みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

転職後の住民税・年末調整

年末調整は、給料からの天引きで先払いした所得税の過不足の精算で、
12月時点で在職の人(給与支給のある人)は、会社が年末調整をしてくれる。
(住宅購入や医療費控除等、給与所得以外がない場合)

住民税は、前年(1~12月)の収入に対して課税され、
サラリーマンの内、正社員などの多くは、
給料天引き(=特別徴収)される。
派遣社員の場合は、自分で納付する"普通徴収"。

転職したら転職先に必ず源泉徴収票を提出しますよね。
それを以って、会社を通じて所得税の精算手続きが行われ(年末調整)、
年末調整の前に、6月頃には、
住民税(税額)の通知が、転職先の会社へ市町村より送られますよね。

おおまかにはこのように理解しています。

実は、前年2010年の勤務先が短期で複数あり、
しかも、それを全て合算しても、
2010年1~12月までの収入がかなり少ないです。
たぶん、住民税課税にならないくらい…です…。
(年金保険料は、貯金から自分で払っています。)

正社員退職後の今までは、
多くが派遣社員としての就業だった為、
毎年確定申告をし(派遣会社での年末調整対象者でなかった)、
住民税に関しては、正社員の天引きとは違い、自分で納付でした。

最近、求職活動で、派遣だけではなく、
直接雇用や正社員も視野に活動を再開しました。

これまでも職歴は正確に申告していたのですが、
実は、単発や短期間で退職した案件(派遣)は、省いた事もあります。
派遣では、住民税額に関して、派遣会社に知られる事はありませんが、
直接雇用や正社員ヘ転職となれば、
給料からの天引きとなるので、住民税額の通知がされ、
通知が届かなかったら、"住民税非課税の所得しかなかった"と
転職先にその事実がわかってしまいますよね?

これは避けられないでしょうか。

職歴がなかったものをあったかのようには書いた事はありません。
これからも書くつもりはありません。
ただ、実際働き出して、
6月頃になって、住民税の通知書が届かず、
「えっ!?」「昨年働いてなかったの?」というように
あらぬ疑いを持たれたり、変に思われたりしたくないというのが本音です。
求職活動の段階で、
先にこういう事実をそれとなく伝えておいた方が良いと思うのです。
それを、バカ正直でもなく、経歴詐称と問題にされることもなく、
サラっと上手く伝える方法があればと思っているのですが、
何かご意見を伺えないでしょうか。
転職後についての理解が間違っていますか。

投稿日時 - 2011-02-08 21:46:21

QNo.6508200

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

No.1です。

>転職先から、「特別徴収」への切り替えの旨を言われませんか。
年末調整の為の「源泉徴収票の提出」と同じように、
源泉徴収票の提出は言われるでしょう。
それが会社の義務ですから。
でも、住民税(その会社での所得でない)の特別徴収は、その会社でも特別徴収はできる、ということです。
本来、納税者の希望でそのようにすることができる、ということですが、会社によっては切り替えの旨を言われることもあるかもしれませんね。

そしたら、
「普通徴収のままでいいです」
「前年にかかる住民税は既に納付済みです」
で、いいんじゃないですか。
それを会社が怪しむことなどないと思いますが…。
また、去年の年収が少なかったことが会社にわかったとしても特に問題ないと思います。

投稿日時 - 2011-02-10 18:07:26

お礼

少ないのは事実なので変えようがないですよね。
応募の段階で、職歴を見れば、勘のいい人はわかるかもしれないですよね。
そういう視線にも強くなる方法を考えた方がいいのかもしれません。
有難うございました。

投稿日時 - 2011-02-11 16:01:17

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>住民税は、前年(1~12月)の収入に対して課税され、サラリーマンの内、正社員などの多くは給料天引き(=特別徴収)される。
そのとおりです。
役所は、「給与支払報告書」を提出してきた会社に通知書を送付し特別徴収となります。
なので、通常、翌年も同じ会社にいた場合はそうなります。
ただ、貴方の場合はそうではありません。
役所は貴方が今年どこの会社で働いているかということまでわかりませんので、6月の通知書は従来通り貴方のところに通知されます。
通常、貴方が新しく就職した会社に前年分の住民税を特別徴収にしてほしい、と言わない限り特別徴収にはなりません。

>6月頃になって、住民税の通知書が届かず、
「えっ!?」「昨年働いてなかったの?」というように
あらぬ疑いを持たれたり、変に思われたりしたくないというのが本音です。
そういうことはないと思われます。

投稿日時 - 2011-02-09 07:29:54

お礼

>役所は貴方が今年どこの会社で働いているかということまでわかりませんので、6月の通知書は従来通り貴方のところに通知されます。
>通常、貴方が新しく就職した会社に前年分の住民税を特別徴収にしてほしい、と言わない限り特別徴収にはなりません。

転職先から、「特別徴収」への切り替えの旨を言われませんか。
年末調整の為の「源泉徴収票の提出」と同じように、
「普通徴収のままでいいです」
「前年にかかる住民税は既に納付済みです」
というのは、何か怪しまれる気がします。心配性ですみません。

職歴の質問で、
「社会保険の手続きの際に、年末調整の際に、全て転職先に知られる」
と書かれているのを見かけます。
ない職歴を書いたりはしないし、
短期が多いという事は応募の段階で申告しますので、
社会保険手続きでおかしいと思われる事はないと思います。
でも、住民税の時期に、住民税非課税!?、
源泉徴収票の提出の際に、極端な収入の少なさ、がわかります。

源泉徴収票の提出は仕方がないですが、
住民税非課税、はかなり変に思われる気がしています。
貯金を崩してなんとか年金保険料を払い、
日々は最低限の最低限しか使わず、求職活動していたのですが、
かなりまれなケースだと思うのです。

転職一年目は普通徴収で良い、という事でサラッと流せたらいいのですが…
ありがとうございました。
とにかく、応募できる直接雇用と正社員の求人も含めて頑張ります。

投稿日時 - 2011-02-10 13:22:05

あなたにオススメの質問