みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

昔の間柱の太さ+断熱材厚+アルミひさしに納得できず

添付画像は拙宅のリフォームの外観です。断熱材改修とアルミひさしに関する質問です。

■断熱改修
部屋は砂壁(厚み不明)+9mm石膏ボードです。

【質問】
●石膏ボードの位置は3.5寸柱のほぼ中心(詳細不明)で、真壁と判断して良いですか?
●この壁内に100mm厚のグラスウール(16k)を入れる事は不可能だったでしょうか?

施工業者との打ち合わせでは、最低でも75mm以上の断熱材を詰め込む予定でしたが、
工事中に断熱材を入れずに、透湿防水シートを施工してしまったので、やむなく
砂壁と石膏ボードを解体し、内側から75mm厚のグラスウール(10k)を詰め込みました。
この為、予想もしない追加工事費用が発生しました。

■「アルミひさし」
サッシの真上に下記メーカーの「アルミひさし(幅1990mm,出幅400mm)」を取り付けました。
http://www.ykkap.co.jp/search/item/itempage/Cate0005/Genre0007/009.html?KeepThis=true&TB_iframe=true&height=520&width=520
取付に丸一日手間がかかったので、1日分の手間を追加請求されました。
見積には既に取付工事代金は含まれてるのに・・・

【質問】
●間柱(右3本)の太さはおよそ何センチでしょうか?約30年前の間柱ですから3センチ以下ですか?
●添付画像のサッシ枠は昔のモノで、新しいサッシ(取付高さは同じだが、腰の位置が高め)に
交換しました。この場合、アルミひさしの下地の入れ直しは必須でしょうか?
実際、下地を入れ直したそうです。
●両脇に3.5寸角柱と間柱(右3本)があるので、そこにビス止めするだけので良いので、
丸一日もかかる作業でしょうか?

マルチメディアファイルは削除されたか見つかりません。

投稿日時 - 2011-02-11 11:03:00

QNo.6514066

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

○真壁でしょう。
○不可能、もしくはあまり意味がないですね。GWの効果とともに動きの制約される空気の厚みも重要ですから、75でそこそこ工事できる程度でしょう。普通は50しか入りません。
100入れるって設計士が言ったのでしょうか、どうやって入れるのか図示してもらってください。
 打合せ・・って何ですか?そういう設計図面や仕様書があってそれで見積り、契約をしたんですか?
 いくら打ち合わせしても契約に入ってるか入ってないかで追加金額は決まります。
 
 もし、施工者が勝手に工事の内容を換えたら契約違反でしょう。
 問題が起きたり、仕様の変更が必要であれば監理者や設計者、施主の同意をとるのが筋ですね。
 が、見積り時、契約時に設計図面一式が不備なら話は別。見積もり内容以外は契約外です。
 上記の質問文からはわかりません。

○アルミ庇は見積もり時契約時に品番まで決まっていましたか?契約に手間が含まれていないのなら見積もり落としですね。支払いは相談になるでしょう。払う義務はないと思いますが。

○間柱の寸法などこの写真では判断しかねます。が30程でしょう。
○この間柱だけで庇を固定する耐力などありませんよ。それにアルミ製品は穴が決まった位置に空いてませんか?一本でもビス止めできなければ耐力がでないと思います。下地を入れるのは当然です。
○古い柱と間柱だけで?私はありえません。下地を入れて固定。誰でもそうします。作業の時間は人によって違いますが1人工もらうにはちょっと高いとは思います。

文章の書き方からみてどうも契約状態がはっきりと伝わりません。
あなたが納得しようがしまいが、契約内容がきちっとしていれば、費用負担は明確なはずです。
万一工事中の追加なら、使用が変更されるので、早々に金額と工期の変更を書面で行っておくべきでした。工事後にさぁやっと金額ではこのようにお互いに気持ち良くいきません。
請負工事では先に見積もって契約をすることが許されているわけで、たとえ14日かかるだろう工事を施工者が努力して13日でできても1人工の手間を変換するような契約ではありません。
契約書と設計図書、見積もりはどれで行ったのか明確にしてご判断ください。

投稿日時 - 2011-02-11 13:11:46

お礼

回答ありがとうございました。お陰様で疑念が払拭できるかもしれません。

>○真壁でしょう。

わかりました。ちなみにリフォーム前の部屋は、柱が全く見えない洋間でした。
昔は砂壁が流行してたらしく、大壁でクロス張りはほとんどなかったと思います。
左側の貫が入ってる部分は完全に真壁でしょうが、右側の貫が入ってない部分は
大壁に近いと思ってました。つまり、石膏ボードの位置がそれぞれ違う。

○不可能、もしくはあまり意味がないですね。

左側の真壁なら当然100mmは無理な事は理解できます。
ここだけ75mmで、右側だけ100mmにするのを避けたのかもしれません。

>100入れるって設計士が言ったのでしょうか

見積前に100mmと指示したのは私で、この写真の部分を含め大壁の部分は全て
100mmでして、私から各部屋の仕様書を見積前に施工側に手渡してあります。

>そういう設計図面や仕様書があってそれで見積り、契約をしたんですか?

上記のように100mmの仕様書を私が作成し、見積前に手渡してから契約しました。
しかし、他のキッチンは大壁で筋交いが一本もなかったのにもかかわらず
100mm→75mmになったのが納得できません。

>施工者が勝手に工事の内容を換えたら契約違反でしょう。

上記キッチンは100mm→75mmと勝手に変更したので「契約違反」だと思います。

>アルミ庇は見積もり時契約時に品番まで決まっていましたか?

