みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

建築会社での仕事内容について

こんにちは。
私は建築会社の事務をしています。
その仕事内容についてご意見いただきたいと思い相談です。

社長の考えで
工事でかかった業者さんからくる原価を事務員が管理して、ちゃんと利益が出てるかチェックする。
ということになっています。

しかし実際、私はお客さんとその仕事の話をした営業でもなく、工事をした現場のものでもありません。
なので正直私では利益のチェックがむずかしく、在庫を使った場合なんかは業者からの請求書もこないので気づくのに少し時間がかかったりします。
その材料(在庫)を使ったとゆうことにも気付かないことがあります。

「おかしいと思ったらすぐ聞いて、そうすれば在庫で使ったとかわかるでしょ」
と言われますが、おかしいかどうかがわかりません。
(先ほども書いた、在庫をつかっているはずだ とゆうことにも気付かないからです)

現場の数も結構あるので、全部の現場の利益率について営業さんや現場の人にみてもらうのもなかなかむずかしく‥。
(営業さんと現場の人は外に出てるkとが多いので会う時があまりなく、電話で利益の質問もしずらく(実際の見積を見てもらわないと説明しづらく‥))


「原価が全部入ってなくて中途半端に入れてるくらいなら意味がない。時間のむだだ。完璧にやれ。」
「これはなんで工務が現場についてた人件費が入ってないんだ。これはこの材料を在庫でつかってるのになぜ入ってないんだ。」
など言われます。


今日は「この現場は利益が出てない!」と怒られました。
利益が出てないことよりも、私が報告してなかったのでそのことで怒られました。
報告すれば業者さんに少し安くしてもらって利益率を上げれたからです。
確かに報告しなかったのは悪かったと思い次からは気をつけようと思ったのですが、そもそも利益の出てない見積を出した営業がいけないのでは?
とも思ってしまいました。


私は建築の会社で務めるのは初めてなのでわかりませんが、利益率なんかは営業や現場の人が見ないと完璧にはわからないのではないかと思うのです。
そうではなくやはり事務員が利益率を見るのが一般的なのでしょうか?


社長は頑固なので私の意見には耳をかたむけるつもりもなく「とにかく、やれ。」です。


完璧にできる自信がなく、どうすれびいのかわからず困っています。
私がこの仕事には向いてないからなのでしょうか。


こんな風にするべきだ、などアドバイスとご意見があればお願いします。

投稿日時 - 2011-01-30 20:45:50

QNo.6486517

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

やはり 業務の進め方 考え方はおかしいですね

現場の担当者とは 社長の代理であるので現場代理人と言います
公共工事ではこれを立てなくては工事を請け負う事ができません


さて、 営業が原価計算とありますが それは受注するまでの計算であって
受注後 工事での原価計算 原価管理はそれとは目線が異なります
これは現場担当者(現場代理人)が行うものであり 営業の仕事ではありません
いかに工事を低コストで行うかを考え予算を立てていくのです
低コストとは別に手抜きとかいう概念のものではありません 
施工方法や施工タイミングによって 2回手間がかかる作業が1回で済んだりすることもあります
そうなればコスト削減になりますよね それって利益になるのです

業者への発注についても問題がありますね
請負の形にしていないのでしょうか?
工事条件に基づき請負契約にすれば 手間がかかりすぎようが
そんなものの面倒をあなたの会社が見る必要はありません
おそらくその業者は楽して金を多くもらえる のスタイルに慣れてしまっているのでしょう


>「これは見積で見てなかったからお客さんには請求できないけど業者さんには
>実際してもらったから払わないといけない。」

正当なものであれば確かにそうでしょう
では見積りで見ていないのなら 元請にも同じ事が言えるのではないでしょうか?

会社の付き合いやいろんな事情で必ずしもすべてそうだとはいえませんが
少なくとも 原価を意識する人間は 常にコスト意識を持つ必要があります


PS. 余計な一言ですが
   その会社はこの先大丈夫でしょうかね?
   そのうち給料でなくなったりしませんかね?
   そこまでどんぶり勘定の会社はホント危ないですよ


 ワタシは設備工事の設計、監理業務を行っています
 現場管理もすることがあります
 当然原価意識は常に持っていますので 理解できないんですよ その会社の感覚が。

投稿日時 - 2011-01-30 23:48:14

お礼

お礼が遅くなり大変申し訳ありませんでした。
2度のご意見大変嬉しく思っております。
参考になりました。
自分がおかしいのかとマヒしかけてましたが、自分の考えはまともだったんだと安心しました。
正直、おっしゃられる通り会社は危なかったです…。
そこまで見抜けるとは!と感心しました。
実はご意見いただいて自分の決心もつきましたので転職を決意し今週から新しい職場に勤めています。
転職するまでは悩みましたが、転職して本当によかったと思いました。
ご意見いただいたおかげだと思っております。
本当にありがとうございました!

