みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

アーティストが登場する作品を探しています

現在、大学で美術の勉強をしている者です。

芸術家や、美術に関係している人物が登場する作品を探しています。
陶芸家などの工芸作家や、彫刻家、画商などでも良いです。

共感できたり、美術や物を創る事に関して、新しい考え方を発見できるような作品と巡り会えたら良いな、と思っています。

アーティストが出てくるという条件で、面白かった作品、オススメの作品などありましたら是非教えてください(^-^)

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2011-01-01 21:58:30

QNo.6419653

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

ちょっと斜めからですが……

北森鴻<冬狐堂>シリーズ
旗師と呼ばれる店舗を持たない骨董商、宇佐見陶子が主人公のミステリ。
『狐罠』が第1作。
連作短編集なので、いろいろな物が出てきます。
北森さんはこのシリーズの他にも絵画修復師が主人公の『深淵のガランス』『虚栄の肖像』を書いています。
去年急逝されたので、シリーズの新刊が出ないのが悩ましいです。

柄刀一<絵画修復士>シリーズ
『時を巡る肖像』『黄昏たゆたい美術館』の2冊が出ています。
こちらも美術ミステリの連作短編集。

ファンタジー路線だと、光原百合『扉守』に不思議な絵を描く老人が出てきます。
あと、菅浩江の『永遠の森 博物館惑星』では、近未来の地球の軌道上に浮かぶ博物館惑星の学芸員が、いわくつきの芸術品を扱いながら、人々の想いにも触れていきます。


以下は未読なのですが、美術ミステリーと言えばこれもある、という感じで。
門井慶喜『天才達の値段~美術探偵・神永美有』
篠田節子『贋作師』
夏季真矢『贋作工房』他<画商・鬼頭夕梨>シリーズ

投稿日時 - 2011-01-04 17:35:34

ANo.1

北方謙三「抱影」
渡辺淳一「阿寒に果つ」
梶山季之「お待ちなせえ」
林芳史「雪舟の龍」

陶芸家でいいなら過去に回答した質問があります。
http://virus.okwave.jp/qa5800696.html

投稿日時 - 2011-01-01 23:27:55

あなたにオススメの質問