みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

奨学金の申請理由について

現在、高校3年で大学入学が決まったものです。
日本支援校の奨学金の二種奨学金予約を申請する予定で、200字の申請理由を考えました。
奨学金がないと進学がとても困難になるので、申請理由も慎重に書きたいと思っています。

以下の文章を添削していただけないでしょうか。

「私の家庭では父一人の収入で生活しています。決して収入が多いとはいえず、私の進学でさらに家計に負担を掛けてしまいます。大学入学後は学業に励むとともに、部活動にも打ち込みたいと考えておりますので、アルバイトがあまり出来ない状況にあります。さらに、東京で一人暮らしをする予定ですので、父の負担を減らして学業と部活動を両立させるためには奨学金の援助が必要なのです。以上の理由で、奨学金の申請致します。(以上196字)」

以上です。気になる部分やおかしな部分があればアドバイスをいただけないでしょうか。

投稿日時 - 2010-12-12 11:29:41

QNo.6379214

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

合格おめでとうございます。読みやすいですね。ただ論理があまり整理されていないと感じたので、以下に直してみました。
部活と両立するという文言は高校の推薦入試だと好印象かもしれませんが、No1の方が書いているように、避けた方が無難だと思います。その字数を使って、ストレートに給付されないと困ると書いた方がいいでしょう。次のように整理しています。
・お父様の援助だけでは足りない。
・バイトはするつもりである。
・しかし学業に集中したい。
第二種は比較的通りやすいと聞くので、うまく行くかもしれません。ちょうど二百字です。ご参考までに。お金の心配を減らして、よいスタートが四月からきれますように。

――
私の進学先の大学は東京にあり、独り暮らしになる見込みです。しかし学費と生活費の全てを父の援助だけで賄うことはできません。実際、父の収入だけで家族全員が暮らしており、私の無理は言えません。アルバイトはするつもりです。しかし奨学金を給付していただけたらアルバイトの時間を減らし、学業に集中して多くを学びたいと考えます。また給付不可の場合は、進学そのものが困難になる可能性もあります。ご検討をお願いします。

投稿日時 - 2010-12-13 08:09:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

75人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

私自身と周囲の友人、そして先輩方の話を総合すると、奨学金は学業成績と年収の証明で合否が決まりますので、あまり申請内容を重視しない傾向があるようです。
しかし、せっかく申請するのですから万全を期したいところ。質問者さんの文章で気になるところをコメントしたいと思います。

さて、奨学金申請の流れは、(1)家計が大変である(2)でも進学したい(勉強第一)(3)できれば自分もお金を稼ぐ(4)でもそれだけでは足りないので援助して欲しい、というのがスタンダードだと思います(少なくとも私はこれで3回一種をいただきました)。
そこで質問者さんの文章を見てみると、(1)はOK。申し分ありません。しかし、(3)は「あまりアルバイトができない」と消極的です。もちろん、アルバイトをするために大学に行くわけではないので、(3)は消極的でも良いのですが、それは(2)による場合だけです。つまり、「勉強がしたいからアルバイトはできない」なら良いけれど、「部活動(≒趣味と取られます)のために働けない」というのはNGです。そんな人は、部活動のために勉強もしないだろうと思われても仕方ないからです。もちろん、「そうじゃない!」と思われると思いますが、200字以内でそれを表現するのは困難です。
そこで今回は、「大学で勉強し、余暇は少しでも生活費を捻出するためにアルバイトもしたい。しかし、それだけでは学費が工面できないので、奨学金で援助して欲しい」としてはどうでしょうか(奨学金は、あくまでも学費です。生活費に使うと言ってはいけません)。

うまく採用されることをお祈りします。

投稿日時 - 2010-12-12 11:55:39

あなたにオススメの質問