みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

断熱材の厚み変更による対策について

床の断熱材をポリエチレンフォーム厚50mmで設計していました。
本日断熱材が届き、実物を確認してみたところ厚さが
40mmしかありませんでした。

早速工務店に問い合わせてみた所、最近では断熱材は品薄で
40mmを手に入れるのがやっとだったとの回答をもらいました。

最近の断熱材の品薄状態はニュースなどで知っており、
50mmのものを入手するには数カ月先と言われ、仕方なく40mmで
了解しました。

但し、断熱効果は下がるので対策として、防湿シートを追加するとの
事でした。

つまり、基礎 + 40mm断熱材 + 防湿シート、床材となるそうです。

防湿シートだけの対策で10mm(50mm-40mm)分の効果があるか
分からなかったので質問させて頂きました。

また、他に良い対策がありましたらご教授いただけますでしょうか。

すでに本日から床の断熱材を施工していたので、困り度具合を
「すぐに回答を!」にさせて頂きました。

ご回答宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2010-12-22 18:33:25

QNo.6400904

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

設計が50mmで金額も決まっているなら50mm施工で工務店にお願いする。
防湿シートに断熱効果があるのでしょうか?
業者に「防湿シートに断熱効果はあるのですか?」と質問しましょう。
事情があるにせよ施主に通告ナシに設計を変える事は許されません。
契約金額減額などの措置があるのなら話は別ですが。

投稿日時 - 2010-12-23 00:08:25

お礼

回答有難うございます。
設計が決まっているので50mmで対応してもらおうと
したのですが、断熱材が品薄状態で早急な入手が不可能なため
断念しました。

防湿シートがあまり意味のないものであれば、
断熱材が減額対象にならないか交渉してみます。

投稿日時 - 2010-12-23 09:35:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

<防湿シートだけの対策で10mm(50mm-40mm)分の効果があるか>

ありません。

断熱材の薄さの対策で防湿シートにする意味が不明です。ちょっといい加減な対応ですね。
しかし現状では仕方がない面もあります。40mmで差分を減額してもらうのが良いかもしれませんね。

投稿日時 - 2010-12-23 10:30:10

お礼

回答有難うございます。
断熱材不足の現状をみてもどうしようもなさそうなので
差分減額で交渉してみます。

投稿日時 - 2010-12-23 11:47:04

ANo.3

床下は、屋根、外壁と違い温度変化は非常に少ないです。
50ミリの断熱材も40ミリの断熱材を使用されても、床材の温度はほとんど同じだと思います。

心配するような問題ではありません。

投稿日時 - 2010-12-23 04:11:24

お礼

回答有難うございます。

温度は左程変わらないのですね。
冬場の冷えが気になっていたので安心しました。

投稿日時 - 2010-12-23 09:56:45

ANo.1

断熱材の下には通常土間シ-トを敷きしたから水分が立ちあがらないようにします。
したがって断熱材がわりにはないません。現在住宅エコポイントの関係で断熱材やグラスウ-ルが品薄になっております。
通常でも50mmはあまり在庫としても内装屋・商社さんでもおいていないはずです。
通常でも 20mm,25mmが常備品  現在断熱材  ミラ-フオ-ム、カネライトフオ-ム、スタイロホ-ムがメインになっています。納まり的ににおさまるのなら40mm の上に20mmの断熱材を重ねたらいかでしょうか?

投稿日時 - 2010-12-22 20:25:05

お礼

回答有難うございます。
思ってはいたのですが、やはり断熱材がわりにはならないのですね。。。

代替案有難うございます。40mmの上に薄い断熱材を乗せることは
提案してみましたが、納品に数カ月かかるとの事であきらめました。

投稿日時 - 2010-12-23 09:22:39

あなたにオススメの質問