投稿日時 - 2011-02-16 21:53:04

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

♯3氏からも手厳しい回答がついていますね

でもそれって非常に大切な事なのです

バブル期ならばまだしも 今は正当な見積りであっても 値引き値引きで受注せざるを得ない時代です

そんな中 いくら利益を出せるのかという計画がなければ赤字になるのは当然の事だと思います

営業上赤字現場も受注しなければならない事もあるでしょう

でもやり方によっては受注時赤字でも黒字化することは不可能な事ではありません(ケースバイケースですが)

これは会社としての問題であり 一事務員が背負い込むものではありません

どんな優秀な事務員が担当しようが事務員としての権限内においてそれを満足する事は不可能です

社内できちんと話し合いをすべきですが 文章から推測する社長像ではそれも無理なんでしょうね

のらりくらり ”うまく” やっていくか 転職する事をお勧めしますよ ホント

あなたが追いつめられてしまいますよ

投稿日時 - 2011-01-31 10:48:07

お礼

ご意見ありがとうございました。
つい最近転職いたしました。
転職してみてホントに今まで追いつめられていたのかも、と思いました。
転職して本当によかったです。
これもご意見をいただいて背中を押してもらったおかげだと思ってます。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2011-02-16 22:56:02

ANo.3

規模が小さいからかもしれませんが
建設業では
積算、見積して受注、契約に至ってそれが工事に移った際に
実行予算を組みその実行予算書が承認されて工事をしないと
積算見積の責任と営業での値引き等の責任、工事での責任が不明確になります。
通常は工事の責任者は一人しかおらず
先に回答のあった現場代理人が
工事の工程、原価、品質、安全の管理と責任を持ちます。
なので
その実行予算を工事責任者が組み
その時点で粗利を明確にして予算書にしたがって月次の工費を管理していきます。
受注時の値引きや見積落としなどを考慮し実行予算上の原価を把握せずに
管理なんかできませんよ。
数量と項目も不明で、取り決め差額がいくらでるのか
発注残や見積にない項目の把握もできないのでは未施工がいくらあるのか
最終的にこれからいくらかかるのか、最終的に利益がいくらになるのか皆目見当もつきません。
それでは管理ではなく完了工事の清算をしているに過ぎません。

投稿日時 - 2011-01-31 10:03:25

お礼

ご意見ありがとうございました。
お礼が遅くなり申し訳ありません。
やはり仕事の流れがおかしいですね。
自分がおかしいのかと思ってしまいそうでしたが、安心しました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-02-16 23:00:48

ANo.1

なんかめちゃくちゃですね
そもそも利益とはナンでしょうか?

自分の生活を例に挙げてみましょう
給料が30万入りました
家賃、水道光熱費、交際費、通信費、食費、貯蓄
これらを差し引いて手元にお金が残れば利益が出たという事になり
足りなければ赤字という事になります

会社の場合は固定費というものが必ずかかってきます
これは会社特有の数字であり 通常は現場ごとに 受注金額の何パーセントという
形で仮定して決めます 会社の経費として扱います

1000万円の受注現場があり 会社の経費が20パーセントならば
差し引き残金800万円でその現場を運営しなくてはいけません
800万の中から材料費、外注費などを捻出し あまれば利益
イコールならトントン、 足りなければ赤字です
在庫をどう扱うかはその会社によってまちまちです
通常は既にその購入費は支払済みなのでそれを使う場合は材料費に計上しないという
事もあります 常時既定量保管する必要があれば材料費として計上するか
あらかじめ会社経費に計上するかしなくてはいけません
これは会社によって考えが異なるので教えてもらうほかありません

現場をこなす場合 最初に必ず原価計算を行いきちんと計画を立てるのが
普通なのですがそれはやられていないのでしょうか?
事務員が原価管理とありますが それは間違えていると思います
現場には現場の担当者(現場代理人)が居るはずで この人間がそれらの
管理を行い現場運営するのです
材料屋や協力業者、元請けとの金銭交渉など 現場の事情を知らない事務員がやれることではありません
この時点で間違えています

間違えているとは社長がおかしいという事なのです

事務員が行うべき範疇は 現場担当者の補助的な部分であり
たとえば 材料屋などの請求書のチェック(あくまでもダブルチェックであり主は現場担当者です 事務員が
わかるのはあくまでも数字だけで 計算がおかしくないか 程度です)

もしかして現場担当者というのが居ないのですか?

投稿日時 - 2011-01-30 21:46:45

お礼

ご意見ありがとうございます。
現場担当者はその現場をまかされた人
(仕事をとった営業と工事をした現場管理)
となってます。
最初の原価計算は営業が見積を出す時点でしてるようなのですが、業者が「思ったより手間がかかった」とか「そんなことまでするとゆう話ではなかったことまでした」とゆう時は初めの原価計算よりも多く請求が来るのです。
ちなみにそれがほとんどです‥。
「これは見積で見てなかったからお客さんには請求できないけど業者さんには実際してもらったから払わないといけない。」
とゆうことも多々あり、私がそこまで現場を網羅することはムリだと感じていましたが、
ご意見でこれは間違えで、社長がおかしい と言ってもらえ気が楽になりました。
ごもっともなご意見いただけて本当に感謝しております。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-01-30 23:28:14

あなたにオススメの質問