正直言いますとこのアルミ庇は追加注文ですが、私から品番を指定しました。
その時に取付工事込みで定価の25%値引きという話でした。
設計士が追加工事の請求はおかしいと言ってるのですから、25%値引きの範囲で
施工すべきですよね?【出来高払いの契約でない】ですから・・・
同じメーカーのサッシや玄関ドアは取付工事込みで値引き率は40~45%と高い
のに、庇だけ25%なのは取付工事込みだからという口約束でした。

>○間柱の寸法などこの写真では判断しかねます。が30程でしょう。

昔の間柱は9分と工務店から聞いたので27mmかそれ以下かもしれません。

>下地を入れるのは当然です

当然なら下地は納得ですが、支払うのはせいぜい下地の材料費とその手間位でしょう?

>1人工もらうにはちょっと高いとは思います。

大工工事を含めその他の工事は1人工17,000円で見積と聞いており、
追加工事の1人工=2万超は高いです。そもそも追加請求する事が納得できません。

>万一工事中の追加なら、使用が変更されるので、早々に金額と工期の変更を書面で
>行っておくべきでした

工事中の追加だったのは確かですが、追加請求がある事は一切言われてません。
商品代金の倍近くも手間がかかるなら、キャンセルしてたかもしれません。

もう工事は全て完了してしまい、残金の支払いが残ってるだけです。
他にいろいろなトラブルがあったので、多少値引きもありましたが今回の件だけは
支払う気持ちはありません。
譲歩して、下地の材料費とその手間位の支払いになると思います。

投稿日時 - 2011-02-11 14:58:26

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

早い話、もうできちゃってんでしょ?

こういう細かい話聞かされる側は、今後構造的にとか結露とか雨仕舞いとか何か支障があるかの観点への関心が主。

早い話、追加請求額の根拠があるか?という金の話はあくまで当事者対一。
シロウト判断でも納得行かなければ追加請求分を認めないと突っ張ればいいのです。
現に経過だと、取り決め仕様どおりじゃないけっこうイイカゲン工事やっているようですし。

リフォームの場合、新築と違い既存部と一体で「引渡し」というのが明確でありません。
施主が「認めない」と言えば、施工側に合理性があっても、それはそういう説明責任能力や・施工費の実証性のなさの側の自業自得・自己責任。

払わなければ人間関係はそりゃ悪くなりますが、現に施主が不審不信で第三に応援意見を求めている状態ですからもう十分悪い。

まれに「払わなければつくったのぶっ壊しちまう」とか凄むヤクザまがいの脅しせりふをいう業者もありますが、もちろんもうどうみたって出来ちゃったものにちょっとでも傷をつければ器物損壊罪。
その前に現場に入らせない「住居侵入罪」と言い返せば、そんなハシタ金で人生棒に振るのはそうザラにはいませんでしょ。

質問の細かい部材等の話は、他の回答者の方の常識的推測にお任せしますが、質問意図の【本質】にあるものに答えてみました m(__)m

※(蛇足)写真範囲で見るしかないですが、この外壁はここまで剥いているなら当然耐力合板張りとか正規筋交いいれたんでしょうね?

投稿日時 - 2011-02-11 16:25:58

ANo.2

写真見る限りでは 多々な工事&費用を要する工事だったと思いますが
森(全体)の中の木(一項目)がご質問の案件の様に思われます
質疑項目のみの判断では 質問者さんの疑念は解るのですが
工事の全体と施工社側の言い分も聞かないと 他の木(工事種目)に絡む原因があるのでは?
設計者や 第三者監理の有無 当分に見られる立場が必要でしょう

投稿日時 - 2011-02-11 11:42:50

お礼

回答ありがとうございます。

>多々な工事&費用を要する工事だったと思いますが
>森(全体)の中の木(一項目)がご質問の案件の様に思われます

おっしゃる通り、新築相当の増改築で、多々の疑念は解明できました。
残る案件はこの件のみ位なので、拘ってるのですが・・・

施工社側の言い分は「断熱材の入れ忘れ」と工事中に聞きましたが
その時は、既にひさしを取り付けた後だったので、断熱材を後から
部屋の内側から入れました。

アルミひさしは、おそらく間柱にビス止めができなかったのか?
下地の入れ替えと想像以上のコーキングの使用で1日苦労したと思います。

私が今知りたいのは主に以下の2点です。

■30年前の間柱の太さが何センチあったか?という事です。
間柱が細ければ苦労する。さらに間柱がなければ下地が必要ですね?

■壁内に100mm厚のグラスウール(16k)を入れる事は不可能だったか?
(実際は75mmで、希望の100mm断熱材を入れてもらえなかった)
これに気がついたのは、施工後でした。

投稿日時 - 2011-02-11 12:08:59

ANo.1

「施工業者との打ち合わせでは」
その通りにさせれば良いだけです。
なぜ追加費用の支払いに同意してしまうのですか?
施主はもう少し強く出ないとなめられていますね。

投稿日時 - 2011-02-11 11:17:38

お礼

早速の回答ありがとうございます。

>「施工業者との打ち合わせでは」
>その通りにさせれば良いだけです。

確かにおっしゃる通りですが、施工業者(ひとり親方)が
近所隣という理由で、相見積もりもせず義理で注文しました。

>なぜ追加費用の支払いに同意してしまうのですか?
>施主はもう少し強く出ないとなめられていますね。

まだ、同意はしてません。
施工業者の外注設計士も「追加請求はおかしい」と指摘してます。
上記理由にて、ひとり親方のプライドをキズつけないよう
今後、近所つきあいがうまくいくよう、強くでられない事情があります(汗)
既に工事完成してしまったので、打ち合わせで納得してもらい
追加請求は支払うつもりはありません。

投稿日時 - 2011-02-11 11:48:31

あなたにオススメの質問