みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

人口呼吸器外すことに同意することは罪

母が入院して3か月で亡くなりました。病院は最初のところが2か月ここの病院はわるくなるだけでした。ここで脳梗塞にもなりました、また食事もできなくなり衰弱しているのに部屋を変えられました。この部屋は窓は閉じたままカーテンはそのままの部屋で換気がわるく4人部屋でみんなせきこみがひどい部屋でした。母もせきやたんがでるようになり熱がで意識がないくらいひどくなりました、医者の説明では肺炎ということ。とにかくここではだめだと思い転院を申し出でて、つぎの病院に移りましたが検査で肺炎ではなく水が体に大量にあり肺を圧迫し心臓にも負担がっかているとのこと。とにかく前の医者のレベルに憤慨してしまいました。でもこの病院でもやっぱりいろんな病気がでました院内感染でしか出ない細菌、それと潰瘍、今度は同じ右側に脳梗塞が再発してしまいました。またたんがのどにつまり心肺停止に、すぐ心臓蘇生しそして酸素吸入をすることにもなりました。亡くなる2日前から人口呼吸器をつけることになるが基本的な説明なしに人口呼吸器を開始するがつけたその日に無理に呼吸するせいか、かえって息がついていけず人口呼吸器が停止する場面が何回かありました。ましてたんも呼吸とからんで吸引しながらなのでくるしそうでした。亡くなる日は呼吸が少ないから急に早い回数にしたりしてそれでまた停止してしまいもとの回数に戻したりと、とにかく人間として雑にされてる感じがしました。こんな状態で亡くなる数時間前になると血圧、脈も弱り様子をみてました。私しては人口呼吸器とはいえ心臓が動いているこの状態で様子見るのかと思っていたのですが看護師が反応が弱いので先生を呼んできたのです。そこで目、血圧、脈とか見て自己呼吸はほとんどなく人口呼吸器で酸素は取り込んでいるが全身に酸素が運べてないとそのようなことを言ったのです。心臓の動きもわるいとか言って、なんか私がこの場で人口呼吸器を外すことを言わなくていけない雰囲気になっていました。看護師も部屋で私の言葉に、無言で見ていて一言外してあげたほうが苦しまないでしょうねと言ったら医者が外しますがいいんですねと2~3言って少し説明して突然はずしたのです。そして私としては驚いたのです外したのに10秒ぐらい心臓が動いていたのです。このときのメーターの音が忘れることができません。十数秒後人口呼吸器が赤いランプと警告音の響きわたる音が耳からはなれません。あのとき母は一生懸命に生きようとがんばっていたのにと思うとものすごく悲しいですし、そして最期を見守るはずがの人間が命を奪ったようで苦しいです。人口呼吸器を外すことに同意した罪を一生背負っていく覚悟があります。今は混乱していているのが現状ですがしっかりと心に受け止めていくつもりです。この病院で28日間で亡くなるなんて想像もつきませんでしたがこれでよかったのか悩んでいます。

投稿日時 - 2010-11-22 10:03:55

QNo.6335841

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

10秒くらいなら、余力というか多少は心臓は動きます。呼吸が止まれば全てがすぐ止まるわけではありません。人間は、機械ではないですからね。

私は、入院したときにいわゆる床ずれというのができました。麻酔で体が動かせなくて床ずれになったのです。
床ずれが痛いというのはよく聞く話ですが、本当に痛いです。痛いというか、痛いのと苦しいのと両方です。死ぬようなものじゃないですが、あのじわじわする痛みは実際の痛み以上に苦痛なものです。
今でもその床ずれができた痕は冬になると肌荒れを起こして未だに冬になると痛みと不快感を提供してくれます。

人間を含めて生物には生きるという本能がありますから、心臓は動けるならそりゃ動こうとします。しかし、死もまた逃れられないものです。
お母様は肺炎による痛みや苦しみ、ずっと寝たきりによる苦しみや不快感もかなり強かったものと思われます。しかし、すっかり体力が弱っているのでそれを訴える術はなかったでしょう。しかし、痛みや苦しみそのものは感じていたと思われます。
その痛みや苦しみを「まだ機械をつけていれば生きることはできるから」と無視してよいものか。

これには絶対の正解はありません。どんなに痛かろうが苦しもうがボケようが1分1秒でも生きたいという人もいるし、治る見込みもないまま「医学上は生きている」という状態に置かれていることは嫌だと考える人もいます。
確かに、呼吸器を付け、おそらく末端(手や足の指の先)に血液が行かなくなるので壊死したらそれを切り取って手足を切って栄養を点滴で送ればあと数ヶ月は生きられたかもしれません。しかし、手足を失い管だらけの姿でお母様が「生きている」ことがはたしてどうなのか、という問題があります。
最後にもう一度書きますが、死は誰にでも訪れるもので、それから逃れることはできません。

投稿日時 - 2010-11-22 14:42:20

お礼

お礼です。ありがとうございます。

投稿日時 - 2010-11-22 22:18:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

脳死の人だって呼吸器外せば心臓は動くよ。
瀕死の状態で小刻みに血液送っている心臓は、呼吸が止まるなど体に異常が出ると
ショックで何秒か鼓動が大きく早くなる 動物実験で確立されているので人間でも一緒です。
だから呼吸器外したら心臓が鼓動が大きくなったのはなんら不思議なことでも、生きようとと急に意志を示したことでもなく、生き物ならなんにでもある現象ですから、気に病む必要もありません。

それよりも考えて御覧なさい
例えそのときに呼吸器外さないで延命を頼んだとしましょう。
あなたの母親は、血液交換機その他もろもろの機材を追加されることになるでしょう
管だらけですよ。話すこともない、ただポンプで空気送られて血液送られてかろうじて動くだけの
腐らない仏様になっている状態で、それをご家族は凝視できますか?
そんな状態での復活の奇跡なんかはおきるはずもない夢物語です。
それでもいいなら、いいでしょう。でもそこまでの状態で「生かされている」のは、本人の意思でもなく
ただの一族の自己満足でしかありません。
死に目にあえて 見とれたんですから十分じゃないでしょうか。

投稿日時 - 2010-11-22 10:51:30

ANo.2

医師には裁量権があります。 患者には 意思決定権があります。

どちらがつよいかといえば後者です。 たとえば 医師が手術をする これが裁量権で ハイというのが意思決定権です。

イヤというのもいいです。

おなじように 人口呼吸器を 外す とう 医師の裁量権があるので イヤということもできます。

そこで innformd consent の概念があらわれます。 たいてい 延命のための 人口呼吸器をつけつとき そうするか

しないか 医師と 患者のあいだで とりかわされます。 それは 1時間くらいの はなしになります。

A4版の紙3まいくらいです。 

投稿日時 - 2010-11-22 10:34:51

お礼

お礼を言います。ありがとうございます。

投稿日時 - 2010-11-22 22:24:46

ANo.1

安楽死ですね。
しかもその場で…告発しましょう。


ただ質問者さんが悪いとかという考えはやめて下さい。
人間は最期は誰でも逝きます。
その状態では生存は難しいので、正に楽にしてあげたという所です。
個人的には尊厳死も安楽死もありではないかと思いますが、この場合医師による殺人と考えます。

医者に詰め寄られればそういうしかなかったお気持ち、わかります。それがわかっていて詰め寄るのですから、明らかな殺人です。
出るところに出て下さい。

投稿日時 - 2010-11-22 10:14:20

お礼

お礼を言います。ありがとうございます。

投稿日時 - 2010-11-22 22:26:22

あなたにオススメの質問