解除されれば、
がん保険部分も自動的に解除になります。

ご参考になれば、幸いです。

投稿日時 - 2011-03-18 10:34:36

お礼

度々ご親切に本当にありがとうございます。
落ち着いたら少しずつ内容が理解できてきました。

相手の保険会社に問い合わせをした所(外資系です)
「医療特約」だけの強制解約と言う事で、
女性疾病と癌保険はオプションだけれど別物
(この保険は女性疾病と癌保険は強制解約にはならないそうです)
書面を再度確認した所
「強制解約」には医療保障の部分だけでした。
ですから「医療保障の部分だけ強制解約しますので女性疾病と癌保険だけ掛けて下さい」
と言われました・・・。(確かに書面にもそう記載あり)
ちょっと先ほど主治医にも相談したんですけれど・・・。
「こんな保険会社ないよね・・・。
自分達に都合悪い部分(?)だけ切り取って後は金だけ支払えと言う事でしょ」
実際引っかかったのは女性疾病が問題で強制解約になったんですから、
女性疾病だけ強制解約、若しくは医療保障に女性疾病の付随契約で両方とも強制解約なら
まだ意味が分かるのですが・・・解除通知とrokutaro36様のご意見等、
保険会社の意向等、調査会社の書類不備等(保険会社への調査結果の日付相違等)
何だか・・・納得出来なくなってきました。
今、保険会社に異議申し立てを行うべく担当者の方に本社へ問い合わせをして貰ってます。
お忙しい中、色々お教えいただき本当にありがとうございます。

投稿日時 - 2011-03-18 13:57:10

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問