みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

海外での銀行口座開設について

おぼろげにしか覚えてないのですが、外国で現地銀行の口座を持つと何かと利点があると聞いた事があります。
もしそうならば、近々ドイツに行く予定がありますので現地の銀行で口座を作れるものならそうしたいと考えてます。
どなたか、この件に関して詳しい方はいらっしゃいませんですか?

確かアメリカでは米国での納税者番号などが無ければ原則として口座は作れないそうです。 つまり、実質的には米国国民でないと作れないのでしょう。 では、ヨーロッパの場合はどうなのでしょう? そもそも、どのような利点があるのでしょうか? 通販関係の決済で有利だとの話もあるそうですが如何でしょう。私は自営業なのですが、私への報酬を、その外国の口座へ送金して貰えば課税を逃れられるとか、しかしそれはリスキーであるとかと聞こえてきますが実際はどうなのでしょう? また、作るとしたらどの銀行が最適でしょうか? 日本からの送金や引き落としや金利についても理解できれば嬉しく思います。
的を得ないいい加減な質問で申し訳ありませんが宜しくお願いいたします。

投稿日時 - 2011-01-09 16:24:36

QNo.6435953

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>外国で現地銀行の口座を持つと何かと利点があると聞いた事があります。

確かに、日本円で500万円以上の資金を運用するには利点があります。
これは、「タックスフリー」の国々・地域の存在する銀行に口座を開設する事で「無税で配当を得る」利点が大きいのです。
但し、不利益も大きい事を理解する必要があります。

>近々ドイツに行く予定がありますので現地の銀行で口座を作れるものならそうしたいと考えてます。

ドイツでは、例え1億円の預金をしても利点は少ないですよ。
税金に対しては、日本以上にしっかりしています。
また、日本からドイツ。ドイツから日本への資金の流れも「日本ドイツ双方で情報交換」しています。
つまり、ドイツの銀行で利益を得ても「しっかり税務署が家庭訪問」してきます。

>つまり、実質的には米国国民でないと作れないのでしょう。

「・・・」
確か、ハワイの銀行は「日本在住でも、口座開設が可能」ですが・・・。

>ヨーロッパの場合はどうなのでしょう?

ヨーロッパの場合は、先に書いた様に「タックスフリーの多くの銀行」が存在します。
私の場合、UKのマン島に本店がある銀行に口座を持っています。
一応イギリスですが、マン島政府が政治を行っています。
これらの銀行は、日本在住でも口座開設が可能ですよ。
但し、当然ですが日本語は一切通用しない!と理解して下さい。
国際電話・メール・FAXとも、英語です。

>そもそも、どのような利点があるのでしょうか?

タックスフリーです。^^;
何処かの国の様に、利息に税金をかけません。
「利息が利息を生む」どです。
但し、国内に資金移動を行う場合は「確実に申告」が必要です。

>通販関係の決済で有利だとの話もあるそうですが如何でしょう。

ドル取引・ユーロ取引では、便利でしようね。
為替を気にする事がありません。

>私への報酬を、その外国の口座へ送金して貰えば課税を逃れられるとか

最近、某経営者が「所得隠し」で摘発を受けています。
年間300日前後は、海外に在住していないと摘発を受けますよ。
先に書いた様に、ロンダリングマネー防止として各国金融機関は情報公開を行っています。
恐るべし!国税査察官!

>作るとしたらどの銀行が最適でしょうか?

実名は、書く事が出来ません。
が、ネットで「FREE TAX BANK」で検索して下さい。
多くの銀行が、ヒットします。
海外口座を計画中ですから、当然英語はバリバリですよね。
但し・・・。
毎月の平均残高(300万円前後)を下回った時は、口座管理手数料月額3000円程度の請求があります。
また、銀行から送ってくるキャッシュカードを国内で利用する(VISA・Master加盟銀行)時は、毎回使用手数料+為替手数料が必要です。
下手に国内でキャッシュカードを使うと、大損します。

>日本からの送金や引き落としや金利についても理解できれば嬉しく思います。

先ず、国内にある「外国銀行の日本(東京)支店」で口座を開設。
暫く、外国銀行との取引に慣れてから、海外の銀行に口座開設を行った方が良いです。
バブル絶頂期に多くの方が海外口座開設を行いましたが、多くの方が問題を抱えたまま現在に至っています。

投稿日時 - 2011-01-09 22:54:45

お礼

ご丁寧に回答を頂き有難う御座います。
やはり都合の良い話ばかりではないんですね。
かなりリスキーであること理解いたしました。

投稿日時 - 2011-02-08 06:58:50

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

>2 の方が詳しく説明されているのでだいたいお分かりかとおもいますが、金額や状況によってメリットか無意味かはかわると思います。

ちなみに、ハワイの銀行口座は日本人でも持てますね。

ただ、海外口座であればタックスフリーというところは、
海外居住者であれば、
日本の所得税法にはひっかからない
ということなので、日本在住の日本人は海外口座の利益に関しても確定申告する必要があったはず。


ただ、定期預金の金利メリットや通貨分散に関しては、口座開設をする価値があるかもしれませんね。
あと、同国内での取引やお買い物の決済も。


個人的に、そういう意味でもアドバイスはいろんな方にさせていただいている立場なので、現地に行かなくても開設できる銀行やメリットの説明はさせていただいていますが、メールでアポをいれていただき直接お会いする方でないとここでお勧めの銀行は書けないですね。。

投稿日時 - 2011-01-17 16:43:05

お礼

御回答有難う御座います。
私も、自分の現況や計画などを更に考慮してから、海外口座開設の必要性について検討したいと思います。

投稿日時 - 2011-02-08 16:33:49

ANo.1

 お尋ねの事柄のうちの一部についてですが・・・

>通販関係の決済で有利だとの話

 決済金額によるのではないでしょうか。
 数百万円数千万円のオーダーならどうかわかりませんが、数十万円以下ぐらいの通販ではクレジットカード支払いが簡単でいいのではないでしょうか。

>日本からの送金

 数千万とか数億の単位の送金ではなく、チマチマした金額の話で申し訳ありませんが、以前にイギリスから数万円の物を買おうとしたときのことです。
 その店がカードを受け付けてくれないので銀行送金にしてみようと日本の大手市銀に聞いてみたところ、送金手数料が国内銀行間のものに比べて桁違いに高いので驚いた記憶があります。
 しかも、その店の取引銀行に直接送金できず、いったんイングランド銀行に振込み、それが店の取引銀行に送金されるのだそうで、またそこで手数料を取られるのです。
 送金については質問者さんの取引銀行に聞いてみてはどうでしょうか。

投稿日時 - 2011-01-09 20:42:12

あなたにオススメの質問