みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

債務整理後の小遣い範囲内のギャンブルについて

主人は独身時代に330万の借金があり債務整理をしました。
借金はおそらくギャンブルによるものです。
返済は私が彼の給料、自分の給料合わせて貯蓄をし
一括返済しました。(同棲していました)
自分で金銭管理をさせなければならなかったと、今ではそれを後悔してますが。

債務整理するまでは
借金の総額を隠すため
度重なる借金を隠すため
沢山の嘘をついてきた人でした。
小遣いを1日でパチンコですってきたり
勝手に引き出しからお金を持って行ってパチンコしてきたりしてました。
でも債務整理をしてからはきちんと小遣いを使えるようになってきました。
でも借金返済1カ月後。
信用してみようと思い家賃分のお金を渡し、振り込みをお願いしたら
パチンコですってきました。
結婚式の1週間前でした。
彼もひどく反省しており、2度とパチンコはしないということで許しました。
でもその後もこそこそとやっていたようです。
1年半後、定期代をすってきました。
でも許しました。
また2度とパチンコはしないといいました。
そして1年後。
やはりパチンコをしていました。
していたというか、ばれたのが1年後というだけであって
主人が言うには半年前からやっていたようです。
今回は小遣いの範囲内ですが。。。許せませんでした。
また、2度とやらないと言っています。
ギャンブル全般やめてほしいのですが
競馬は許してほしいと言っています。
確かに競馬は小額を賭けているようであり
パチンコのような強い依存性はないようですが。
主人は飲食業界で働いており、かなり勤務状態は過酷です。
朝9時から1時近くまで働いてます。
(パチンコはランチと夜の営業の間に時間が出来たらやっている様子)
休みもあまりありません(週に1回取れればいい方)
なので、そんな状況なのだから
趣味の範囲内での競馬は許してほしいといいます。

私は今後どうしたらよいのでしょう。
考えすぎて疲れてきてしまい許す方向へ向かっています。
でもホントにそれでいいのか?自問自答しています。
まだ、やり直しがきくから離婚してしまえという自分と
もう1度信じてみれば・・・という自分がいます。
今回はじめて両親にも話したので・・・。

やはりパチンコ依存は治らないでしょうか?
それとも今回のように小遣いの中でなら依存ではないと目をつぶるべきなのでしょうか?
競馬は許してもいいのでしょうか?
もう諦めて離婚すべきでしょうか?

彼への愛情も自信がなくなっているのが正直な気持ちですが
時間と共に信用が復活すれば愛情も復活するのかな?とも
せっかく結婚したのにすぐ離婚するのも・・・などとも考えてしまいます。
今回のことで初めて心のうちを私の母、義父母に伝えました。
私の母は大層心配しています。
ギャンブル癖は治らないよ、と。
義父母も全面的に私の味方ですが
息子は改心すると約束しているので
私が許してやっていってくれるなら嬉しいといった感じです。

主人は35歳。
私は34歳。
給料は主人が手取り28万。
私はパートで10万程度です(昨年、不妊治療のために仕事はやめました)
子供はおりません。
主人のお小遣いは2万5千円です(食費はかかっておらず)

一度ライフ板で質問させて頂きましたが
ギャンブル板にて実際にギャンブルされている方からの意見を知りたいため
再度質問させて頂きました。
スミマセン。

投稿日時 - 2011-02-17 16:24:31

QNo.6529864

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

「ギャンブル癖は直らない」という意見は、ある意味達観しています。そうなんです。そういう人は「お金を持つとパチ屋に足が向かってしまう」のです。
対処法はただひとつ。「金を持たせない」完全統制を引きましょう。債務整理をされたということなので、クレ・サラからのキャッシングで資金を捻出することもままならないはずなので、小遣いを日払い式にするなど、ご主人に余裕を持たせなくすればいいのです。もし仮にクレジットカードなどが生きているというのなら没収。銀行カードも奥様が預かります。
たまの休みの競馬には、むしろ奥様も同行されて、一緒に楽しむ、というスタンスもありです。一人でやっているからどうしても熱くなってしまい突っ込んでしまうという面もあるからです。「今日はこれだけの軍資金」といって渡せば、彼の当てようという闘志も変わってくるはずです。
ギャンブル癖は一種、「習慣性が引き起こす成人病」のようなものです。糖尿とか高血圧といった類です。抑圧したからといって直るものではありません。事実、口だけでやめるといっていても、ごらんの有様ではないですか…。
うまく付き合う、という方法こそが彼を緩やかに更正させると判断します。ご参考になさってください。

投稿日時 - 2011-02-17 16:38:11

お礼

ご回答ありがとうございます。
現在10日で1万円渡す方式でカード類は一切渡しておりません。
先ほど電話があり、離婚も辞さない構えで望んだところ
競馬もやらないと言いました。
それでもまたやってしまうんですかね。。。
うまく付き合う、ですか。
難しいですね。。。

投稿日時 - 2011-02-17 20:52:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

人間、1日1000円もあればなんとかなります。
しばらくは、1日1000円を渡す生活に慣れさせるのもいいでしょう。
お金があるから打つんです。財布に1000円であれば、仮に打てても
たいして打てません。メシはまかないメシがあるでしょうから、
大金は不必要です。
キャッシュカードもダメです。貴女が動けるなら、倒れた、財布を
落としたなどで連絡があればHELPに行ってあげればいいのです。

まずは、1日1000円の生活に慣れさせる。
そこで努力して生まれた1万円で打つならいいじゃないですか?
これまで貴女の器の大きさで数知れずの許しを与えたわけですから、
All or Nothingではなく、そういう努力は認めてあげられる方だと
文面より理解しています。どうでしょうか?

