みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ゴムについて

合成ゴムを作るときに、「過酸化物で加硫される。」とあったのですが、その過酸化物とは何なんでしょうか?
また、イソプレンゴムは振動吸収性や電気特性に優れているとあるのですが、なぜなんでしょうか?
載っているホームページなどがありましたら、教えて下さい。

投稿日時 - 2010-12-18 16:22:15

QNo.6392493

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

最初の質問の回答だけです.
「合成ゴムを使ったゴム製品を作るとき」が正解でしょう.加硫に使う過酸化物は,ジクミルペルオキシドがよく使用されます.合成ゴム(天然ゴムの含め)は,糸が絡まった状態ですから強度が出ません.ここに過酸化物を添加してゴム分子同士を架橋します.
過酸化物には,ほとんどのゴムの架橋に使用できますが,ブチルゴムだけはできませんから気をつけましょう.

投稿日時 - 2010-12-19 22:07:30

ANo.1

加硫の概説はこちら

http://www.kyowakg.com/tech/karyu/karyu.html

加硫剤の例
http://www.shinetsu.co.jp/japanese/silicone/sil_news/68/review.html
http://www.j-tokkyo.com/1999/C08L/JP11335562.shtml(15項)
http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/hyoujun_gijutsu/golf_ball/page031.htm


”イソプレンゴムは振動吸収性や電気特性に優れているとあるのですが”とはこちらの合成IRについての記載でしょうか?
http://www.inaba-rubber.co.jp/c_technical/rubber.html

これはNR(天然ゴム)とほぼ同じ組成のイソプレンゴムが天然ゴムに対して優れる点と記載されています。
その理由は不純物が天然ゴムより少なく均質であるからです。
不純物は、電気を流しやすいものがあったり、欠陥となってその部分の耐電圧性が落ちたりします。
振動吸収性も、均質なゴムの方が不純物を含むものよりゴム全体で振動を受け止められるので良くなると思います。

投稿日時 - 2010-12-18 17:31:13

あなたにオススメの質問