みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

美術、芸術の仕事

私は28才です。
今、美術には関わりの無い仕事をしていますが、思い切って転職したいと考えます。
美術といっても絵や彫刻、CGなどいろいろありますが、
一攫千金もしくは一般平均以上の収入を得られる仕事はありますか?
美術・芸術関係であれば仕事は問いません。
やるからには真剣に取り組むつもりです。

投稿日時 - 2010-12-06 22:44:40

QNo.6367694

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ないです。
と真っ当なことを言っても回答にならなさそうなので、できうる限り考えてみました。

人脈をつくり学芸員になるのがまだ現実的なのではないでしょうか?まずは資格を取るために通信で学ぶか学校へ通い、その後博物館などの試験を受けるか人脈でギャラリーに就職する。
美術芸術の中で当たったら一番でかいのはアーティストだと思いますが、アートでは当たるまでに恐ろしい時間と恐ろしい極貧時代があります。有名なアーティストたちは学生時代、制作するのに必要なお金を、賞を取ることによって貰える国からの助成金で賄っていたりしています。そのような優秀な人たちと同じ世界に行ける自信はあるのですか?あるとしても、根拠がなくては話になりません。文面からは、あまりやる気や理由も伝わってきませんし…。ただ華やかで金になる仕事をしたい、という現実逃避に見えます。
デザイナーなんかも華やかに見えるでしょうが、あれも駆け出しは薄給の極みです。月給十万を切る事務所もざらにあります。更にその年齢では、活躍できる期間は非常に短いでしょう。

基本的に美術や芸術のお仕事は給料が良くないです。世間のもつ、華やかなイメージだけが先行してしまっていると思います。
将来就ける仕事のお給料が悪いのに、高い金を払って血の滲む努力をして美大に行く意味がよく分からない方もいるでしょう。そこにあるのは、薄給でもいいからやりたいという強い意志や強い憧れです。あなたにそういうものがなく、美術や芸術を簡単に金を稼ぐことができる職業だと考えているなら、それはひどい勘違いです。美術や芸術に深い興味があり、金は二の次だと思っているのなら、私の言葉は気にならないと思います。
きつい言い方をしましたが、分かってくださったら幸いです。

投稿日時 - 2010-12-08 00:45:10

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

クリエイティブ関係は、基本的に収入は低いと思います。
少なくとも自分の知っているCGやアニメなどの映像関係は特に低賃金で有名です。
大手はどうか知りませんが、ほとんどは小さい会社なので、残業代も出ない、ボーナスも出ないという話を聞きます。

また、多くの会社で深夜残業や徹夜、会社に何日も泊まり込むことも多いと聞きます。
それでも手当はありません。
20代、30代でも、月20万前後といった、なんとか生活できる、ぐらいの給料でやっている人は多いんじゃないかと思います。

耐えられなくなってすぐ辞める人も多いです。
辞めない人は、お金なんかよりも、とにかく仕事が好きだ!という人です。
少しかたよった業界の話になっているかもしれないです、すいません。
でも美術とか芸術で、お金、というのは一度あきらめた方がいいんじゃないでしょうか。

投稿日時 - 2010-12-12 22:05:45

ANo.5

クリエイティブ職は一般の総合職より給料が低いのが普通です。
ただし、自分のクリエーションに見合った対価が支払われる場合もありますから、自分の実力で高い報酬を勝ち取ればいいだけです

投稿日時 - 2010-12-12 00:23:33

ANo.3

見てくれのいい仕事が欲しいのか、お金が欲しいのか、どっち?

両方欲しいは虫が良すぎるというもの。
しかも17,8ならともかく、28からの転職で。

やるなら今の仕事を続けながら、夜間に必死に作品作るのが筋だと思いますよ。

投稿日時 - 2010-12-07 16:25:50

ANo.2

isf

お金を求めて製作されたものなんて誰も評価してくれません。
お金が欲しいなら芸術なんてやっちゃいけません。
製作ではなく芸術品の売買に絡めば儲かるかも。

投稿日時 - 2010-12-07 10:24:35

ANo.1

  
  ないです。

  「アート」は当たればお金になりますが、
  それ以外は食べていくのには苦しいです。
  
  私はCGには関わりがないのでわかりませんが、
  手に職を持っていていても食べていくのは
  難しい現代です。みんなお金がほしいならこんな
  仕事はしないでしょう。好きだからするのです。
  「副業をしてでも自分の仕事を愛していて離れられない」
  そんな人が芸術の世界には多くいると思います。

  無名の作家が叫んでいるそんな世界です。
  芸術がお金になると思っているなら間違いです。

  私は下積み時代、月給5万の生活をしてました。
  それがあってこその今だと思うけれど、
  辛い思いは数知れず・・・。「女のくせに」と言われて
  散々な思いをしました。

  芸術と言っても、美術と言っても、色々あります。
  貴方が何をしたいのか知りませんが、
  その世界に身を投じるならそれなりの覚悟が
  必要です。わかっていてそこに踏み込むならいいですが、
  一般以上の収入?あるわけないです。

  あるとしたら一握りの人だけが実感できる、スター的な存在になる
  ことでしょうか。でも毎日どこかで色々な職人が人知れず完璧な
  仕事をしているのです・・・。

投稿日時 - 2010-12-06 23:15:41

あなたにオススメの質問