これが貴女の旦那への最終通告として御両親含めきっちり明言して
行ってください。いろんな人の目がある中で無茶をするようであれば、
見限る必要もあるでしょう。

依存症は全く治らないと言ってしまえば、そのとおりと思いますが、
貴女の愛情を持ってうまくコントロールいただければ自然と治まる
気はします。大概の依存症は100%ぶった切るところから始めるので、
無理が出てくるわけです。

貴女がサイフを握り、1日1000円生活に慣れさせた上で・・・
あ、お小遣いで余ったら遊んで良いからねみたいな、ちゃんと許容
してる部分を示すと、旦那の気持ちも和らぐのでは?

駄文、失礼しました。

投稿日時 - 2011-02-18 10:34:57

お礼

ご回答ありがとうございました。
お礼が遅れてスミマセン。
せっかく相談に乗ってもらいましたが
このたび離婚することとなりました。

投稿日時 - 2011-02-21 21:15:14

パチンコ依存症は自分だけでは治りませんよ。
そういった会とかに入らないと。
他に趣味がなければ、何かつくるようにするとか。

そりゃ、ストレス発散もあるのでしょが、単純にパチンコ楽しむならゲームセンターやオンラインなどもあります。お金が儲かることが一種の麻薬になります。

個人的意見としては、あなたのお金で330万債務整理して、まだやるというのは、治りませんね。
離婚したらいいかどうかは、あなたの周囲の状況や関わりなどもあるので何とも言えませんが、ひとつの手段として離婚用紙を持ってきて目の前で渡すことで、本気だということを知らせるのです。
いくら口でいっても、伝わらないものです。

私も昔は仕事が終わると毎日行ってました。行くのが日課というか義務みたいになってました。
金銭感覚が麻痺してましたね。1万が千円感覚でした。
考えたらすごく時間の無駄遣いをしてますね。1時間で1~2万なくなるのは普通じゃないですからね。


>時間と共に信用が復活すれば愛情も復活するのかな?
これは、おそらくないですね。一度冷めたものはかなり難しいです。

投稿日時 - 2011-02-17 22:13:26

お礼

回答ありがとうございます。
遅くなりスミマセン。
離婚することにしました。
愛情が冷めたのではなく
もう嫌いなんだと気付きました。

投稿日時 - 2011-02-21 21:13:05

ANo.3

こんばんは。30代男です、現在同棲しています。


質問者様のご主人の例を多々、多々見てきましたが、ギャンブルをやめられた人は、結婚してすぐ、子供ができてすぐ、、自分の回りでは2例だけです。。やめられない人ほど負けていますね。時々勝つ、そして味をしめてまた、、、の繰り返し、もちろん負けの額、回数のほうが圧倒的に多いです。。


上文をふまえて、質問者様のような状態の友人知人が相談してきたら間違いなく「別れたほうが相手のためでもあり、自身のためでもあるよ」と言います。正直、ご主人はもっと痛い目にあわないと、一生やめないと思いますよ。


ちなみに、自分はパチンコ、スロット、競馬など、違法ではないギャンブル?は全てやります。。彼女も公認です、そのかわり使った金額や収支は全て報告しているので、バカみたいな打ちかたをしなくなりました。まあプラス収支なので公認されている気がしますけどね。彼女は競馬場にはついてきます。


最後に、パチンコなどは毎日やることは可能ですが、ある程度一回に使える金額も制限されてきますが、競馬は百円からできますが、一回ひとレースで何万も何十万も賭けることが可能なので、数分でお財布が、給料がなくなるなんてこともありえます。普段負けている人ほど、一回で取り返そうと躍起になるので見てて怖いです、、友人にも危ないのがいますが、自分がブレーキ役になって、なんとか奥さんと娘さんを路頭に迷わさずにすんでます。 


とこんなとこです。何かの参考になれば幸いに思います。。。別れたくないなら、1日いくらで渡すか、次約束を破った時のためにご主人に離婚届けを書かせておくのもよろしいかと、、

投稿日時 - 2011-02-17 21:05:39

お礼

ご回答ありがとうございます。
遅くなりスミマセン。
離婚することにいたしました。

投稿日時 - 2011-02-21 21:11:11

ANo.2

ギャンブル癖、これは癖ではなくギャンブル依存症です。
依存症となるとなかなか自分だけの意志では抜け出しにくいです
他にもいろんな依存症がありますが一種の病気ですから
止めるには一切パチンコ店は近寄らないくらいにしないとやめられないと思います。
異種の習慣病です、しかしご主人も他に趣味や息抜きできる場所がないなら、
こずかいの範囲ならどうでしょうか

投稿日時 - 2011-02-17 18:08:54

お礼

ご回答ありがとうございます。
小遣いの範囲内で認めるということですね。
検討してみます。

投稿日時 - 2011-02-17 20:56:28

あなたにオススメの質問