みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

相続での土地の評価に関して教えてくだっさい。

遺産分割を進める中での土地の評価で、借地権、使用貸借、持分権のどれが適用されるかで、どのくらい違いが出るのかを知りたいのです。


私は、現在埼玉で30坪の土地に建つ家に住んでいます。
土地は祖父名義です。建物は私の父名義でしたが、早くに両親とも他界したので私と弟で代襲名相続しています。

祖父も他界し、3人の叔父と私達兄弟の4分割で遺産相続作業を進めています。
財産は、ほぼ我々の住む家の底地だけです。

叔父達から、我々兄弟の住む土地の評価を正式に不動産鑑定士にお願いして出して欲しいと言われました。

その作業準備中に分かったのですが、我々の建物に関して、父の代から祖父に地代を払い続けていたので、我々は借地権が成立していると考えていましたが、「金額が低いので、使用貸借の費用」と受け取られる可能性もありそうなのです。
法律相談に行ったところ、「どちらとも言えない金額であり、裁判所の判断を仰ぐ事になっても、どちらになるかは微妙。」と言われました。

借地権なら、我々におよそ7割の権利があると思っていましたが、使用貸借だと1割程度と聞きました。またどちらも認められず(自己借地権が成立しない可能性もある)、我々兄弟はあくまで土地に対して4分の1の持分権があるだけかもしれないと聞きました。

そこで知りたいのですが、

(1)借地権が認められる

(2)使用貸借となる。

(3)上記どちらでもなく、あくまで持分権である。


上の3つだと、我々のもつ土地に対する権利はかなり変わりますか?

投稿日時 - 2011-03-03 11:22:31

QNo.6564247

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

埼玉でというより路線価がいくらの土地で、相続評価がいくらかはすぐ出る話ですね。
仮に路線価さえない場所なら単価も知れている不動産と言う事になります。

それを不動産鑑定士に30万円近くの費用を払ってまで、価格を出して(実際にはその価格では絶対に処分できない)何のメリットがあると叔父たちは考えているのでしょうか。

欲の面が見え見えのような話ですね。甥であるご質問者が住み続けるには鑑定額の1/4ずつ支払ってもらって、財産分けをして欲しいということでしょうか。

最後まで祖父の面倒を見られたのは誰でしょうか。その寄与分を見て欲しいということなら少しは理解もできますが、鑑定士まで入れるような話でしょうか。相続評価額で十分なのではと考えますけど。

坪150万円以上もする土地でもたかだか4,500万円の話でしょう。

投稿日時 - 2011-03-03 21:16:55

お礼

コメントありがとうございます。

詳細が足りなくて大変申し訳ありませんでした。
場所は、埼玉のJR駅前にありまして、更地なら6000万くらいになるそうです。
3階建てで、1階は、一昨年まで我々兄弟が商売をしていましたが、不景気のため閉店し、今はテナントで貸しています。ありがたい事に、賃料も高めに設定できています。

上記の事から、叔父達は評価をちゃんとして現金で財産分けをして欲しいと望んでします。
ご指摘の様に、我々が住み続けるために、買取を希望しています。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-03-04 10:10:12

あなたにオススメの質問