みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

被災地へ行くマスコミ、被災者の移動について。

テレビでは被災地でのリポートが度々放送されていますが、
ヘリで上空から報道しているマスコミや、
避難所へ行っているマスコミは、何か救援物資を持参しているのでしょうか?
不足して困っているものをカメラに向かってリポーターは訴えていますが、
自分達は何か持っていっているのでしょうか?
批判するつもりはなく、素朴な疑問です。

また、非現実的なのかもしれませんが、
被災者の方々を被災地ではない安全な場所へ
使用可能な空港等から順番に飛行機等で運ぶ事はできないのでしょうか?
こんな時ですから、ホテルの解放等でなんとかできないのか、やきもきしています。

投稿日時 - 2011-03-15 12:23:57

QNo.6594309

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

マスコミは「良い画を取る」ことに集中していますので、彼らが被災者の為に何かを持って行くことな無いでしょう。
自分達の食料や飲み物は持参していると思います。さもないと物資や水が不足している被災地から奪うことになるからです。
被災地から「良い画」を送るためにヘリが高度を下げると、がれきに埋もれた被災者の声も聞こえなくなることが有名な話で、被災地によっては、ヘリの飛行時間を制限し「サイレントタイム」を作る場合もあるそうです。
被災者にマイクを突き付け、「今欲しいものはなんですか?」と聞くマスコミに対して、嫌な顔して応えていた被災者の表情が印象に残っています。

航空自衛隊には一機45億円のC-1輸送機が30機ほど与えられ、一機63億円の米国製C-130も複数機与えられています。
現在は各地から被災地へ自衛官を輸送するのに使われていると思いますが、これらの輸送機を使って被災者を暖房の要らない南国のホテルに搬送するという話は聞いたことがありません。
どんなに高価な装備を与えてもその活用を命令する人が現れないと動けないのが軍隊組織です。
自衛隊の輸送機パイロット個人個人は色々な支援策を考えると思うのですが、上からの命令がないと輸送機一機飛ばすことができないのだと思います。

物資や、医師や看護婦に比較的余裕があり、暖房の要らない地域に被災者を空輸する大作戦を実行すれば、被災地の問題が多少なりとも緩和され、また現場で頑張る自衛隊への国民の味方も向上すると思うのですがね、、、、。
自衛隊の総司令官は管直人さんですが、自衛隊の能力などあまりご存じでは無いかもしれません。
誰か側近が進言してあげる必要があると思いますが、側近は自衛隊嫌いの民主党員が多いのでしょうね。

投稿日時 - 2011-03-15 13:36:41

お礼

コメントどうも有難うございます。

私は被災地にいないのですが、朝から晩までテレビから目を離せないでいます。
余震が続き、電気・水道・ガスなどの断たれた場所で
不安につぶされそうになりながらも耐えている被災者の方を見ると、
現地へ行ける人は、たとえ小さな力でも何かをして欲しい!!!!!と思ってしまいます。
事実を広く伝えるのも重要かと思いますが、大手テレビ局の代表として向かうなら、
何か携えていってくれれば・・・と思ってしまいます。

自衛隊にそのような輸送機があるのですか!
これだけ大規模な被害ですので、果てしない作業になるのかもしれませんが、
被災者の方々に、明るい部屋の中で温かい食事をとり、
たくさんのお湯をためたお風呂にゆっくり入り、やわらかな布団で寝て頂きたいです(涙)
私は無知なので非現実的な話をしているかもしれませんが、
被災者の方々は行き先を明確にした上で、他の安全な地方へ連れて行ってあげて欲しいです。

投稿日時 - 2011-03-15 14:36:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

何も持って行ってないと思います。

一般的なヘリコプターというのは物を積むのに適していない乗り物なので、
ほとんど物を積むことが出来ません。

おやつ程度の物なら持って行けるでしょうが、
それを現場に持って行ったところで誰にあげるんだってことで混乱を招くだけです。
自分らの分の食料を持って行くのが精一杯でしょう。


飛行機については機能している空港に関してはすでに臨時便が大量に出ており、
福島空港などはすでに被災者が毎日たくさん脱出しています。

しかし仙台空港などは電気が無いうえに津波で滑走路もボロボロの状態なので
とても使える状態ではありません。


ですから運んではいますが、1回の飛行につき300人程度しか運べませんから、
避難者数十万人を運びきるのは現実的ではないのです。

投稿日時 - 2011-03-15 14:57:49

お礼

コメントをどうも有難うございました。

そうなのですか!
既に被災者の方は脱出し始めているのですね。
それを聞くと少し安心しました。

ヘリコプターにはあまり物が積めないとは残念です。
何かを届けたいと思ってもその手段もなく、
義援金くらいでしか力になれないのがもどかしくて
テレビを見てはいろいろ思ってばかりでした。

投稿日時 - 2011-03-15 15:02:58

ANo.2

自分もまったく同じように考えたんですが^^;
よく考えると不可能かなと。
何十万という人間をヘリで何往復も、莫大な経費と時間、二次災害の可能性も。
妊婦さんを自衛隊のヘリで搬送する場面で旦那さんがこっちは自分が守るからみたいなことを言ってるのをみて被災地の方々も家族の安否が確認できていないところに外地に避難は望んでいないのではと感じました。
勿論避難生活が長期にわたった場合変わると思いますが。
被災地への物資の援助が当面は一番重要なんだと思います。

投稿日時 - 2011-03-15 14:53:15

お礼

コメントをどうも有難うございました。

同じように考えられたのですね。
確かに自分でも非現実的な考えかもしれないと思いながらも、
どんどん物資が尽きてきて、2人で1つのおにぎりを分け合っているのを見ると
もう胸が痛くて痛くて・・・。

確かに家族の安否がわからない状態でその場を離れるのは、
心落ち着かないかもしれませんね。
現地へスムーズに物資を送ることができるよう、
早く空港や道路が復旧されるといいですね。

投稿日時 - 2011-03-15 15:05:53

あなたにオススメの質問