みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

債務整理について教えて下さい。

債務整理について勉強させて下さい。住宅ローンを債務整理した場合売却した後に残った金額は、毎月いくらか知りませんが支払うとします。その後債務者が亡くなった後に財産があった場合残った借金の金額分財産から差し引かれるという内容で合ってますでしょうか?また任意売却との違いもよく判らないので教えてください。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2011-02-07 16:03:22

QNo.6504848

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>住宅ローンを債務整理した場合売却した後に残った金額は、毎月いくらか知りませんが支払うとします。

当然、自己破産しない限り残債務の返済義務があります。

>その後債務者が亡くなった後に財産があった場合

その債務者の遺族が、財産(資産+負債)を相続します。

>残った借金の金額分財産から差し引かれるという内容で合ってますでしょうか?

自動的に、資産から負債が相殺される事はありません。独立した存在です。
債務者の財産は、(原則)遺族が平等に相続します。
例えば、資産が10+負債が100の場合。
自動的に、負債が90にはなりません。
遺族が協議して、誰が資産10を相続するのか?誰が負債100を相続するのか?を決めます。
合意した結果は、遺産分割協議書(署名・実印押印)に記載します。
この合意内容に従って、相続者が負債(借金)を返済します。
多くの場合、負債の方が多い場合は「相続放棄」を家庭裁判所に申請します。

>任意売却との違いもよく判らないので教えてください。

任意売却は、裁判所による「競売手続きを踏まない」資産の売却です。
こちらも、残借金額よりも安く売却した場合は「借金だけが残り」ます。
結局は、同じです。
競売の場合は、多くの場合「ブラック殿堂入り」です。
が、任意売却の場合は(上手く処理できれば)ブラック殿堂入りを免れます。
まぁ、債権者が売却手続きを行うか、債務者が売却手続きを行うかの違いですね。

投稿日時 - 2011-02-07 18:04:56

お礼

どちらにしても全く得しないということがはっきりと理解できた様な気がします。とても勉強になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-02-07 22:35:25

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問